特集 PR

固まる前に叩き壊す カゲロウインタビュー

固まる前に叩き壊す カゲロウインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/01/11
  • 0
  • 11

一般的に、バンドとは固定されたメンバーが、特定の音楽性に沿って活動をするものである。カゲロウに関しても「サックス、ピアノ、ベース、ドラムという編成で、パンキッシュかつフリーキーなジャズを鳴らすインストバンド」とレジュメすることは可能だが、メンバーが海外留学に行ってしまったり、そもそもの入口がジャズではなかったりと、固定概念では収まらないところが魅力のバンドとも言える。それもそのはず、「ボーカルの引き立て役に回ることにストレスを感じていた」という中心人物でベーシストの白水悠を筆頭とした、枠に捉われることを嫌うメンバーの集合体、それがカゲロウなのだから。新作『III』では、メロウなナンバーから実験的な長尺曲までを収録し、これまでの作品よりもグッと幅を広げた作風を提示しているが、「固まる前に叩き壊す」ことを前提としているかのような彼らにとって、今作の方向性は自然なものであったに違いない。アルバム発売後には「回数無制限のアウトストア・ライブ」という、これまた枠から外れまくったイベントを予定しているメンバー3人に、その活動原理を聞いた。

形に固執してやりたいことができないよりは、形はどうであれやりたいことをやるっていう方が心地いいんですよね。

―カゲロウはジャズを基調にしたインストバンドなので、リズム隊がすごく重要なバンドだと思いますが、ドラムの貴之さんはアメリカに留学中なんですよね? しかも2回目の。

白水(Ba):そう、ドラムの勉強をしに行ってましたね。いまは日本に帰ってきましたけど。

―メンバーがパッとアメリカに行ってしまうって、定期的な活動をしているバンドとしては珍しいケースだと思うんですけど、それに対して抵抗はありませんでしたか?

白水:確かに、他にあんまり聞かないですよね(笑)。でもまあ、サックスのるっぱさんにしてもピアノのチエちゃんにしても、もちろん僕もそうですけど、みんなそれぞれの人生があって、今は3人の人生が交わってるときなんだって思うんです。そういう考え方だから、貴之が場所を移してやりたいことがあるならそれはそれでありだと思ってて。

Ruppa:半年とか離れるんだったら、違うドラマーとやった作品をも作ってみようかなって。止めて待つよりは、動いて迎え入れる方が性に合ってたんでしょうね。

白水:もちろん貴之のファンの方は思い入れもあるだろうし、「貴之さんじゃないと」っていう声も耳に入らないわけじゃないんですけど、正直それは…「残念でした」って思うしかない。

―バンドのお客さんはそこを求めがちですけど、そればっかりはしょうがないですもんね。

白水悠
白水悠

白水:うん、お客さんの言ってることがわからないとかじゃなくて、わかった上で「残念でした」っていう。今回のアルバムはドラマーが3人参加してて、それが一般的な「バンド像」と照らし合わせて変な具合になってるのはもちろんわかってるんです。でも、形に固執してやりたいことができないよりは、形はどうであれやりたいことをやるっていう方が心地いいんですよね。


―そういう型にはまらない姿勢って、カゲロウの音楽性にも反映されていますよね。ジャズだけど、すごいパンクな側面もあるっていう。

白水:もともと僕はパンクばっかやってたんすよ。それが大学の軽音楽部でジャズみたいなビートに出会って、「ズッタンズッタン(パンク)よりチーチッキチーチッキ(ジャズ)の方がクールじゃん!」と思って。

―それ、割と単純ですね!(笑)

白水:周りにジャズっぽいことなんてやってる人がいなかったんですよ(笑)。それに当時、EGO-WRAPPIN’が出てきたりとか、(元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの)チバ(ユウスケ)さんがスカパラとやってたりして、ああいうのかっこいいじゃんって思ってたんです。それでサックスとピアノ入れたら、「こういう編成のバンドって他にいないんじゃね?(俺の周りでは)」って思って…(笑)。

―でも、そういう音楽を続けているうちに…

白水:そうそう、世の中にこんなにいっぱいいるとは思わんかったです(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

カゲロウ『KAGEROIII』
カゲロウ
『KAGEROIII』

2012年1月11日発売
価格:2,520円(税込)
RAGGED JAM RECORDS / MEDIA FACTORY / RAGC-004

1. GAS
2. LIBERTINE SPECIAL
3. sheepless, but feel alright
4. HYSTERIA
5. YELLOW
6. ONE DAY
7. PAINKILLER
8. MIST
9. BLACK MIG
10. a bird in the cage
11. FRISBY AND THE MAD DOG
12. DRILL LINER

イベント情報

『KAGEROIII Release Tour「HYSTERIC GAS」』

2012年1月28日(土)
会場:東京都 渋谷 PLUG

2012年2月4日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET

2012年2月18日(土)
会場:宮城県 仙台 JUNK BOX

2012年2月25日(土)
会場:東京都 恵比寿 Batica(タワーレコード購入者特典ライブ)

プロフィール

カゲロウ

白水悠(Ba)、佐々木“Ruppa”瑠(Sax)、菊池智恵子(Piano)Drummer:鈴木貴之/野中隼人(The end roll)/松下マサナオ(YASEI COLLECTIVE)。ジャズカルテット編成の常識を覆す攻撃的な轟音とパンクスピリット溢れるライブパフォーマンスを武器に、活動当初から都内アンダーグラウンドシーンを席巻。ジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児として、国内外問わず注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」