特集 PR

Caroline×鹿野友美(4 bonjour's parties)対談

Caroline×鹿野友美(4 bonjour's parties)対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

2月24日の『exPoP!!!!!vol.47』で共演を果たすキャロラインと4 bonjour's partiesのボーカル/フルート奏者・鹿野友美。両者はレーベルメイトであることをはじめ、共にかつて音大に通い、またキャロラインはUSの人気バンドであるmice paradeにシンガーとして参加しているため、共に国境をまたいで活躍する大所帯バンドのメンバーでもあるなど共通点が多いのだが、中でも1番の共通点は、2人が共に自分のペースで音楽を続けることの重要性を体現しているということだ。メジャーの道を蹴ってインディで自身の音楽を作り続ける道を選んだキャロラインと、かつては自分が岐阜に、現在は他のメンバーがオーストラリアにいながらも、東京を拠点としたバンド活動を続けている鹿野の活動姿勢は、将来を見据えて自身と音楽の関わり方を模索する多くの若者たちを大いに勇気付けるものではないかと思う。そんな2人の対談は微笑ましいエピソードが数多く飛び出す実に楽しいものに。これまでは深い交流がなかったという両者もインタビュー終盤にはすっかり打ち解け、24日の共演がますます楽しみになった。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

申し訳ないとは思ったんですけど、「私のやりたいことは違うの」って涙ながらに説得した(鹿野)

―お2人の共通点というとまずひとつは音大に通っていたということで。キャロラインさんはバークリー音楽大学に通っていたんですよね? その頃から自分は音楽をやっていくんだっていう強い意志があったのでしょうか?

キャロライン:はい、自分はバークリーに行きたいっていう気持ちが強くあったんですけど、両親には「あそこは難しい」って言われてて、奨学金を貰えるような他の学校に行くっていう選択もあったりはしたんですね。でも自分がそっちに行くことは想像できなくて、「バークリーでしか自分のやりたいことはできない」って説得したんです。

―一方で鹿野さんは音大でクラシックをやっていて、でも途中でミューズ音楽院に移ったんですよね?

鹿野:大学の試験があって、先生に「どういうのやりたい?」って言われたときに、クラシックの曲じゃなくて、ジャズをやってみたいって言ったら、「そういうのはダメだ」って断られたんですね。音楽って広いのに、ここではクラシックしかできないんだなって思ったら急に熱が冷めちゃったんです。あと人間関係もあんまり好きじゃなくて、上下関係がすごくて、体育会系の部活みたいなんですね。

Caroline×鹿野友美(4 bonjour's parties)対談
左:Caroline、右:鹿野友美(4 bonjour's parties)

―へえ、そうなんだ。

鹿野:みんなおっとりしてる感じなんだけど、実はやりあってるみたいな(笑)。そういう堅苦しい関係も嫌で、違う音楽の学校ないかなって分厚い専門学校の本を買ってペラペラめくって、ミューズ音楽院に行ってみようと思って。でも大学を中退したいって言ったら親にものすごく怒られました(笑)。申し訳ないとは思ったんですけど、「私のやりたいことは違うの」って涙ながらに説得して、そうしたら親も応援してくれるようになって。

―お2人とも親の説得という難関をくぐり抜けてきてるわけですね(笑)。キャロラインさんも、大学での人間関係とかって大変でした?

キャロライン:やっぱりコンペの争いとかはすごかったけど、バークリーは「自分でいること」を大切にしてくれる環境も整っていたので、私自身はあんまりそういう戦いには参加せずに、どちらかという勉強に集中して、自分のやりたいことをやろうっていう感じでした。あと、自分の身近にいる友達の雰囲気で、自分もすごく変わってくると思うんです。競争してるグループもあったけど、私のいたグループはみんなが違うことをやってて、1番の親友はピアノのアコースティックな音楽をやってる子だったり、みんなで刺激し合えるすごくいい環境でした。

―鹿野さんにとってはミューズに入ってからがまさにそうですよね。そこで今のバンドメンバーとも出会ってるわけだし。

鹿野:やりたいことがみんな違うけど、違うのがいいねって言い合える、認め合える環境だったからすごく楽しくて、いろんな刺激を受けましたね。

Page 1
次へ

イベント情報

viBirth × CINRA presents
『exPoP!!!!! volume47』

2011年2月24日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷O-nest

出演:
Caroline
SOUR
4 bonjour's parties
Schroeder-Headz

料金:無料(2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。

リリース情報

4 bonjour's parties
『okapi horn』

2010年12月8日発売
価格:2,400円(税込)
YOUTH-107

1. skipping birds & stones
2. pins and needles
3. optical song
4. yottie
5. o-micron
6. ventilation
7. hypnosis
8. valzer di onesti
9. tap tap
10. oma

CAROLINE<br>
『VERDUGO HILLS』
CAROLINE
『VERDUGO HILLS』

2011年1月12日発売
価格:2,400円(税込)
YOUTH-112

1. Balloon
2. Swimmer
3. Sleep
4. Seesaw
5. Words Flutter
6. Pink Gloom
7. Waltz
8. Lullabye
9. Snow
10. Gone
11. Seesaw(Dntel Mix)
12. Waltz(Her Space Holiday's Far Away Friends Mix)

プロフィール

Caroline

沖縄出身の女性SSW。J-POPシンガーOLIVIAの実妹。2006年、ファーストアルバム『Murmurs』リリース。その透明感溢れる歌声が、Björk、múmなどを引き合いに出されながら高く評価される。2007年以降、Mice Paradeのボーカルを務める。2011年1月、セカンドアルバム『Verdugo Hills』リリース。前作同様、ミニマルなエレクトロニカを基調としながら、芳醇さを増したオーガニックで温かみのあるトラックが、表現力にさらなる広がりが生まれた歌声を包み込み、天上の音楽とでも言うべき荘厳な美しさを湛えた作品に。

4 bonjour's parties

2001年より自由で良質な音楽を追求する大所帯室内開放音楽集団。男女混声のハーモニーが、ビブラフォンや、フルート、トランペット、クラリネットなど、オーガニックでエレクトロなサウンドに優しく包まれる。USでのリリース、Her Space Holidayのバックバンド、フランスのTake Away Show出演、オーストラリアでのツアーや台湾の大型フェス出演など、国際的に活躍。音楽への愛情、好奇心、探究心、喜びが溢れまくった、まばゆいばかりの傑作セカンドアルバム『okapi horn』を2010年12月にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年