特集 PR

『うれしくって抱きあうよ』YUKIインタビュー

『うれしくって抱きあうよ』YUKIインタビュー

インタビュー・テキスト
上野三樹
2010/03/11
  • 0
  • 37

穏やかな優しさ、純粋な楽しさ、音楽が世界に放てる無限の喜びを振りまくように、現在のYUKIは歌っている。アルバム『うれしくって抱きあうよ』には、1曲目の“朝が来る”からラストの“夜が来る”まで、まるで人生の中の1日を大切に楽しみつくすような楽曲が並ぶ。ジャズの生々しさや、ビッグ・バンドのゴージャスなサウンドや、AOR的なアプローチなどバラエティ豊かに、自らを音の中で解放しながら、生き生きとした命そのものの輝きを表現しているような作品なのだ。それは明らかに今の日本の音楽シーンにおいて、とても貴重で刺激的なものだと思う。

(インタビュー・テキスト:上野三樹)

感動とともに涙が流れるような感覚を、体じゅうが感じたがっていた

―『うれしくって抱きあうよ』、素晴らしいアルバムです。

YUKI:ありがとうございます。今回は作っている時から、すごく満足感があって。1曲1曲、出来上がる度に「間違ってない方向に行ってる、自分の思い描く音と寸分違わぬ音が鳴ってる! うれしい」という気持ちで作ってきました。

『うれしくって抱きあうよ』YUKIインタビュー

―今のYUKIさんは、自分の為でなく特定の誰かの為でもなく、ほんとに自然に何かに導かれるかのように歌われている感じがしたんですけど。前作『Wave』以降、どんな変化があったんですか。

YUKI:ひとつ確実にあるのは、自分の普段の生活の中で何か素晴らしいもの、建築や美術や音楽といった素晴らしい芸術に触れた時に感じる、「今、生きているこの喜びをどうしよう」という思い。こういう時に何かモノが生まれるのではないか、というような思いに打ちひしがれて、感動とともに涙が流れるような、そういう感じを、もう体じゅうが感じたがっていたんです。

やっぱり女性なので、体のホルモンバランスによる変化も大きいと思うんですけど、女性のそうした自然な原理というか、そういうものに対して、なるべく逆らわずにいたいんですね。前作の『Wave』も、それに逆らわずに出来たものだったんですけど、今回はその波の中でも「生きていることを目一杯享受して、人生をまっとうしたい」というか「この太陽の下で目一杯遊んでやる!」みたいな気持ち……それが、この2年間、今もずっと続いているんですけど、あるんですよね。

―制作としては、一昨年に「New Rhythm Tour」を終えてから本格的にスタートされたそうですね。

YUKI:はい。ツアーがあり、その後に怒濤の曲作り期間があり、子供を授かって少しお休みをして、またレコーディングを続けるんですけど、かなりお腹が大きくなる時期までやっていました。その時に、素直な気持ちで音楽を作るということを止めなかったんですよね。「何だこれ、楽しい!」「何だこれ、いい曲だ!」「こんな言葉が出てきた!」って、何でも自分の力に変えながら作っていきました。

Page 1
次へ

リリース情報

うれしくって抱きあうよ
YUKI
『うれしくって抱きあうよ』(初回生産限定盤)

2010年3月10日発売
価格:3,990円(税込)
エピックレコードジャパン ESCL-3390

1. 朝が来る
2. プレゼント
3. COSMIC BOX
4. ランデヴー
5. just life!all right!
6. チャイニーズガール
7. 恋愛模様
8. さようなら、おかえり
9. うれしくって抱きあうよ
10. ミス・イエスタデイ
11. 汽車に乗って
12. 同じ手
13. 夜が来る
[DVD収録内容]
1. Dance!Dance!Dance!
2. うれしくって抱きあうよ(music video)
3. COSMIC BOX(music video)
4. ランデヴー(music video)
5. 汽車に乗って(music video)

リリース情報

YUKI『うれしくって抱きあうよ』(通常盤)
YUKI
『うれしくって抱きあうよ』(通常盤)

2010年3月10日発売
価格:3,059円(税込)
CD/ESCL-3392

1. 朝が来る
2. プレゼント
3. COSMIC BOX
4. ランデヴー
5. just life!all right!
6. チャイニーズガール
7. 恋愛模様
8. さようなら、おかえり
9. うれしくって抱きあうよ
10. ミス・イエスタデイ
11. 汽車に乗って
12. 同じ手
13. 夜が来る

イベント情報

YUKI concert tour 2010
『うれしくって抱きあうよ』

2010年7月3日
会場:埼玉 戸田市文化会館

2010年7月7日
会場:神奈川 神奈川県民ホール

2010年7月10日
会場:広島 広島厚生年金会館

2010年7月11日
会場:広島 広島厚生年金会館

2010年7月17日
会場:大阪 グランキュ−ブ大阪メインホ−ル

2010年7月18日
会場:大阪 グランキュ−ブ大阪メインホ−ル

2010年7月24日
会場:北海道 さっぽろ芸術文化の館(旧北海道厚生年金会館)

2010年7月25日
会場:北海道 さっぽろ芸術文化の館(旧北海道厚生年金会館)

2010年7月31日
会場:石川 本多の森ホ−ル

2010年8月14日
会場:福岡 福岡サンパレス

2010年8月15日
会場:福岡 福岡サンパレス

2010年8月18日
会場:兵庫 神戸国際会館こくさいホ−ル

2010年8月19日
会場:兵庫 神戸国際会館こくさいホ−ル

2010年8月28日
会場:愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール

2010年8月29日
会場:愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール

2010年9月4日
会場:宮城 仙台サンプラザホール

2010年9月5日
会場:宮城 仙台サンプラザホール

2010年9月13日
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

2010年9月14日
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

2010年9月17日
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

2010年9月18日
会場:東京都 東京国際フォーラム ホールA

2010年9月25日
会場:沖縄 沖縄コンベンションセンター劇場

2010年9月26日
会場:沖縄 沖縄コンベンションセンター劇場

プロフィール

YUKI

1993年、JUDY AND MARYのヴォーカリストとしてデビュー。バンド解散後の2002年2月よりソロ活動を開始。先鋭的なサウンドや前衛的なビジュアルで独自の世界観を確立し、これまでに『PRISMIC』『commune』『joy』『Wave』の4枚のアルバムをリリース。独特の歌声、歌詞、ライブパフォーマンスからアートワークに至るまで、全てにおいて研ぎ澄まされた表現は、あらゆる方面から常に注目を集めている。2010年3月、5thアルバム『うれしくって抱きあうよ』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真