特集 PR

シャイなラッパー「やけのはら」の軌跡

シャイなラッパー「やけのはら」の軌跡

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/08/04

夏、夜、フロアに集った若者のむせ返るような熱気…。七尾旅人との“Rollin’Rollin’”も記憶に新しい、やけのはらの待望の初ソロ作『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』は、そんなキラキラした光景の詰まった、間違いなく今年の夏のサウンドトラックになるであろう、とびきりの一枚だ。やけのはらと言えば、DJ、ラッパー、トラックメーカー、さらにはyounGSoundsでのバンド活動と、そのマルチな活動に注目が集まりがちだが、「とにかく新しくて、面白いことを」と考えていた学生時代から時を経て、今の彼は「ただいい曲を作る」ことを何より大事にしている。そのシャイネスに隠された、真摯な音楽への愛情を感じてほしい。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

中高生が考えそうなギミックの全てを尽くして、ライブハウスの人に怒られて、「もうお前らやめろ」って途中で演奏をやめさせられました。

―やけのはらさんはDJであり、ラッパーであり、トラックメーカーであり、バンドにも所属していて、実に幅広い活動をされていますが、そもそもの音楽活動のスタートはどんなところからだったんですか?

やけのはら:難しいんですよね… 「どこからが音楽か?」みたいな話になるっていうか…。ええと、自宅にパソコンがあったんですよ。それについていた付属ソフトで、お遊びサンプリングみたいのが出来て、それで音を鳴らした時が初めて音楽を作った時かもしれないです。ギターとかの人だと「ギターを買った日」とかあるじゃないですか?それがないから結構あやふやなんですよね。

シャイなラッパー「やけのはら」の軌跡
やけのはら

―そこからトラックを作るようになっていったんですか?

やけのはら:なんとなくパソコンで「ハクション大魔王」の声とか録ってみて、繰り返してみたりとか。その2度目のコピペのボタンを押した瞬間が、僕がミュージシャンになったタイミングかもしれないですね。一回録っただけだとパソコンに取り込んだだけで、それをループさせた時点で音楽になったと思うんで。中学生ぐらいだと思うんですけど。ただ、それもトラックと呼べるものではなくて、録音遊びのレベルでした。

―では初めて人前でプレイしたのは?

やけのはら:それはバンドかもしれないですね。中高生ぐらいのときに、同級生とバンド的なものをやってたんです。それで近所のライブハウスの高校生イベントみたいのに誘われて。

―バンドはロックっぽい感じ?

やけのはら:全然違いますね。技術も経験もないくせに、新しい、面白いことをやりたいっていう気持ちはあったんで、いい意味ではない「なんだかよくわからないもの」でした。ミクスチャーといえばミクスチャーだけど、混ぜ方の分配率がある種の黄金率、気持ちいいバランスになって「ミクスチャー」ってジャンルになるわけじゃないですか?でも、いろんなことをしたいんだけど、よくわかんないみたいな、志だけは高いバンドでしたね。

―ライブはどんな感じだったんですか?

やけのはら:最初のライブのときはベーシストが二人いましたね。どっちが弾いてるかわかんないみたいな、ダミー・ベーシストがいて。持ち曲もあったんだかないんだか、適当に演奏して騒ぐみたいな。ステージの上で相撲を取るとか、中高生が考えそうなギミックの全てを尽くして、ライブハウスの人に怒られて、「もうお前らやめろ」って途中で演奏をやめさせられました。

―(笑)。若くして、既成のものには乗っかりたくないっていう意識があったんでしょうか?

やけのはら:うーん、高校生の頃には多分ありましたね。世代的にパンクからは十年以上経ってたし、最初に好きになったのがヒップホップとテクノだったから、ロック・バンドで普通にいい曲を作るのって成立しない気がして。今はそこからまた進んで、逆にバンド形態でテクノとかより面白いことをやってる人いっぱいいる気がしますけど。



Page 1
次へ

リリース情報

やけのはら<br>
『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』
やけのはら
『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』

2010年8月4日発売
価格:2,500円(税込)
felicity FCT-1003

1. Summer Never Ends
2. ロックとロール
3. SUPA RECYCLE
4. 自己嫌悪
5. ECHO FROM PARTY
6. NIGHT&NIGHT&YOU
7. DING DONG DANG
8. DAY DREAMING
9. ECHO FROM RECORD
10. Rollin' Rollin' (アーバンソウル)
11. I REMEMBER SUMMER DAYS
12. BYE BYE BYE
13. ECHO FROM SUMMER
14. GOOD MORNING BABY

プロフィール

やけのはら

2003年、アルファベッツでアルバム『なれのはてな』リリース。その後、イルリメ、STRUGGLE FOR PRIDE、サイプレス上野とロベルト吉野、BUSHMIND、『ピューと吹く!ジャガー』ドラマCD等、50作を超える作品に参加。DJとしても、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などのイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。MIX CDも多数発表している。近年では、バンド「younGSounds」にサンプラー〜ボーカルで参加。2009年9月、七尾旅人×やけのはら『Rollin' Rollin'』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも