特集 PR

初音ミクにみる新しい文化 FLEETインタビュー

初音ミクにみる新しい文化 FLEETインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/01/28

今まで自分がいたような領域と、ボカロシーンみたいな領域は今のところ交流が少ない感じがするんで、その垣根をなくしていきたいなって。

―例えば今の音楽業界っていうのは不況だなんだと言われていて、確実に売れるものしか作れないので、冒険ができないという話をよく耳にします。ボカロシーンっていうのは、そういう現状を打破するひとつのヒントにもなるのでしょうか?

佐藤:「売れる音楽って何だろう?」って考えると、「売れる」っていうことは、たくさんの人が共感するから売れるわけですよね。たくさんの人が「共感する」っていうのは、似たような価値観をみんなが持っているということですよね。同じような価値観や感覚を時代の中で共有してて、そこに訴えかけるようなものが現れると、多くの人々はグッと来る。でも、そういう共通の価値観みたいなものがいよいよなくなっていったのがこの3年間で、何でかっていうと、まあネットだっていう。

―まさにそうですね。

初音ミクにみる新しい文化 FLEETインタビュー

佐藤:以前はなんだかんだでテレビを中心とした既存のマスメディアの影響力がすごく大きくて、みんな同じような番組を見て、同じような情報を一方的に受けてるから、共通の価値観って形成されやすかったわけですよね。音楽だけじゃなくても、全てのことにおいて。それがネットによって色んな立場からの意見がたくさん入ってきて、その中で自分の好みや感覚に合うところに近づいていくようになると、価値観はどんどん多様化していくし、細分化していく。そこでみんなをまとめられるだけの物語、価値観とか感覚を打ち出すのが根本的に難しくなっていくのは必然ですよね。

―その通りですね。

佐藤:相対的に、アニソンとかボカロが支持を得てるっていうのは、例えばアニメだったらアニメのストーリーがあるわけじゃないですか? その世界観の中にみんな包摂されてるわけですよね。その世界にさらに近づきたいから、CDを買ったり、イベントに行ったりする。さらに、みんな二次創作でイラスト書いたり、同人誌を作ったりして、物語は無限に拡散し共有されていくっていう。それに対して普通の音楽は、アーティストが発信する物語だけじゃないですか?もちろんみんなが共感するすごいアーティストはこれからも出てくると思うけど、出てきにくくはなってる。

―双方向性っていうとちょっと言葉が古いですけど、自分がそこに参加できるっていうのがやっぱり大きいですよね。

佐藤:参加できるということは、それが他人事ではなく、自分のこととして感情移入出来るということですよね。ボカロの話をするときに、メディア環境と合致してたから盛り上がったとか、二次創作が盛んだから面白いとか、自分で歌が歌えなくても1人で歌ものの楽曲を完成させられるようになったとか、そもそもなぜ人々は初音ミクっていう虚構のキャラクターに感情移入するんだろう? とか、色んな側面があって、どれかひとつだけで全てを語ることはできないんですけど、その中でも特に、存在しない虚構のキャラクターを中心にまわっているからこそ、ミクをインターフェースにしてそれぞれ自分の中の物語を投影し、感情移入出来るっていうのは大きいと思います。

―ではそのボカロシーンに対して、これまでは外側から見ていて、最近内側にも入り始めた佐藤さんとしては、今後どう関わっていくつもりですか?

佐藤:今まで自分がいたような領域と、ボカロシーンみたいな領域は今のところ交流が少ない感じがするので、その垣根をなくしていきたいなって。自分はちょうど中間ぐらいにいると思うんで、きっかけになるようなことをやっていきたいと思います。

―具体的なプランやアイディアはありますか?

佐藤:なんなんですかね…フジロックにミクも出るとか、そうなったら面白いですけど(笑)そういう話でもないんじゃないかと思って…。でもそうなるためには結局認識の問題っていうか、今は文脈を共有してないじゃないですか? お互い別の文脈があるんだっていうことを、当たり前のこととして認識できるようになれば、変わっていくんじゃないかなって。無理やり一緒に何かをやるとか、まとまろうとかじゃなくて、根本的な理解を促していくっていう。

―「初音ミク文化論」はまさにそういう役目を果たしてましたよね。

佐藤:こういうCINRAみたいな媒体でボカロとかニコ動の話をしてること自体がすごく重要なことだと思ってて、マーケティング的な話じゃなくて、もっと根本的な部分、この文化をどうやってサステナブルなものにしていくか、共有していくかっていう話をこういう場でできたことは、すごく僕も嬉しいし、意味があることなんじゃないかと思ってます。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

FLEET
『TRANSIT』

2011年1月26日発売
価格:1,800円(税込)
ポニーキャニオン / PCML-1002

1. oozora base
2. -ward
3. Transit
4. skip like jet spurt
5. she is the sun
6. path
7. shooting star

プロフィール

FLEET

2004年春、デザイナーだった佐藤純一を中心に結成。MyspaceやYoutubeの普及以前にHP上で発表した楽曲が話題に。ポストロックやエレクトロニカといったキーワードを感じさせながら佐藤純一の独自のセンスと歌心あるメロディーで構築された音楽性が公表を博す。最新作「TRANSIT」完成をもってオリジナルメンバーの池田雄一、仲井朋子が脱退。FLEETは佐藤純一のソロユニットとして再始動する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年