インタビュー

『ばかのうた』星野 源 インタビュー

『ばかのうた』星野 源 インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/06/25

恥ずかしいけど、ここをクリアしないと、次に行けないと思ったんです。

―弾き語りはいつ頃からやってたんですか?

星野:弾き語りはたまに誘われたらやるみたいな感じで、もうずっと前からやってるんですけど、本格的にはやってなくて。

―後々ソロで出そうとかは考えてなかったんですか?

星野:考えてなかったです。怖くてやれないと思ってました。

―それがなんでソロ・アルバムを出すまでに?

星野:今SAKEROCKをやっていて、すごく充実した日々なんですね。やっぱりインストって面白いですから。でも活動していくうちに、本当は歌もやりたいんだっていう正直な気持ちが、今までわざと見ないようにしていたような気持ちが膨れ上がって、無視できなくなってきちゃって。もうすぐ30歳だっていうのもあって、20代のうちにやっておかないと、二度と出来ないかもしれないと思ったし。そういういいタイミングで、(細野晴臣主宰レーベルの)デイジーワールドから「出しませんか?」って声をかけていただいて。

―これをきっかけに、自分を変えてやろうみたいな?

星野:そうですね。恥ずかしいけど、ここをクリアしないと、次に行けないと思ったんです。

歳を取ってきたっていうのもあると思うんですけど、自分のことがちょっとずつ受け入れられるようになってきた。

―SAKEROCKとソロだけじゃなくて、役者もやったり、文筆もやったり、映像の演出もやったり。資料に不器用だからいろんなことをやるみたいなことを書いてあって、すごく納得したんです。

『ばかのうた』星野 源 インタビュー

星野:不器用だなあっていうのはすごく感じます。一丁前になれるまでがんばろうと思うと、やめられないんですよ。「これがやりたい!」と思って始めるんですけど、どれも中途半端になるのが嫌だから、いまも全部続けてるっていう。しかもやりたいことがたくさんありすぎて、それが増えてっちゃう。ただの馬鹿なんですよね(笑)。

―でも、そのいろんなことがうまくリンクしてますよね。

星野:そうだったらいいなと思って活動してます。何をやってても、何かに必ずフィードバックできるものがあるので。音楽だけやってたら、絶対にこういう活動の仕方にはなってないと思うんです。今回のソロも、SAKEROCKで変でくだらないことができてるから、素の自分を出そうと思えましたし。

―いままで素の姿を見せるのが怖かったけど、いまなら出してもいいかなって?

星野:歳を取ってきたっていうのもあると思うんですけど、自分のことがちょっとずつ受け入れられるようになってきて。でも、今回も作ってる途中は、やっぱり恥ずかしくなって、くだらない方向にハンドルをガッと切りたくなったんですけど、それをやってると今までと一緒なので、我慢して我慢して素直に作ろうっていうのだけを心がけました。

―実際、素直に作れました?

星野:今回のアルバムをいろんな知り合いに聴いてもらったんですけど、「恥ずかしいよ」とか言われるかと思ったら、あんまりそんなことなくて。聴いた人がとっても素直に感想を言ってくれるというか。聴いた人そのものが素直になってる感じがしたんですよ。いままで自分が中心で作ったものは、あまのじゃくなものが多かったので、聞く感想もそういうものが多かったんです。そんな感想を聴いて、もしかしたら大丈夫なのかもって、ちょっとずつ思えるようになってきました。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

星野源<br>
『ばかのうた』
星野源
『ばかのうた』

2010年6月23日

価格:2,940円(税込)
SPEEDSTAR RECORDS VICL-63626

1. ばらばら
2. グー
3. キッチン
4. 茶碗
5. デイジーお味噌汁(Instrumental)
6. 夜中唄
7. 老夫婦
8. くせのうた
9. 兄妹
10. 子供
11. さようならのうみ(Instrumental)
12. 穴を掘る
13. ただいま
14. ひらめき
15. ばかのうた

プロフィール

星野源

81年埼玉生まれ。SAKEROCKのリーダー兼ギタリスト、マリンバ奏者。俳優。近年ではドラマ『ゲゲゲの女房』、『去年ルノアールで』、映画『ノン子36歳(家事手伝い)』などに出演。代表を務める映像ユニット「山田一郎」での活動や、作家としても著書『そして生活はつづく』を刊行し、POPEYEにて「ひざの上の映画館」を連載、テレビブロスでの細野晴臣と対談連載『地平線の相談』など、様々な分野で活躍中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル