特集 PR

シャイなラッパー「やけのはら」の軌跡

シャイなラッパー「やけのはら」の軌跡

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/08/04

夏、夜、フロアに集った若者のむせ返るような熱気…。七尾旅人との“Rollin’Rollin’”も記憶に新しい、やけのはらの待望の初ソロ作『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』は、そんなキラキラした光景の詰まった、間違いなく今年の夏のサウンドトラックになるであろう、とびきりの一枚だ。やけのはらと言えば、DJ、ラッパー、トラックメーカー、さらにはyounGSoundsでのバンド活動と、そのマルチな活動に注目が集まりがちだが、「とにかく新しくて、面白いことを」と考えていた学生時代から時を経て、今の彼は「ただいい曲を作る」ことを何より大事にしている。そのシャイネスに隠された、真摯な音楽への愛情を感じてほしい。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

中高生が考えそうなギミックの全てを尽くして、ライブハウスの人に怒られて、「もうお前らやめろ」って途中で演奏をやめさせられました。

―やけのはらさんはDJであり、ラッパーであり、トラックメーカーであり、バンドにも所属していて、実に幅広い活動をされていますが、そもそもの音楽活動のスタートはどんなところからだったんですか?

やけのはら:難しいんですよね… 「どこからが音楽か?」みたいな話になるっていうか…。ええと、自宅にパソコンがあったんですよ。それについていた付属ソフトで、お遊びサンプリングみたいのが出来て、それで音を鳴らした時が初めて音楽を作った時かもしれないです。ギターとかの人だと「ギターを買った日」とかあるじゃないですか?それがないから結構あやふやなんですよね。

シャイなラッパー「やけのはら」の軌跡
やけのはら

―そこからトラックを作るようになっていったんですか?

やけのはら:なんとなくパソコンで「ハクション大魔王」の声とか録ってみて、繰り返してみたりとか。その2度目のコピペのボタンを押した瞬間が、僕がミュージシャンになったタイミングかもしれないですね。一回録っただけだとパソコンに取り込んだだけで、それをループさせた時点で音楽になったと思うんで。中学生ぐらいだと思うんですけど。ただ、それもトラックと呼べるものではなくて、録音遊びのレベルでした。

―では初めて人前でプレイしたのは?

やけのはら:それはバンドかもしれないですね。中高生ぐらいのときに、同級生とバンド的なものをやってたんです。それで近所のライブハウスの高校生イベントみたいのに誘われて。

―バンドはロックっぽい感じ?

やけのはら:全然違いますね。技術も経験もないくせに、新しい、面白いことをやりたいっていう気持ちはあったんで、いい意味ではない「なんだかよくわからないもの」でした。ミクスチャーといえばミクスチャーだけど、混ぜ方の分配率がある種の黄金率、気持ちいいバランスになって「ミクスチャー」ってジャンルになるわけじゃないですか?でも、いろんなことをしたいんだけど、よくわかんないみたいな、志だけは高いバンドでしたね。

―ライブはどんな感じだったんですか?

やけのはら:最初のライブのときはベーシストが二人いましたね。どっちが弾いてるかわかんないみたいな、ダミー・ベーシストがいて。持ち曲もあったんだかないんだか、適当に演奏して騒ぐみたいな。ステージの上で相撲を取るとか、中高生が考えそうなギミックの全てを尽くして、ライブハウスの人に怒られて、「もうお前らやめろ」って途中で演奏をやめさせられました。

―(笑)。若くして、既成のものには乗っかりたくないっていう意識があったんでしょうか?

やけのはら:うーん、高校生の頃には多分ありましたね。世代的にパンクからは十年以上経ってたし、最初に好きになったのがヒップホップとテクノだったから、ロック・バンドで普通にいい曲を作るのって成立しない気がして。今はそこからまた進んで、逆にバンド形態でテクノとかより面白いことをやってる人いっぱいいる気がしますけど。



Page 1
次へ

リリース情報

やけのはら<br>
『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』
やけのはら
『THIS NIGHT IS STILL YOUNG』

2010年8月4日発売
価格:2,500円(税込)
felicity FCT-1003

1. Summer Never Ends
2. ロックとロール
3. SUPA RECYCLE
4. 自己嫌悪
5. ECHO FROM PARTY
6. NIGHT&NIGHT&YOU
7. DING DONG DANG
8. DAY DREAMING
9. ECHO FROM RECORD
10. Rollin' Rollin' (アーバンソウル)
11. I REMEMBER SUMMER DAYS
12. BYE BYE BYE
13. ECHO FROM SUMMER
14. GOOD MORNING BABY

プロフィール

やけのはら

2003年、アルファベッツでアルバム『なれのはてな』リリース。その後、イルリメ、STRUGGLE FOR PRIDE、サイプレス上野とロベルト吉野、BUSHMIND、『ピューと吹く!ジャガー』ドラマCD等、50作を超える作品に参加。DJとしても、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などのイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。MIX CDも多数発表している。近年では、バンド「younGSounds」にサンプラー〜ボーカルで参加。2009年9月、七尾旅人×やけのはら『Rollin' Rollin'』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」