特集 PR

金田康平(THEラブ人間)×大橋仁(写真家)対談

金田康平(THEラブ人間)×大橋仁(写真家)対談

インタビュー・テキスト
田山雄士
撮影:田中慎一郎, 取材協力:ウーピーゴールドバーガー

「恋愛至上主義」を掲げる音楽集団、THEラブ人間。今年メジャー進出を果たした彼らの勢いはとどまるところを知らず、このたびリリースされるメジャー1stシングルの『大人と子供(初夏のテーマ)』も大いに話題を呼びそうだ。CINRAでは8月にも、その中心人物である金田康平にインタビューを敢行したわけだが、この首謀者にはまだまだ底知れぬ魅力がありそうだということで、再度その濃厚な人間性や秘めた野心を暴いてみようと試みた。

そこで今回は、父の自殺未遂現場を収めた鮮烈なデビュー作『目のまえのつづき』でも知られる写真家の大橋仁を招き、お互いの作品や人柄にスポットを当ててみた。そこから見えてきたのは、2人の表現に対する強いこだわり。すなわち、リアリティの追求だった。そして最終的には、意外な共通点から今後の新たなキーワードまで飛び出す爆笑の放談に。飾らない2人の言葉は革新的なものばかりです。必見!

『目のまえのつづき』を見て、「写真でもかっこいい人いるんだ!」って思いました。(金田)

―金田さんは以前から大橋さんのファンなんだそうですね?

金田:俺は音楽以外で誰か有名な人と会えるんだったら、「大橋仁に会ってみたい!」ってずっと言い続けてきたんです。僕らの曲がJACCSカードのCMに使われた時に、その撮影で偶然初めてお会いできたんですけど、写真しか見たことがなかったから大橋さんの顔を全然知らなかったんですよ。その場では名前も知らないまま喋ってた人が帰り際にくれた名刺を見て驚きました。「……!? うわっ、大橋仁だ!」って。

大橋:あはははは! いいこと言ってくれるね! 初めて会ったのは今年の4月だったよね。

金田康平、大橋仁
写真左から:金田康平、大橋仁

―金田さんはいつ頃から大橋さんの写真が好きになったんですか?

金田康平

金田:2005年ですね、19歳の時。当時、京王線沿いに住んでる恋人がいて、その子は写真を撮ってたんですよ。その彼女に「音楽にしか興味がないの?」って言われたことがあって、俺は「ない」って答えたんですよね。「面白い人がいないのが悪いんじゃない?」とまで言ったくらい(笑)、画や写真を見ても魅力がわからなかったんだけど、「あなたの曲を聴いてると、この人の写真集なんていいかもよ」って彼女が言ってくれて、薦めてくれたのが大橋さんの『目のまえのつづき』なんです。もう1冊の『いま』も今日持ってきました。


大橋:偉い彼女だね(笑)。しかも、持ってきてくれたんだ。嬉しいなあ!

―ホントに好きなことが伝わってきますね。

金田:僕は、それまでは芸術なら音楽以外に格好いいものはないって思い込んでた人間なんですけど、『目のまえのつづき』を見て、「写真でもかっこいい人いるんだ!」って思いましたね。あ、ちなみに『目のまえのつづき』はその子と別れたきっかけにもなったんですよ。

2/4:大橋さんで写真を知れて良かった。そこがきっかけでアラーキーにも行けましたから(金田)

Page 1
次へ

リリース情報

THEラブ人間『大人と子供(初夏のテーマ)』
THEラブ人間
『大人と子供(初夏のテーマ)』(CD+DVD)

2011年11月23日発売
価格:1,000円(税込)
VIZB-18

1. 大人と子供(初夏のテーマ)
2. レイプ・ミー
3. 抱きしめて
[DVD収録内容]
1. 砂男
2. 東京
3. これはもう青春じゃないか
4. 抱きしめて
5. 砂男

プロフィール

THEラブ人間

2009年1月に金田康平を中心に突如現れた音楽集団。「恋愛至上主義」を掲げ、今日も他人と解り合うことを願って血まみれの恋愛と青春の焦げ臭さを高らかに歌っている。

大橋仁

1972年神奈川県相模原市生まれ。1992年第8回キャノン写真新世紀/荒木経惟選・優秀賞受賞。個人作品集に写真集「目のまえのつづき」(青幻舎)刊行(1999年)、写真集「いま」(青幻舎)刊行(2005年)などがある。雑誌、広告などでスチル、ムービーを問わず印象的なイメージを発信し続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年