特集 PR

最上を追い求める音楽家 大橋トリオインタビュー

最上を追い求める音楽家 大橋トリオインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2010/11/19

「一人なのにトリオ」というファニーなネーミング、シルクハットに髭をたくわえ、いつも飄々とした表情を浮かべているヴィジュアル、そしてジャズを基調に様々な音楽的要素を内包しつつ、それを誰にでも親しみやすいポップスへと変換するその手腕から、僕には「大橋トリオ」というミュージシャンが、どこか架空の世界に存在するキャラクターであり、魔法のように次々と音楽を生み出しているかのように思えるときがある。人気絵本作家のツペラツペラによって新作『NEWOLD』のジャケットに描かれたポートレイトを眺めていると、ますますそんな印象が強まってくるのだが、今回インタビューしてわかったのは、そんなイメージの背後にある人間味こそが、大橋トリオの最大の魅力だということだ。裏方志向と、それとは相反する自己顕示欲の間で葛藤を続けながら、音楽に対する強い想いを糧にプロ意識の高い活動を続けること。大橋トリオの作り出すポップスは、そうやって生まれているのだ。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

名刺はできたので、今までやってない新しいことを

「第1回CDショップ大賞」で準大賞を受賞した『THIS IS MUSIC』、メジャー初のフルアルバム『I Got Rhythm?』といった話題作に続く、大橋トリオの新作『NEWOLD』は、アコースティックを主体に、ほとんどの楽器を自ら演奏するというこれまでのイメージを大きく覆す意欲作となっている。

「前作まででとりあえず「大橋トリオはこういう人です」っていう名刺はできたと思ったんで、今回は今までやってない新しいことをやるべきだと思って。それでコラボしたりとか、エレクトロニックな要素を取り入れようと思ったんです。エレクトロニカとか好きなジャンルではあるんですけど、「ただ自分がやるには違うけどね」って感じで、でもやるなら半野(喜弘)さんってすぐに結びついてしまったんです」

最上を追い求める音楽家 大橋トリオインタビュー
大橋トリオ

10年来の付き合いという大橋と半野だが、フランスに住み、ヨーロッパを中心に活躍するエレクトロニック系のプロデューサーである半野とは、ひさびさのコラボレーション。打ち込みのビートを主体とした“HONEY”など、新鮮な仕上がりだが、生楽器が自然に溶け込んでいて、大橋トリオらしさは失われていない。また、ボーカリストとしては浜田真理子と手嶌葵という2人の素晴らしい女性シンガーとのコラボを果たしている。

「手嶌さんは洋楽っぽい。浜田さんは…洋楽っぽい(笑)。洋楽っぽい人が好きなんです。あと、浜田さんが歌うとどんな曲も名曲に聴こえるんですよ。で、手嶌さんが歌っても名曲に聴こえるんです。2人ともすごいボーカリストっていうことですね(笑)」

さらには、なんと布袋寅泰がギターで参加し、“JASMINE”で渋みのあるソロを聴かせてくれる。一見、接点のなさそうな2人だが、布袋が大橋のファンだったそうだ。

「(布袋の参加は)目立ちますよね(笑)。とあるラジオ番組にゲスト出演されていたときに、大橋トリオの曲をリクエストして頂いたらしくて。今回コラボものをやろうっていうのは決まってたんで、これはいいタイミングだと。それでお願いしてみたら、喜んで引き受けてくださったんです」

Page 1
次へ

イベント情報

大橋トリオ concert 2011
『NEWOLD』

2011年1月10日(月・祝)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2011年1月14日(金)
会場:大阪府 サンケイホール・ブリーゼ

2011年1月15日(土)
会場:大阪府 サンケイホール・ブリーゼ

2011年1月21日(金)
会場:東京都 九段会館

2011年1月22(土)
会場:東京都 九段会館

リリース情報

大橋トリオ<br>
『NEWOLD』
大橋トリオ
『NEWOLD』

1. きっとそれでいい
2. HONEY
3. 12時の針がおちたら
4. This is the love with 浜田真理子
5. JASMINE with 布袋寅泰
6. Fairy
7. 真夜中のメリーゴーランド with 手嶌 葵
8. 月の裏の鏡
9. CUBE
10. I come through
11. この雨みたいに泣いてみたかったけど
12. 生まれた日
※『NEWOLD』絵本付きパッケージ(3,990円/税込)には、絵本『トリドリ』に加えて、ボーナストラックとして“トリドリ”が収録される。

プロフィール

大橋トリオ

音楽大学でジャズ・ピアノを学んだ後、阪本順治監督の映画『この世の外へ 〜クラブ進駐軍〜』にピアノ演奏とビッグバンド・アレンジで参加。以降、本名の大橋好規として映画音楽やCM曲の制作、小泉今日子や持田香織らへの楽曲提供やプロデュースを行なう。07年、シンガー・ソングライター・プロジェクト「大橋トリオ」としての活動を開始。08年にミニアルバム『A BIRD』でメジャーデビュー。09年11月にメジャー1stアルバム『I Got Rhythm?』を発表。10年11月にはメジャーセカンドアルバム『NEWOLD』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業