特集 PR

『YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?』 Vol.1 小林武史インタビュー このバンドについて今話しておくべきこと

『YEN TOWN BANDは、なぜ20年ぶりに本格的に復活するのか?』 Vol.1 小林武史インタビュー このバンドについて今話しておくべきこと

柴那典
撮影:永峰拓也

単純でわかりやすくて強いものに導かれる方向に、どうしても行きがちではありますよね。

―ゼロ年代に入り、小林さんは環境保護や自然エネルギー促進事業などをバックアップする非営利団体「ap bank」を立ち上げます。その活動が、今回のYEN TOWN BANDの復活とつながっているという考えもお持ちでしょうか。

小林:それはありますね。YEN TOWN BANDが『大地の芸術祭』で復活することとも全部つながっている。というのも、新潟県の越後妻有地域で3年ごとに開催される『大地の芸術祭』は過疎をテーマにしているところもあります。里山に世界中からアーティストを呼んで、地元の人たちとの不思議なつながりを作ることで、命がもう一度響きあうようなことをやってきた。ap bankとして東日本大震災の復興に関するプロジェクトもやってきたけど、過疎や人口流出の問題って、ずっと以前から続いているわけですよね。で、そういうテーマと『スワロウテイル』でのYEN TOWN BANDの在り方もつながっている。

岩井俊二がデザインした新しいYEN TOWN BANDのロゴ
岩井俊二がデザインした新しいYEN TOWN BANDのロゴ

―YEN TOWN BANDと過疎の問題はどうつながっているのでしょう。

小林:そもそも「円都」という場所が、大都市のど真ん中なのか外れなのかもわからないし、いずれにしても取り残されている場所なんですよ。そういう、取り残されていったものの中にも命は宿っているし、むしろそこに本質が隠れていたりする。『MONTAGE』を作っていたときにも、同じような思いを感じたんです。ニューヨークのウォーターフロントスタジオだって、廃墟ビルの中にミュージシャンが集まって、自分たちで勝手にスタジオを作っていたのが格好良かった。レニー・クラヴィッツも普通に遊びに来ていたからね。

―取り残されたものに本質が宿るというのが大事なポイントなんですね。そして、それは20年経った2015年の今にも有効な価値観である。

小林:この不穏な時代だからこそ、より大事な考え方になっていると思います。1つの強いものにみんなが従っていくのは合理的な考え方だけれど、そうじゃない。むしろ取り残されていくものの中に大切な何かを見出す。そこに、ロックの持つ自由な魂みたいなものも存在しうると思いますね。

―今は特に、ポップミュージックにしても、社会の潮流にしても、一体感というものが大きな力を持っていると思います。そういう時代であるからこそ、パーソナルな「個」の力が重要になってくる。

小林:単純でわかりやすくて強いものに導かれる方向に、どうしても行きがちではありますよね。でも、「みんなでわかりあえる」ことよりも、むしろ、「わかりあえなくても支えあえる関係性」というものがあると思う。個々の間でそういうものが生まれたらいいと思う。

―そういった今の時代の空気を感じられたからこそ、YEN TOWN BANDという入れ物の有効性を、再び見直してみるきっかけになったと。

小林:そうですね。岩井くんと僕の中でずっと感じてはいたんだけど、なかなか開けるタイミングがピンとこなかった。今、世の中にリバイバルはいっぱいあるけど、そういうつもりでは全くなかったから。

―単なる復活ではないわけですね。

小林:ないですね。懐かしむためにやっているわけではない。今の時代に意味があると思って始めたことだし、すごく楽しくやれている。新しい曲もできているからね。

小林武史

―先ほど、新曲“アイノネ”のデモ音源を聴かせていただき、人と人とがつながっていくような、大きな包容力のある曲だと感じました。『大地の芸術祭』の復活ライブでもこの曲を披露する予定はありますか?

小林:もちろん。波紋のような、共振のような感覚になったらいいなと思っています。

―『大地の芸術祭』での復活ライブは、どういうものにしようというイメージがありますか?

小林:やっぱり、全てのきっかけは『大地の芸術祭』だったので、始まりになるようなものにしたいですね。YEN TOWN BANDをやることは、僕らが生きている社会や、ap bankで今までやってきた東北の支援や復興と向き合うことにもつながっている。大きな強い力やシステムに依存するのではない、オルタナティブな在り方を探るためにYEN TOWN BANDという入れ物のフタを開けた。そうした以上は、『大地の芸術祭』のみで終わるつもりはないということです。だから、あらためて若い人たちにも『MONTAGE』を聴いてほしい。『MONTAGE』を超えるアルバムを作ることはなかなか難しいけれど、今の時代のYEN TOWN BANDがやるべき役割もあると思っていますからね。

Page 3
前へ

イベント情報

『大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi』

2015年9月12日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:新潟県 まつだい「農舞台」
料金:前売5,000円(全自由・入場整理号付)
※『大地の芸術祭』作品鑑賞パスポートチケット付
※『大地の芸術祭』作品鑑賞パスポートをお持ちの方は別途ライブチケット(2,000円)の購入が必要

イベント情報

『JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by ELECOM』

2015年10月17日(土)
会場:北海道 札幌 Zepp Sapporo
出演:
YEN TOWN BAND
ACIDMAN
Lily Chou-Chou

2015年10月22日(木)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo
出演:
YEN TOWN BAND
amazarashi
Lily Chou-Chou

2015年10月25日(日)
会場:福岡県 Zepp Fukuoka
出演:
YEN TOWN BAND
クリープハイプ
Lily Chou-Chou

2015年10月26日(月)
会場:愛知県 名古屋 Zepp Nagoya
出演:
YEN TOWN BAND
miwa
藤巻亮太

2015年10月28日(水)
会場:大阪府 Zepp Namba
出演:
YEN TOWN BAND
スキマスイッチ

CINRA.STOREで取扱中の商品

YEN TOWN BAND iPhone6ケース「YEN TOWN Reprint logo iPhone case」
YEN TOWN BAND
iPhone6ケース「YEN TOWN Reprint logo iPhone case」

価格:3,780円(税込)
円都の住人が使っていたかも? 円都のシンボルマークをiPhoneへ

YEN TOWN BAND マグカップ「YEN TOWN Reprint logo Mug」
YEN TOWN BAND
マグカップ「YEN TOWN Reprint logo Mug」

価格:1,944円(税込)
YEN TOWN CLUBで使われていたかも? 円都と我が家を繋ぐマグ

プロフィール

小林武史(こばやし たけし)

音楽家、音楽プロデューサー。1980年代からサザンオールスターズやMr.Childrenなどのプロデュースを手掛ける。1990年代以降、映画と音楽の独創的コラボレーションで知られる『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など、ジャンルを越えた活動を展開。2003年に「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギーや食の循環、東日本大震災の復興支援等、様々な活動を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー