特集 PR

わかったつもりにならない事『未来の記録』の「不合理」な軌跡

わかったつもりにならない事『未来の記録』の「不合理」な軌跡

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:森友香理

宮沢章夫が主宰する「遊園地再生事業団」で演出助手として研鑽を積み、俳優としても大人計画をはじめとするさまざまな舞台や映画、ドラマなどに出演する岸建太朗による長編映画『未来の記録』が、5月14日から新宿武蔵野館を皮切りに、大阪、名古屋、京都、横浜をはじめ、全国各地で公開される。本作は昨年の『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』で長編映画部門にノミネートされた作品で、今回の一般公開は本映画祭が新しく立ち上げた「SKIPシティ Dシネマ プロジェクト」という、映画祭から選ばれた作品を配給し全国巡回するという活動の記念すべき第1弾作品となる。

フリースクールであった一軒家を舞台に現在、過去、未来とさまざまな時間を往還するこの作品は、3年半もの時間をかけて撮影された。「はじめは完成を目標にしていなかった」と岸監督自らが語るこの作品は、いったいどのようにして生み出されていったのだろうか? 岸監督と共に、主演を務める上村聡、あんじらにお話をうかがった。

完成を前提としないし、役割分担もしない

―3年半という長期にわたって撮影された『未来の記録』が、いよいよ5月14日から一般の劇場にて公開されます。心境はいかがでしょうか?

:撮影が始まった当初はこんな風に一般公開される映画をつくろうとしていたわけではなかったので、こういった形で公開を迎えるというのはちょっと信じられない気持ちですね。『未来の記録』は、10代から50代まで、さまざまな経歴の人たちが僕の自宅に集まって編み上げた、生粋の自主映画ですから。ただ、何かわくわくすることがやってみたかったんです。

―『未来の記録』は、ワークショップから始まったと伺いましたが、どのようなワークショップを行ったのでしょうか?

:そもそもは『WORLD』という短編映画をつくるために始めました。これは究極の1シーン1カットを目指した作品で、俳優の演技には通常とは異なったアプローチが求められました。簡単に言うと「時間の流れが逆転している」世界のお話なので、時間を逆回しして演じるスキルが必要だったんです。その準備として、俳優に後ろ向きに歩いてもらったり、時間が逆流すると感情がどう見えるのか? を実際撮影した映像を見ながら考えてみたり…そんな作業を、『未来の記録』の半年前からやっていました。ただ、それは映画をつくるための準備というより「演技とは何か? カメラの前に立つとはどういうことなのか?」といった、日頃わかったつもりになっていることをひとつひとつ検証していく試みだったんです。

わかったつもりにならないこと 『未来の記録』の「不合理」な軌跡
岸建太朗

―そういった試みは俳優としてはどのように感じられましたか?

上村:面白かったですね。どうしても俳優って、演技をするとき「わかったつもり」になっていろいろなことを省略してしまいがちです。この映画で行ったのは、そのような「わかったつもり」のことをイチから疑って、わからないものとして考えていくという作業だった気がします。実際ワークショップの現場では役割分担もありませんでした。誰がカメラを回してもいいし、誰が出演をしてもいい。映画本編では使われていませんが、僕がカメラを回したシーンもあったんです。

:上村くんのカメラはすごく上手いんです。腰が入っています(笑)。

上村:これまで当たり前だと思っていた作り方を、本当に適切なものだと実感を持てるまでひとつずつ検証できたんです。それはすごく刺激的な経験でした。

わかったつもりにならないこと 『未来の記録』の「不合理」な軌跡
『未来の記録』より

あんじ:実験的なワークショップをしながら、突然「撮ってみるか」と言われたり。最初は戸惑いもあったんですけど、俳優として自由に表現できたのが、自分の演技にとってもプラスになったと思います。

:あんじさんには「後ろ歩きを完璧にマスターする」という課題を出しました。まず正方向に歩いている様子を撮影して、その映像を逆方向に再生してみると、身体が「ストン」と、「踵から地面に落ちてゆく」特徴があるのを発見しました。足首の間接が想像以上に「カクカク」していたんです。つまり、「後ろ歩き」を厳密に再現しようとすると、間接の「カクカク」をあらかじめ計算しながら歩くスキルが必要だったんです。だけどあんじさん、ほとんど練習してなかったですよね(笑)

あんじ:そんなことないですよ(笑)! 公園に行ってちゃんとやっていましたって。

:あんじさんにやってもらうには10年はかかるなって思ってました(笑)。だけど、出演者の杉浦千鶴子さんはそれを一発でやったんです。あれは驚きでしたね。

わかったつもりにならないこと 『未来の記録』の「不合理」な軌跡
写真左:あんじ、写真右:上村聡

―完成を前提としていないということでしたが、撮影しながら「この作品はどうなってしまうんだろう」という不安はありませんでしたか?

上村:それはなかったですね。参加者それぞれの役割が決まっていないぶん、主体的に関われましたから。まあ、岸監督から「歩いてくれ」って言われても「どうせ使われないんだろうな」と思いながらやったこともありますが(笑)、使わないからやらないという考え方はこの作品に反するんです。「作品のワンシーンになるから」という理由で僕らはやっていたわけじゃなかった。そこが独特で面白かったんですね。

:僕自身、作品全体のビジョンを細かく見渡して指示を出しているわけではなかったんです。あるひらめきが降ってきた瞬間に、「そこ歩こう!」とか、考える前に動いているんです。できる限り自分のセンサーを鋭く働かせつつ、そこにある空気や場所と同化して、なにかきらめくものを捕らえたかったというか。僕自身、それ以前に数年かけて訓練をしていたので、自然に身体が動いたんです。

―インスピレーションに従って撮影していたんですね。

:撮影も「いついつから始めていつ終わります」と決めていたわけではありませんでしたからね。通常なら合理的に進めるような作業も、時間を省略せずにコツコツとやりました。確かに無駄も多かったと思いますが、それこそがこの映画の強さになっているのかも知れません。ついついスルーされてしまいがちな「余白の時間」には、意外な面白さがあると思います。

あんじ:監督はもちろんでしょうが、それは役者にとってもすごく貴重な時間でした。

2/3ページ:仕事場で泣いたのなんて、初めてです(あんじ)

Page 1
次へ

作品情報

『未来の記録』

2011年5月14日より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
監督・脚本・撮影・編集:岸建太朗
プロデューサー:清水徹也
出演:
上村聡
あんじ
鈴木宏侑
町田水城
杉浦千鶴子
小林ユウキチ
高橋周平
鈴木雄大
吉田真理子
川上友里
配給:株式会社デジタルSKIPステーション

プロフィール

岸建太朗

1973年、東京都出身。 1998年より劇作家宮沢章夫氏に師事し、演出助手に従事。後、「映像演劇実験動物黒子ダイル」を旗揚げし、自主映画、PV、ネットドラマなどを多数制作。俳優としても、映画、演劇、CM、テレビドラマなどに多数出演している。

上村聡

1977年、神奈川県出身。2006年より遊園地再生事業団(主宰:宮沢章夫)の公演に参加し、現在正式メンバーとして活動を行う。また、近年では遊園地再生事業団ラボにおける公演でドイツ戯曲の演出も手掛ける。最新出演映画の『飯と乙女』(2011年6月公開予定)では、俳優・岸建太朗と共演している。

あんじ

1975年、東京都出身。1995年よりファッション誌でモデルとして活躍した後、テレビやラジオなどに活動の場を広げる。1999年には『白痴』で女優としてデビュー。以後『Paradice』『美代子阿佐ヶ谷気分』などに出演。

SKIPシティ Dシネマ プロジェクト

若手映像クリエイターの発掘と育成を推進するSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭に集まった作品を、一般の劇場での公開を支援する配給プロジェクト。プロジェクト第1弾の作品が『未来の記録』に決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開