特集 PR

Open Reel EnsembleがDJ KENTAROをLock On!

Open Reel EnsembleがDJ KENTAROをLock On!

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

たびたびCINRAでも取り上げてきた、2組の音楽家がリハーサル無しに音で対峙する対戦型即興ライブ『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE』(以下、『BOYCOTT』)が今年も開催される。毎回注目の会場は、前回の国立科学博物館から、なんと格闘技のメッカ・後楽園ホールへと大きくスケールアップ(後楽園ホールでの音楽ライブの開催は20数年ぶり!)。さらに凄いのが出演者のラインナップで、「坂本龍一 vs 大友良英」、「いとうせいこう vs Shing02」、「DJ KENTARO vs Open Reel Ensemble」の3試合に加え、オープニングアクトとして「千住宗臣 vs 服部正嗣」、さらにはゲストとしてやくしまるえつこの参加も決定と、日本を代表する個性派ばかりがずらりと顔を揃えているのだ。今回はこの中から唯一の2回連続出場となるOpen Reel Ensembleが登場。旧式のオープンリール式磁気録音機を楽器として使用するパフォーマンスによって着実に注目を集めている彼らに、イベントの魅力と自身の活動について、じっくりと語ってもらった。過去最大級の『BOYCOTT』、あなたも目撃者の1人になりませんか?

機材のバージョンは上がっていくんですけど、和田自身のバージョンが上がらない(笑)。

―前回の『BOYCOTT』ではAFRAさんと対戦したわけですが、まずその感想から聞かせてください。

和田:ものすごくドキドキしましたね。僕らは演奏方法から考えてるグループというか、プログラムを組んだりするところから始まっていて、今も常に発見をしながらやっている感じなんです。何かひとつのスタイルが決まっていて、師匠がいてってわけじゃなくて…

―完成形があって、そこに向かうわけではないですもんね。

和田:「完成って何だよ?」みたいな感じなんで(笑)。前回はAFRAさんの声をその場でどう録って、どう組み立てていくかをシステムから考えて、「こう来たら、こうなんじゃないか」とか、結構いろいろ考えてたような気がするんですけど、いざ本番になったら「全部無理!」ってことになって(笑)。

和田永
和田永

―(笑)。

和田:最終的にネジはずれたような感じになってたよね?

佐藤:それはでも結構あるじゃん、いつも。

和田:そう、最終的にはいつもそうなんです(笑)。

難波:僕らに方程式があれば、入力に対して答えが勝手に出てくるけど、方程式がないまま答えばっかり求めてるから、自分らが求めてない道すじから来たときは…

和田:速攻で崩壊する(笑)。

吉田匡:そこだけ聞いてると即興に向いてないよね(笑)。

吉田匡
吉田匡

佐藤:曲作るときは即興から生まれる方が多いけどね。

―うん、即興的な要素も多分に含んだグループですよね。

和田:数人でやってるってとこもポイントなんですよ。1人でやってるとある程度コントロールが効くんだけど、他の人もいると「そっち行くんだ!」みたいな(笑)。メンバー内に不確定要素があり過ぎて、メンバー間だけでもバトルなのに、さらにもう1人AFRAさんがいたっていう(笑)。

―特に不確定要素が強いのは誰なんですか?

和田:常に僕がハプニングを起こしやすくて、本番終わって楽屋に帰ってくると、みんなから「今日もやらかしたね」ってお叱りを受けるんです。

難波:でも直らないんですよ。機材のバージョンは上がっていくんですけど、和田自身のバージョンが上がらない(笑)。

―でも、かっこよく言えば、無我の境地から生まれる音楽の強さみたいなものもありますよね。『BOYCOTT』ってまさにそういった場だとも言えると思うし。

和田:事故の連続でしたけどね(笑)。それがものすごい味方になるときもあるし、ホントの敵になっちゃうときもあるっていう。

2/3ページ:デザインだのなんだの言ってるわりに、結局は衝動なんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE 2012』

2012年3月21日(水)OPEN 18:45 / START 19:30
会場:東京都 水道橋 後楽園ホール

出演:
坂本龍一 vs 大友良英
DJ KENTARO vs Open Reel Ensemble
いとうせいこう vs Shing02
ゲスト:やくしまるえつこ
オープニングアクト:千住宗臣 vs 服部正嗣

料金:
一般席4,800円(各プレイガイドにて発売中)
学割(立見)2,900円(ウェブサイトにてメール予約を受付中)
当日5,500円

プロフィール

Open Reel Ensemble

09年より活動開始。時代の表舞台から姿を消した旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせ「楽器」として駆使して演奏するプロジェクト。その場で声や音をテープに録音、リールの回転や動作をコンピュータで制御したり、人力で操作することでオープンリールを演奏する。メンバー:和田永(Reel&Concept)佐藤公俊(Reel)吉田悠(Reel&Perc.)難波卓己(Reel&Vln.)吉田匡(Bass)。11年にはスペイン・SONAR BARCELONA、オーストリア・ARS Electronicaにも出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く