コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年2月配信分(vol.261~264)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年2月配信分(vol.261~264)

武田砂鉄
2010/04/09

vol.261 トイレ、その後に。つぶやく、その前に。(2010/2/1)

全裸

煙たがられるのを覚悟の上で、マイッターなあ、コマッターなあと晴れやかな笑みを浮かべてニコニコと、ツイッターとやらから逃げる日々を送っているのでありますが、どうして皆さんはそんなにつぶやくことがあるのでしょうか。その日につぶやきたいことなんて1つか2つ、しっかりと充電してからでないとつぶやけない性格も手伝ってか、渋谷でランチなう、とつぶやける精神性に感嘆するんであります。五反田のブックオフなう、浜松町のパーキングなう。だからどうしたと、私は思う。プライベートの報告を提出し合う状態が常に流れている豊かな通信網を体が全く欲しがらないもので、遅れているね、と言われるのだけれども、それでは貴君たちが進んでいるかとなれば決してそんなことは無い気はしていて、それはつまりこういうことさ、新しいことは新しい以外に魅力を持っていないのではないか、という疑い。話を聞く相手が、ああもううんざりという顔をしてアイフォンをいじっている。

これ以上聞いてくれなさそうだから、こちらで続ける。新しいこと=進んでいること、とは限らない。最新の何がしかに触れる時、人はそれを、ひとまずの最先端だと信じ込む。一本道の先頭だと。しかし、幹の頂点か、枝葉の1つにすぎないのかは、しばらく経ってみないと分からない。ミクシィでもブログでもツィッターでも、誰かとコミュニケートすることに一心不乱な印象を受ける。距離と時間の短縮作業をこれまでかと突き詰める。ややカッコつけてみると、ツィッターの導入によって、人は、自分のため息すらも自分で愛でずに外からの介入を受け付け始めたのである。喜怒哀楽のそれぞれを人に見てもらえる態勢を整えてしまった。そうなると、態勢の維持に奔走する。

便利だよ、と必ず言われる。便利なのだろう。だけど、こちとらにまだまだ存在する不便というのは、本当に可能性があるぞ。便利というのは、出来ないことを減らすことだ。しかし、その機具によって「減らされている」わけだ。出来ることが増えたと思うかもしれないが、「なう」の報告と情報の連係は、ただでさえ少ないそれぞれの道程の余白を塗りつぶすようにしか見えない。挙句、フォロー数の多少で胃を痛めているらしいじゃないか。

僕は柳沢慎吾が好きだ。その場合、ミクシィやら色々駆使すれば、すぐに柳沢慎吾ファンと出会えるのだろう。それはとても便利だが、ちっとも面白くない。スクランブル交差点を渡る大勢からたった1人の柳沢慎吾ファンを見つける作業は、もっと困難を極めなければならない。今更だけどキングコングの西野君ってカッコいいよねえ、オードリーの春日ってマジウケるんですけど、をさんざん浴びながら、柳沢慎吾を愛する1人を探す。その労苦が必要だ。すぐに柳沢慎吾のファンに出会える環境は決して正しくない。実作業的な便利は、感覚的な不便を呼び起こす。今すぐ柳沢慎吾のファンと語り合いたい人は急げばイイ。楽に急げる時代だ。でも自分はそうではない。地元の本屋に柳沢慎吾初の自伝本が4冊入荷していた。10日ほど経って出向くと2冊になっていた。僕はそこでは買っていない。少なくともこの街に、ハードコアな柳沢慎吾ファンが2人いるということだ。それを僕は、パソコンの前からではなく、自転車で駆け回ることで探す。とても、ロマンチックじゃないか。じゃないのか。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと