特集 PR

ライブ音源配信サイトオープン! カーネーション インタビュー

ライブ音源配信サイトオープン! カーネーション インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

みんなも早くやればいいと思うんですよ。むしろ僕もそれを見て学びたいよ、「こういうアプローチはおいしいな」とか、冷静に考えたいから(笑)。

―直枝さんがCDやレコードを買うときの基準って何ですか?

直枝:直感かな。なんか情報が入ってきたときにピンとくるとか、お店を歩いててビビッとくるとか、いろんな直感が。あと、僕は好きなものなら同じレコードを何枚も買うんです。内容が違うやつ。

―ヴァージョン違いですね。

直枝:そう。ミックスやマスタリングがちょっと違うから買ってみようとか、各国盤とか…。こんな話参考にならないよ。バカだから(笑)。

―いやいや(笑)。どういうシチュエーションで聴くことが多いんですか?

直枝:いやぁ、いろいろですよ。季節によっては車の中でガンガン鳴らしたりもするし。じっくりと家でモノラル録音のやつを聴くこともあるし。状態のいい盤で踊ることもあるし。

―このインタビューを読んでいる人に、こういう聴き方をしたら、もっと音楽が楽しめるんじゃないか、っていうのを提案していただけると。

直枝:ほんとはね、カセットテープとか、オープンリールとか、そういうのがおもしろいんですよ。でも、お金かかるから(笑)。

―音質の違いを楽しむということですか?

直枝:そう。まずはラジカセとかでもいいから、その辺のジャンク品を拾ってきて、いろんな聴き方をしてみるといいと思います。きっと意外なおもしろさが発見できると思うので。あとはやっぱりアナログ盤。これはなんとかして聴いてもらいたいです。それがあっての配信だと思うし。そうすれば高音質で配信する意味もわかるでしょ。

―なるほど。今回の配信は、MP3と、より音質劣化の少ないFLACの2パターンで行う予定なんですよね。

直枝:その幅をちゃんと持たせたくて。楽しみ方はいろいろあるから。入口は気軽なもので全然OKなんですけど、それが最高の音質で配信されてるんだったら、それはそれでもう言うことないはずですから。それをきっかけにこっちの庭に入ってきて、自由に遊んでよっていうね。

ライブ音源配信サイトオープン! カーネーション インタビュー

―今回の『LIVE CARNATION livecarnation.jp』がどう進展していくかは、他のアーティストにとっても気になるところだと思うんですけど、ライブ音源の配信をすることによって、どんなことが生み出されたらいいと思いますか?

直枝:始めてみないとわかんないですよね。いろいろ考えることはありますけど、まずは最高のライブを届けたい。そこをきちんとやっていれば、嗅覚の鋭い人たちが「こんなこと始めたの!?」って気にしてくれると思うし。それはどんどん騒いで伝えてほしい。ただ、これをやってるから偉いとか、そういう気持ちはまったくないので、みんなも早くやればいいと思うんですよ。むしろ僕もそれを見て学びたいよ、「こういうアプローチはおいしいな」とか、冷静に考えたいから(笑)。

―それができることによって、アーティストの活動の仕方も変わるかもしれないですしね。

直枝:そうですね。まぁ、そういうビジネスにしていくことはこれから先ですから。とにかく僕は、本当にカーネーションを聴いてもらいたいし、だから何かやってかなきゃ話にならないんだよね。待ってても何も起こらないから。やみくもにやるわけではなくて、プライドを持って最高のライブを届けようと思っているので、期待して待っていてください。

Page 4
前へ

リリース情報

Velvet Velvet
カーネーション
『Velvet Velvet』

2009年11月25日発売
価格:2,800円(税込)
P-VINE PECF-3003

1. Velvet Velvet
2. さみだれ
3. 田園通信
4. Annie
5. この悲しみ
6. Willow in Space
7. ジェイソン
8. For Your Love
9. 砂丘にて
10. Songbook
11. Dream is Over
12. 遠い空 響く声

プロフィール

カーネーション

1983年12月 「耳鼻咽喉科」を前身に「カーネーション」結成。当時からのオリジナルメンバーは、直枝ひとり。 1984年 シングル『夜の煙突』(ナゴム)でレコードデビュー。以降、数度のメンバーチェンジを経ながら、時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコードジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。2008年に結成25周年を迎え、2009年1月、ドラマー矢部浩志が脱退。メンバーは直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人となり、2009年4月にシングル『ジェイソン』、11月に3年ぶりのアルバムとなる『Velvet Velvet』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居