特集 PR

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

原田さんのイメージが僕らのイメージとちょっと違う軸だったから、正直「どうかな?」って思ったりもしたんですよ。

―とはいえ、原田郁子さんを迎えた初のボーカル入りトラック “I'll”は間違いなく新機軸ですよね。

タナカ:うん、先ほど「開いてる」っていう話がありましたけど、僕が言うのもあれやけど…?

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談

佐藤:はい(笑)、ファーストでカツキさんとご一緒させていただいてから、バンドの外にある感性を受け入れながらもの作りをするっていうのが本当に楽しくなってきてて。今回の“I'll”に関しても原田さんという第一線のミュージシャン、一流のエンジニアである池内さんとともに僕らのフォーマットで音を作ってみようって話が自然と出てきたんですね。そういった流れで原田さんにお願いしたんです。

―インストバンドには大ざっぱに2つに分類すると、歌がないからこそイマジネーションを広げられるっていう部分にこだわりのあるバンドと、結果的にインストになってるだけっていうバンドがいると思うんです。L.E.D.は前者だと思うので、ボーカルを入れることはすごくチャレンジだったと思うんですけど、いかがですか?

佐藤:そうなんです。だから、いわゆるリードボーカルの感覚で歌う人は違うなと思っていて。原田さんは声質そのものにも特徴があるし、よく言われるように楽器として響く声ですよね。それにインストバンドで歌った経験もあるから、敢えてお願いしなくても、L.E.D.の音楽のひとつの要素として声をのせてくれる人だろうと思っていたんです。実際にその通りでした。

―どんな風に作っていったんですか?

タナカ:曲ってタイトルがあるじゃないですか? このタイトルがあるからこそ、化学反応が起きることってあると思うんですよ。“I'll”もそういうのに近くて、単語から広がるイメージで歌詞を付けていったと思うんです。

―カツキさん、もはやバンドよりも雄弁ですね(笑)。

佐藤:嬉しいですね(笑)。カツキさんの言った「イメージ」というのがまさに正解なんですけど、L.E.D.って映像を思い浮かべながら音を作ることが多いんです。この曲はヨコチン(横山)主導で作ったんですけど、まずは原田さんとイメージを投げ合いました。



横山:ホントに最初は漠然としていて、例えば雪とか氷とか、そういう冷たい景色を思い浮かべさせるようなイメージをバーッと並べて、そのイメージを体感できるサウンドを作って、原田さんとやり取りをして。それでレコーディング当日に原田さんが持ってきてくれた言葉を基にして、「ここはこう歌おう」、「ここはこう喋ろう」って、徐々に組み立てていったって感じですね。

―実際のレコーディングはいかがでしたか?

横山:ドキドキしっぱなしでした(笑)。決まってない分、思いつきで「ここはこうやってみよう」って感じで作れたので、新鮮というか、予想もつかない出来になる楽しさはありましたね。

広がるもの作りの輪 L.E.D.×タナカカツキ 対談

佐藤:ミックスも紆余曲折あったものの結果、いい流れでしたね。ラフミックスを聴いて、原田さんもイメージが具体的に出てきたみたいで、最終ミックス前に彼女の方から打ち合わせをしたいと言ってきてくれて。ただ、僕らにもイメージはあったので、すぐにそことピタッとはいかないじゃないですか?だから最初は、原田さんのイメージが僕らのイメージとちょっと違う軸だったから、正直「どうかな?」って思ったりもしたんですよ。だけど、擦り合わせていくうちに彼女の考えも分かってきて、その方向に行けばよくなるって確信できたんです。だから最初は手探りでしたけど、クリアな形でコラボができてホントよかったなって思いましたね。

オータ:最終的には原田さんも拍手で、みんなで「ワー!」ってなったよね。

3/4ページ:カツキさんの映像と僕らの音を合わせると、奥深い怖さが付随されて、音だけとはまた違った感覚になる。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

L.E.D.『elementum』
L.E.D.
『elementum』

2011年4月6日発売
価格:2,500円(税込)
PEMY-015

1. aqua
2. ventus
3. I'll(feat.原田郁子)
4. hitofudegaki
5. terra (album ver.)
6. nathan road
7. bluemoon in Togakushi
8. ignis
9. 500

イベント情報

『exPoP!!!!!』

2011年4月21日(木)
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
L.E.D.
MaNHATTAN
Fragment×leno (術ノ穴)
and more
料金:無料(2ドリンク別)

L.E.D. 『elementum』release tour

2011年5月1日(日)
会場:愛知県 名古屋 栄lounge Vio
出演:L.E.D.、egoistic 4 leaves、stim、ホテルニュートーキョー、mississippiroid

2011年6月12日(日)
会場:渋谷O-NEST
出演:L.E.D. with VJ QUIZ、Calm、WUJA BIN BIN

2011年6月17日(金)
会場:宮城県 仙台enn 2nd
出演:L.E.D.、タテタカコ、and more

プロフィール

L.E.D.

各方面で活躍する生楽器のマエストロ7人から成るシネマティック・インストバンド。そのサウンドは、Jazz、Funk、HipHopからHouse、Ambient,Minimal、Electronica、Krautrockまで様々な要素をバンド独自の有機的フィルターを通して解体、再構築。既存のインスト、ポストロック勢とは明らかに一線を画し、映像を強くインスパイアさせる、まさにシネマティックなサウンドスケープを展開している。結成当初から確かな演奏力と映像親和性により高い評価を受けているライブは各地のフェスをはじめ、活動の幅を広げ続けている。また映像に重きをおくコンセプトにより前作のアートワーク、ライブでのVJ参加(VJ QUIZ)、今作ではMVを手掛けた漫画家でもあり映像作家の異才タナカカツキとのコラボレーションも話題に。そして2011年バンド初のボーカルトラックにクラムボンの原田郁子を迎えた楽曲“I'll”(アイル)を含む渾身の2ndアルバム『elementum』が遂に完成。

タナカカツキ

1966年生まれ、大阪府出身。18歳でマンガ家デビューし、以後、映像作家、アーティストとしても活躍。漫画家としての代表作は『バカドリル』(天久聖一との共著)『オッス!トン子ちゃん』など。2008年には究極の映像美で新境地を拓いた『ALTOVISION』をブルーレイで発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』