コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年5月配信分(vol.273~276)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年5月配信分(vol.273~276)

武田砂鉄
2010/08/06

vol.273 「上から目線」序説(2010/5/10)

全裸

よく、上から目線だよねと言われる。2点ほどさっさと議論をふっかけておこう。まず1点。そう言ってくる君は何から目線なのか。唐突にその人の立地・アングルを決定付ける行為、それこそ上から目線ではないのか。もう1点。上から目線は、どうして悪いものとして扱われるのか。斜め目線とか、下から目線とか、一緒だよね目線とか、いろいろあるんだろうが、その中で上から目線だけがそれはちょっといかがなものかという扱いに追いやられることに、納得できる説明が欲しい。

冷静な分析と偏った分析のどちらかに押し込む作法をそろそろ止めにしたらどうか。分析する当人も、これは2つのうちのどっちだと理解した上で発しているようで気色悪い。つまり、自分の引き出しには2種類あって、「ああこれはそうだよね」という冷静、「ちょっとそれ許せない」という異議、この2種だけを使い分けている。自分に甘い・優しいというのはその人なりの身のこなしだから問いつめる事なんて出来ないけれども、この、自分の分析力への緩慢については、近辺でうろつく知人群にそれなりの危害を加えている事に、そろそろ気づいてくれないだろうか。

人であろうが、消防車であろうが、バナナであろうが、そこへ向かう分析というのは、冷静でもあり偏ってもいる。混在するのが常だ。頭の中に、NHK(1 チャンネル)と2ちゃんねるが合わさっているのが常態であるべきで、それを区分けして、公的な発表と私的な野次に変換するのは、白スーツの蓮舫もさすがにビックリの仕分けであろう。しかし、それに気づこうとする気配はない。これはこういうことだからと涼しい顔をして、次の日にちょっとこれはどういうことと青筋を立てている。それは混ざろうとしない。

どちらかが際立つと重宝される。ワイドショーのコメンテーターを見ていれば分かる。絶対に冷静か、絶対にキレているか、どちらかだ。そういう人が、キャラクターとして認知される。逆に言えば、簡単に特徴付け出来なければその位置にはいられない。それはテレビの中の話。外で同様のアプローチを踏襲する必要は無い。それなのに、踏襲する。

上から目線だよね、というのは、両極のどちらかに何もかもを置いておきたい人が議論を放り投げたい時に使われる言い方なのかなと思えてくる。冷静か偏屈のどちらもなく混色している意見を見つけると、「知りもしないくせして俯瞰しやがって」という見方で、上空へと排他する。困ったものだ。

ある対象に向かって、イラッとして、理解して、憤怒して、許す。万事は、こうやってグラグラと揺れていくんじゃないのか。その後で意見を発すると、どうしても俯瞰した言い方になる。それを、上から目線だと片付けられる。何なんだよそれは。彼等なりの定義では、上から目線とは「何もかも知ったかのように物事を決めつける」ことのようだ。最後に冒頭の復習。人の発言を上から目線だとするその行為こそ、君の言う「上から目線」の定義にピッタリあてはまると思うのですが、そこのところ、いかがでしょうか。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る 1

    「とにかく東北に届けたかった」 ハイスタ復活の奇跡を振り返る

  2. 藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇 2

    藤井聡太王位・棋聖が出演、不二家の新テレビCM「藤井聡太のON/OFF」篇

  3. 藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開 3

    藤子・F・不二雄作品のキャラクター登場 グラニフ オリジナルアイテム展開

  4. Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』 4

    Awesome City Clubと永野亮が語る、“勿忘”と映画『はな恋』

  5. 木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」 5

    木村拓哉と芦田愛菜が本人役で共演 タウンワーク新CM「リビング篇」

  6. 村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに 6

    村上春樹とUTがコラボ 『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』などがTシャツに

  7. 佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信 7

    佐藤健主演の映画『るろうに剣心 最終章』に高橋一生、村上虹郎、安藤政信

  8. 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM 8

    深田恭子、多部未華子、永野芽郁が親孝行を説く UQ mobile「UQ学割」新CM

  9. 芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら 9

    芸術選奨受賞者に宮本浩次、宇川直宏、湯浅政明、塚原あゆ子、吾峠呼世晴ら

  10. NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る 10

    NHK震災ドラマで向き合い続けた問い。三浦直之&北野拓Pが語る