特集 PR

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/11/04

いや、そこはダンディズムですよ。その方が粋です。

―アルバムのタイトル『RAVO』についてもお聞きしたいんですけど、レイヴ・カルチャーの「RAVE」をもじって「RAVO」か、もしくは研究室の「LAB」っていう意味での「RAVO」なのかなあとかって思ってたんですけど。

山本:これ言ってもいいんかなあ…言わん方がええなあ。

勝井:言わない方がいいのかな。そのどっちでもないです。

山本:調べたら結構すぐわかると思いますよ。

勝井:いや、そんなにすぐにはわかんないよ。俺一応検索したけど…あ、でも一応それっぽいのは出るか。

―造語ではなくて、元々ある言葉から取られてるんですね?

勝井:そうですね。僕らROVOっていうバンド名自体を字面とか形で決めてるんで、今回のアルバムのロゴもそうなんですけど、字面としてのROVOに似てるけど違うみたいな、セルフ・タイトルっぽいけどちょっと違うっていう。

山本:そこには原点回帰的な意味も込められてて、ファーストってバンド名つけるじゃないですか? それをちょっと変えて、なおかつ意味的には深いものがある。

―なるほど。じゃあ本当の意味は検索するなりして調べてくれと。

山本:すぐ出てくると思いますよ。

勝井:…じゃあ言ってもいいんじゃないですか?

―(笑)。

山本:いや、そこはダンディズムですよ。その方が粋です。

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」
LIVE PHOTO by Umeda Wataru

次元がずれてるっていうか…トライアルにもほどがある(笑)。

―11月にはツアーもありますね。東名阪で、中でも大阪は去年に続く2回目の『MDTフェスティバル in 大阪』ですね。

勝井:去年は山本さんが中心になって、出演バンドから出店のお店まで山本さんに決めてもらって、名村倉庫でやって、それはそれでよかったんですけど、今回さらにもう1ランク上のトライアルっていうんですかね、ピエロハーバーっていう…ちょっとすごいところなんですよ(笑)。

―資料によると、一応カフェなんですよね?

勝井:とにかくすごい不思議な空間なんです。そこでたまたまカフェをやってるっていうだけ(笑)。

山本:すごいところですよ。いろんな超常現象が起こるみたいで。

ROVO(山本精一・勝井祐二)が語る「15年目の原点回帰」
中津芸術文化村 ピエロハーバー

―ROVOにはぴったりですね。宇宙と交信できるような?

勝井:宇宙…とはちょっと違うね。次元がずれてるっていうか…トライアルにもほどがある(笑)。でも大きいし、アクセスもいいんですよ。

―イベント・スペースとかでもないんですよね?

山本:行ってみないとわかんないですよ、あれは。何とも形容し難い。大阪の人も場所は知ってるけど、怖くて入れないっていう。

(その後も延々とピエロハーバーにまつわるエピソード話。これはすごそうです)

―ええと、ピエロハーバーの話は尽きませんが(笑)、それこそ今後は東京と大阪以外の場所でも開催できたら面白いですね。

勝井:今年バンドじゃなくてソロだったりで今まで行かなかったところ、奄美とか青森とかに行って、僕らがずっとやってきたROVOというバンドを聴いてくれてる人って、自分が予想してるより沢山いるんだなってわかったんです。色々な話を聞いて、まだやりたい場所がいっぱいあるなって思いましたね。

バンドの時間軸があれば古くなることはないんですよ。時代性を超えるんだもん。ROVOは超時空楽団ですよ(笑)。

―では最後の質問です。ROVOというバンドはフェスティバル文化の隆盛や、それに伴う音源よりもライブの現場を重視する流れといった時代性と、意識的にも無意識的にもシンクロしてきたバンドだと思うんですね。音楽業界は今も急激な変化を続けていますが、今後どんなことを大事にして活動を続けていこうと考えていますか?

山本:今回の原点回帰ってこともそうですけど、ROVOのバンドとしての肝っていうのは、ミニマリズムによってもたらされるトランシーな感覚、それがスペーシーだったりフューチャリズムっていうところにつながっていく、その部分は動かしてはいけない。時代性は僕らが合わせていくものではない気がするんです。僕らが結果的に新しいことをやれてれば、それはどの時代でも関係ない、バンドの時間軸があれば古くなることはないんですよ。時代性を超えるんだもん。ROVOは超時空楽団ですよ(笑)。

勝井:野外フェスティバルみたいなものと自分たちがリンクしてるのは意識してるんですけど、CDっていうパッケージ・メディアを作る、録音芸術っていうか、それは絶対必要だと思うんですよね。メディアは当然変わっていくかもしれないですけど、作品を真剣に作ることは絶対なくしちゃいけないなって今回特に思いましたね。

山本:僕らは特にライブ・バンドやから、「ライブでいいや」って思われちゃうんです。

勝井:「ライブの方がいい」とかね。

山本:そうじゃなくて、CDでしか表現できないことがあるから、今回はそれをやろうって。テクスチャーとか質感って、CDが売れなくなったことの一番の原因なんです。かつてのCDは味があって、それが作品のオーラになって、それで所有欲が湧くわけですよ。今はそれがなくなってる。

―技術の進化によって平均的になっちゃいましたもんね。

山本:平均的、そうなんですよ。デジタルな感覚っていうか、全部平均的なのっぺりした感じ、そういうのは嫌で、今回はスタジオ・ワークをやりたいと思ったんです。

勝井:ツアーをやってその勢いを保ったまま、合宿でリラックスしながら録音するって部分と、ポスト・プロダクションの部分と、やれることはできるだけやろうって。あきらめないっていうかね。録音・ミックス・マスタリングまでメンバーの益子くんがやってるんですけど、CDをプレスする工場に入れる前の前の日の夜中に電話がかかってきて、「マスタリングをやり直したい」って言うんですよ。「知恵の輪が解けたんです」って。たまたま翌日空いてたから彼のスタジオに行って聴いたら、「お見事」っていう出来だったんです。すごくよかった。そういう意味でもなんていうか…そんなに簡単なものじゃないっていうことを、ちゃんと示したかったんですよね。

Page 4
前へ

イベント情報

『ROVOニューアルバム「RAVO」リリース記念LIVEツアー2010』

2010年11月13日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋・今池TOKUZO
出演:ROVO
料金:前売3,500円 当日4,000円

『ROVO プレゼンツ MDT フェスティヴァル in OSAKA 2010』

2010年11月14日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:大阪府 中津芸術文化村ピエロハーバー
出演:
ROVO
rei harakami
AUTORA
neco眠る
料金:前売3,700円 当日4,000円

2010年11月21日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 恵比寿リキッドルーム
出演:
ROVO
CRO-MAGNON
FLYING RHYTHMS
U-zhaan
料金:前売3,800円 当日4,300円

リリース情報

ROVO<br>
『RAVO』
ROVO
『RAVO』

2010年11月3日発売
価格:2,940円(税込)
WRCD-45

1. TANGER
2. ECLIPSE
3. BAAL
4. RMD
5. SINO+

プロフィール

ROVO

勝井祐二(Vln)、山本精一(G)、芳垣安洋 (Dr/Per)、岡部洋一(Dr/Per)、原田仁(B)、益子樹(Syn)。「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に結成。バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。『フジロック・フェスティバル』『ライジングサン・ロックフェスティバル』『メタモルフォーゼ』『朝霧JAM』など、大型フェス/野外パーティーにヘッドライナーとして連続出演。国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催