特集 PR

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/11/04

自分コピーは絶対に避けなきゃいけない。

―確かに、そういう作品になってると思います。本作は合宿でレコーディングが行なわれたそうですね?

勝井:今までやったことがないことをしてみようと思って。5月のツアーの前からリハーサルで新曲を詰めていって、ツアーをして、東京に戻って『MDTフェスティバル』があって、その1週間後には合宿に入ってたんですね。なのでメンバー的には大きく繋がった動きっていうか、そういう風にしたかったんですよ。その効果があって、ある種の共通認識っていうか、コモンセンスが生まれてきたっていうか。

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」
勝井祐二(LIVE PHOTO by Umeda Wataru)

―確かにそれは、一緒にいる時間を作ったことで生まれてくる効果ですね。ROVOっていわゆる「運命共同体」的なバンドではないじゃないですか? みなさんそれぞれいろんな活動をされていて。そういう中で、改めてお2人にとってROVOというバンドがどういった意味を持つバンドなのかを教えていただけますか?

勝井:僕はこれが自分のメインのバンドだと思っているので、このバンドのことを1番に考えて計画を立てますけど、それはみんなそれぞれで、いろんな距離感の持ち方があると思うんですね。でもこのバンドがメインだって考えてる人間が1人は必要だとも思ってて、それが俺かなって。

山本:僕の場合はかなり強烈にたくさん(バンドやプロジェクトを)やってるんで、どれがメインとかって考えると逆にできないんですよ。今やってるバンド、今日やってるバンド、それがメインですね。そう考えないと各バンドに失礼だし、ずっとそうやってきたんで、僕の場合それが自然。

―メインかメインじゃないかを抜きにしたところでの、ROVOをやる意味合いとは?

山本:作曲するときは「ROVO脳」っていうのがありますよ。ROVOでできることっていうのがあって始めたので、それは変わらずです。今回のアルバムの感じが、初めにROVOでやろうとしたことの感じにすごく近いですね。

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」
LIVE PHOTO by Umeda Wataru

―改めて、その「ROVOでできること」「ROVOでやろうとしたこと」っていうのを話していただけますか?

山本:俺あんまり覚えてないんやけど(笑)、確かミニマル的なことを言ってたと思うんですよ。反復する何かをやろうって。

勝井:それで、何かこう大きな世界に到達するっていう。それを山本さんと話してやろうって言ったのは15年ぐらい前だと思いますけど、その時に考えてたシンプルでミニマルって表現と、今のそれはやっぱり違うんですよ。

山本:うん、(一緒だったら)それは原点回帰じゃなく、単なる自分コピーで、それは絶対に避けなきゃいけない。そこを避けつつ、原点の重要な部分に戻るっていうのは難しかったですね。ずっとやってるキラーチューンがあるんですよ。“CISCO!”とか、1コードの直線的なやつ。ああいうのを作ろうと思って作ったら、ああいうのになってしまうんです。それじゃあ意味ないんですよね。ああいうのじゃないああいう感じのを作るのは難しいですね。

勝井:しかも、今の俺たちのやり方でやるっていう。

山本:そうなんですよ。非常に難しかった。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『ROVOニューアルバム「RAVO」リリース記念LIVEツアー2010』

2010年11月13日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋・今池TOKUZO
出演:ROVO
料金:前売3,500円 当日4,000円

『ROVO プレゼンツ MDT フェスティヴァル in OSAKA 2010』

2010年11月14日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:大阪府 中津芸術文化村ピエロハーバー
出演:
ROVO
rei harakami
AUTORA
neco眠る
料金:前売3,700円 当日4,000円

2010年11月21日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 恵比寿リキッドルーム
出演:
ROVO
CRO-MAGNON
FLYING RHYTHMS
U-zhaan
料金:前売3,800円 当日4,300円

リリース情報

ROVO<br>
『RAVO』
ROVO
『RAVO』

2010年11月3日発売
価格:2,940円(税込)
WRCD-45

1. TANGER
2. ECLIPSE
3. BAAL
4. RMD
5. SINO+

プロフィール

ROVO

勝井祐二(Vln)、山本精一(G)、芳垣安洋 (Dr/Per)、岡部洋一(Dr/Per)、原田仁(B)、益子樹(Syn)。「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に結成。バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。『フジロック・フェスティバル』『ライジングサン・ロックフェスティバル』『メタモルフォーゼ』『朝霧JAM』など、大型フェス/野外パーティーにヘッドライナーとして連続出演。国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催