特集 PR

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

インタビュー・テキスト
小宮川りょう(NIKO\ON PRO.)
写真:柏井万作
2009/08/04

CINRA.NETが現在のような情報サイトになる以前にも特集を組んで紹介したDJ BAKU。これでCINRA.NET史上最多となる三回目の登場!テクノ、ロック、ダブステップなど他ジャンルのエッセンスを盛り込んだ独自のビート・メイキングで、日本国内はもとより世界各都市から熱いラブコールを受けるDJ BAKUが、12人のジャパニーズ・ラッパーをフィーチャーリングしたアルバム『THE 12JAPS』をリリース。さっそく彼に話を聞いた。

HMV onlineでも、DJ BAKUの特集を掲載中!

今作はラップがメインだから、俺はある意味裏方なんですよね

―日本人ラッパー12人にフォーカスした本作ですが、制作に至った経緯は?

BAKU:以前からラップ・アルバムを出したいと思っていたんです。ツアー先で般若と一緒になる機会があって、一緒にやりたいねって話をしたり、MIC JACK PRODUCTIONのB.I.G.JOEさんが服役を終えて刑務所から帰ってきたり、タイミングが来たというか、やるなら今かな、と。去年のアルバムを出してからすぐ動いてたので、NIPPSとKーBOMBの曲はもうすでに昨年できてましたね。

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

―2008年に4月にリリースした前作『DHARA DANCE』はソリッドなインスト・ビーツといった印象でしたが、今作は派手やかな作品ですね。

BAKU:インストのビート・メイキングはもちろん好きですけど、ラップものも好き。自分の中ではどちらも同じくらいやりたいことなんですよね。自分はそういうこと (=ラップもの)をやらないアーティストだと思われていたのかもしれないけど、今回ラップにフォーカスしたことで色んな可能性が広がったように思います。

―ラップをフィーチャーするにあたり制作面で意識したことはありますか?

BAKU:サビの音数を減らしたり、ラップが活きるような工夫をしました。ブレイクダンサーと一緒にイベントに出る機会もあるんですけど、ブレイクの部分が一番盛り上がるんですよ。あとはビートのずらしかたとか。今回、トラック先行で制作し、各アーティストに3曲 づつ投げて、それぞれ好きなものを選んでもらったんです。それぞれのラッパー用にトラックを用意してたんですけど、予想していたのと違うのをチョイスされたり意外性はありましたね。今作はラップがメインだから、俺はある意味裏方なんですよね。

全部俺の色に染めてしまうのであれば、リリックに関しても「この 歌詞は変えてほしい」と言うこともできたのかもしれないけど、それはやりたくなかったんです。もちろん自分の作品なんだけど、ある意味一歩引いていて……そのあたりの絶妙な感じを保ちたかったんです。



Page 1
次へ

リリース情報

DJ BAKU『THE 12JAPS』
DJ BAKU
『THE 12JAPS』

2009年7月22日発売
価格:2,900円(税込)
POPGROUP Recordings POP119

1. PHOENIXION 09 ft. B.I.G. JOE
2. GOOOOOOOOOOOAL!!!!!!! ft. Shing02
3. WM
4. WALKMAN ft. NIPPS, K-BOMB
5. スサノオ ft. BRON-K
6. ASIAN SEED Ver.2 ft. HIDADDY, INI
7. INCREDIBLE STYLE CLASH
8. 眠る街 ft. NORIKIYO
9. TOKYO
10. COAST TO COAST ft. 漢, 般若
11. MY ROOTS ft. FREEZ
12. JAPANESE HIPHOP AND ME ft. ILL-BOSSTINO

プロフィール

DJ BAKU

HIPHOPを基盤にしながらもターンテーブルを操り常に新しいダンスミュージックを提案する、DJ/トラックメイカー。'99~'04までの5年間のARTIST達との交流を描いた音楽ドキュメンタリー映画「KAIKOO/邂逅」を '05年 4月に発表。自ら監修/音楽もつとめた。'06年6月には待望の1st.Album『SPINHEDDZ』をPOPGROUPRecordindsより リリース。そして'08年、2nd Album『DHARMA DANCE』(ダルマ ダンス)をリリース。 前作よりもぐっとBPMを上げ、生楽器の要素を取り入れたDance Music Albumに仕上げた。'09年5月には日本人のヒップホップ名盤を中心に集めミックスしたオフィシャルMIXCD『JAPADAPTA』をリリース。そして7月22日にDJ BAKUが邂逅/KAIKOOしてきた、日本代表のラッパー12人とのフィーチャリングアルバム、その名も『THE 12JAPS』をリリース!参加アーティトはILL-BOSSTINO、Shing02、B.I.G. JOEを含むスキル/実力、共に最高峰のMC12人!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている