特集 PR

在日ファンク インタビュー

在日ファンク インタビュー

インタビュー・テキスト
ヨコタマサル

言わずと知れた“SAKEROCKのあの人”が、自分の奥底に眠る音楽に真っ向勝負を挑んだ新機軸の1stアルバムがリリースされた。日本人が黒人音楽をやるってことを逆手にとっての“在日”。音楽性はもちろん思想や立ち振舞いも含めての“ファンク”。存在そのままの名前を冠した――いやよもや、バンドそのものが名前を体現するために存在している? ってくらい、思いっきり在日で思いっきりグルーヴするファンク・バンド、在日ファンク。ジェイムス・ブラウンが「何だか知らないけどすごく楽しいことをやってる“ゲロッパの人”」なんだとしたら、我らがハマケンこと浜野謙太ひきいる在日ファンクは、それに負けず劣らず、「何だか知らないけどすごく楽しいことをやっている“ダンボールの人”」。そこには知性もユーモアも音楽的素養も人生の哲学も心の機微もあるけれど、難しさは微塵もない。あるのは誰もがノれるグルーヴと、ひとりの日本人の真摯で濃厚なソウルだけ、だ。

(インタビュー・テキスト:ヨコタマサル)

HMV online

個性だとかアイデンティティだとかいうけれど、そんなものは仲間とグルーヴして初めて発生するものだということ

―購入特典のドキュメンタリーDVDにもその秘密が隠されていると思いますが、バンドの構想、結成はどういった経緯で?

在日ファンク インタビュー

浜野謙太(以下、浜野):それまでSAKEROCKが出演できないときに、「ハマケンだけでも何かやってくれ」ということが多くて、そのピークが大阪シャングリラ企画、僕の誕生日に開催された『ハマケン ROCK FESTIVAL2007』だったんですが、そこで派手にやってやろうと考えて力の限りを尽くして結成したのが始まりです。ただファンク仕込みのミュージシャンなんて先輩の世代で出尽くしているので普段全然ファンクでない人たちを集めてみました。でもじつは僕が勝手にそれぞれ何らかの“ファンク”を感じているメンバーたちなんです。

―存在がそのままの、ほかには考えられないくらいしっくりくる人懐っこくキャッチーな、すばらしい名前ですよね。バンド名の由来を教えていただけますか。

浜野:高校からの同志である村上啓太(Ba)がある日にいきなり持ってきたんです。彼がなぜその言葉を持ってきたかわかりませんが、高校でもインテリの部類の存在だったんで真剣に受け止めました。ただ僕が曲名や歌詞を考える時にしてることなんですが、まずは、聞いてピンとくる響きを大事にすることにしてるんです。その時もそうです。そうすると、不思議なことにつくづくしっくりしていることに気づかされるばかりか、むしろ僕らやメンバーのほうが「在日ファンク」て名前に吸い寄せられていったんです。

―「浜野謙太と在日ファンク」から「在日ファンク」に改名した理由は? 何かしらの思惑や決意の表れでしょうか?

浜野:ファンクのミニマル・サウンドって日常のただただ続く生活と似ている気がするんですが、そんな日常をやっていくには何がたいせつかといったら、やはり人と人との間に発生する関係性なんじゃないかと気付いたんです。個性だとかアイデンティティだとかいうけれどそんなものは人との、つまり仲間とグルーヴして初めて発生するものだということです。だからもっとメンバーに僕の運命も委ねてみることにしたんです。その決意の表れです。

Page 1
次へ

リリース情報

在日ファンク
在日ファンク
『在日ファンク』

2010年1月6日発売
価格:1,980円(税込)
P-VINE PCD-4399

1 .Intro Funk
2 .最北端
3 .きず
4 .のこってしまった
5 .神頼みFunk
6 .罪悪感
7 .ダンボール肉まん
8 .京都(Live Version)
9 .最北端(Live Version)

プロフィール

在日ファンク

新しい時代のディープ・ファンク・バンド、在日ファンク。 高祖ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら(在日)再認識しようと、音、思想、外観あらゆる面から試みるその様は目を覆うものがある。 しかし、それこそがまさにファンクだということに彼らはまだ気付いていない。 メンバー:浜野謙太(Vo &リーダー)、村上啓太(Ba)、仰木亮彦(Gr)、永田真毅(Ds)、福島" ピート" 幹夫(Sax)、久保田森(Tb)、村上基(Tp)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー