特集 PR

初音ミクにみる新しい文化 FLEETインタビュー

初音ミクにみる新しい文化 FLEETインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/01/28
  • 0
  • 10

変化に適応したニコ動とボカロシーンに対して、適応できていないバンドシーン。

―なるほど。その中で現在一番関心があるという、初音ミクをはじめとしたボーカロイドのシーンとも出会ったわけですね。

佐藤:最初はこれは面白い文化だなと少し離れたところから見ていたんですけど、実際にボカロシーンの中に入って、ボカロ関係のイベントに遊びに行ったりすると、すごい一体感があるんですよね。例えばバンドだと、みんなバラバラなライブハウスで、バラバラなジャンルでやってて、やってる方もお客さんも、違うジャンルのバンドだとほとんど出会わないじゃないですか?同じジャンルでもけっこう難しい。 でも初音ミクとかって、全く違うジャンルのものでも、ボカロってだけでみんなちゃんと聴くし、作ってる方もすごい仲間意識があるというか、つながりがあるんですね。ジャンルごとにバラバラに孤立していったものが、ボカロっていう共通言語でゆるくつながっていて、そういうモデルに可能性というか、希望を感じたんです。

―そこにはソーシャル・メディアの環境が整ってきたことも関係してくるわけですよね?

佐藤:環境が整ったというか、環境は否応なしに変化していて、そういう新しいメディア環境の中から登場して、適応していったのがニコ動を中心としたボカロシーンだと思うんですね。逆に適応し切れてないのが既存のバンドシーンとか、音楽業界なのかなっていう。そもそも(ボカロシーンは)基本的に二次創作でつながってるんですね。誰かがオリジナルの曲をアップして、それに対して絵を書いたりとか、実際に歌ってみたりとか、どんどん色んな人が二次創作を繰り返していって、それで広がっていくっていう。そうやって誰かが二次創作するたびに、曲にもう一回命が宿るし、その曲だけじゃなくてボーカロイド全体のデータベースに新たな物語が蓄積され共有されて行くんです。従来の感覚で言ったら、オリジナルの作品を別の誰かが改変するっていうのは、基本的にNGじゃないですか?

―そうですよね。

初音ミクにみる新しい文化 FLEETインタビュー

佐藤:でもボカロシーンっていうのはそれありき、むろんそうじゃない人も中にはいますが、基本的にはそれを積極的に肯定してて、それは時代の流れに合ってますよね。例えば、ネット界では今までGoogleが絶対的な存在だったところにFacebookとかTwitterといったソーシャルメディアが台頭してきていて、Googleの発想っていうのは、インターネットの中にある色んな情報を整理整頓して、検索したらすぐに出てくるようにしておくっていう、アーカイブ的な、「静」的な発想だと思うんですけど、今はTwitterとかで情報がどんどんどんどんすごい速さで流れて行ってますよね? その中で瞬間的に共感したものに反応して、それが連鎖していくみたいな、情報やコミュニケーションの流動性が過剰に高まって行く方向に世の中全体が向かって行ってて、ボカロシーンはその流れにまさしく合致しているなと。

相対化できていないから、「自分たちの方が上、こっちはくだらない」みたいになっちゃう。

―なるほど。でもそれに対して、「ボカロっていうのは結局音楽ではない、ゲームに過ぎない」という人もいますよね。そういう意見に対してはどうお考えですか?

佐藤:結局文脈を共有してないと戸惑って、「なんだこれ?」みたいになるっていうことだと思うんですね。結論から言えば、ボカロで曲作ってる人たちも、普通にバンドやってる人も、メジャーのアーティストに曲を書いてる作家も、音楽を作ってるという点においては同じで、その音楽的才能なりに違いはないですよね。だけど、その受容のされ方、文脈が全然違う。そういった文脈、つまりコンテクストの違いを認識しないまま、バンドシーンなりメジャーの音楽業界という島宇宙に身を置いている人が、「知らない文脈」に出会って、よくわかんないから否定してみたり、過剰に反応したりするっていうことだと思うんです。

―確かに。

佐藤:人は何かしらの文脈の中に生きてるわけじゃないですか? 昔はポストモダン的な用語で言う「大きな物語」みたいなものの中に皆が生きていたからそのことに気付く必要もなかったけど、今は無数の「小さな物語」が乱立してて、その中の1つに自分もいるということに、気づける人は少ないのかなって。そうやって相対化できていないから、「自分たちの方が上、こっちはくだらない」みたいになっちゃう。それぞれ違う文脈があるのに、自分たちの視点しか持っていなくて、良いものは何の説明もなくても良いんだっていう幻想を抱いてるんですね。何かを良いと感じられるのは、自分がその文脈を理解しているからだということに気付けていないっていう。

―つまり重要なのは、それぞれの文脈を持った個が、お互いを認めながら、緩やかな形でつながれるということですよね。ボカロシーンっていうのはそれを形成できてるんじゃないかと?

佐藤:形成…できそうな可能性に満ちている、みたいな(笑)。それがブログにも書いた「島宇宙化の再帰的選択」ということです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

FLEET
『TRANSIT』

2011年1月26日発売
価格:1,800円(税込)
ポニーキャニオン / PCML-1002

1. oozora base
2. -ward
3. Transit
4. skip like jet spurt
5. she is the sun
6. path
7. shooting star

プロフィール

FLEET

2004年春、デザイナーだった佐藤純一を中心に結成。MyspaceやYoutubeの普及以前にHP上で発表した楽曲が話題に。ポストロックやエレクトロニカといったキーワードを感じさせながら佐藤純一の独自のセンスと歌心あるメロディーで構築された音楽性が公表を博す。最新作「TRANSIT」完成をもってオリジナルメンバーの池田雄一、仲井朋子が脱退。FLEETは佐藤純一のソロユニットとして再始動する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

キセル“富士と夕闇”

キセルを聴くと、特別なものは本当に言葉にするのが難しいなと思う。3年ぶりのアルバムより、“富士と夕闇”のMV。日常を切り取っているはずなのにサイケデリックで、二人と一匹を映しているようで景色ばかりが目に入る映像の不思議が、妙にキセルにはまっている。監督はVIDEOTAPEMUSIC。浮遊感ある音も相まって、忙しない現実も融解するよう。(山元)

  1. クドカン&又吉の生放送『おやすみ日本』SPに細野晴臣、勝地涼、峯田和伸ら 1

    クドカン&又吉の生放送『おやすみ日本』SPに細野晴臣、勝地涼、峯田和伸ら

  2. スピルバーグ新作『レディ・プレイヤー1』新映像 ガンダムや春麗ら登場 2

    スピルバーグ新作『レディ・プレイヤー1』新映像 ガンダムや春麗ら登場

  3. 西寺郷太がプライベートスタジオで語る、NONA REEVESの20年 3

    西寺郷太がプライベートスタジオで語る、NONA REEVESの20年

  4. 2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本 4

    2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本

  5. 片山萌美の足がでんでん&淵上泰史を狂わせる 谷崎原案『富美子の足』予告 5

    片山萌美の足がでんでん&淵上泰史を狂わせる 谷崎原案『富美子の足』予告

  6. 生田斗真×瑛太の極限の友情 『友罪』特報映像&自撮り風ビジュアル公開 6

    生田斗真×瑛太の極限の友情 『友罪』特報映像&自撮り風ビジュアル公開

  7. 『逃げるは恥だが役に立つ』、大みそか&元日に地上波で全話一挙に再放送 7

    『逃げるは恥だが役に立つ』、大みそか&元日に地上波で全話一挙に再放送

  8. Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ 8

    Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ

  9. 『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加 9

    『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加

  10. コップのフチ子が1500種以上集う『あなただけのフチ子展』、初公開原画も 10

    コップのフチ子が1500種以上集う『あなただけのフチ子展』、初公開原画も