特集 PR

1番のファンは自分でないと モーモールルギャバンインタビュー

1番のファンは自分でないと モーモールルギャバンインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:前田伊織

モーモールルギャバンというバンドは、とにかく音楽に対して真面目なバンドである。もちろん、上半身裸でオーディエンスにパンティコールを要求するゲイリー・ビッチェのパフォーマンスも、彼らの魅力のひとつであることは間違いない。しかし、彼らが何より素晴らしいのは、その音楽性の引き出しの広さであり、メロディメーカーとしての才能なのだ。ストレートに、赤裸々に、メンバーの総力戦で作り上げたという『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』は、そのことを見事に証明する傑作だと言っていいだろう。特に、本作ではユコ・カティも半分ほどを担当したという歌詞のクオリティが相当高いので、ぜひ歌詞カードを片手に聴いてもらいたいと思う。はたして、彼らはいかにしてこの境地へとたどり着いたのか? ゲイリーとユコの軽妙なやり取りも交えながら、じっくりと語ってもらった。

「俺はこれをやってればいい」を超えて、「俺はこれをやんなきゃいけないんだ」って、1年かけてそういうところにたどり着けた気がします。(ゲイリー)

―前作の『BeVeci Calopueno』は、音楽性にしても歌詞にしても、バンドの様々な方向性を突き詰めたような作品だったと思うのですが、本作はよりダイレクトで、シリアスな、軸のしっかりした作品に仕上がっていると思いました。

ゲイリー:今回はテーマが「ロック」だったんです。「ストレートにちゃんと届くいいものを」っていうのをすごく意識して作って…でもなんか、今回は作品っていうか、己の魂の叫びのような感じでした(笑)。

ユコ:「案外今まで直球のストレートなロックってやってないよね?」って話をしたんです。年齢的に30ぐらいになって、若気の至りじゃないけど、そういう若さみたいなものを出せる機会は今回が最後かもって。もちろん、年を取ったら取ったで、またいろんな側面が出てくると思うんですけど、今の等身大のストレートな音を真空パックしておこうと。

左から:ユコ・カティ、ゲイリー・ビッチェ
左から:ユコ・カティ、ゲイリー・ビッチェ

―ゲイリーさん、魂の叫びのような作品になったっていうのも「若さ」という部分から来ているんでしょうか?

ゲイリー:僕が思ったのは、2011年が衝撃的な年だったので、軽い気持ちで音楽やってるような状況じゃないから、真面目にやろうってことですね。

ユコ:『BeVeci Calopueno』も真面目にやったよ?

―(笑)。

ゲイリー:そうなんだけど…

ユコ:でも、わかる。今考えてることをストレートに発信したくなるようなことがたくさん起きたので、自然と状況がそういうテーマを生んだのかもしれないですね。

―どこかにターニングポイントがあったというよりは、昨年1年かけてジワジワと今の方向に向かって行ったという感じでしょうか?

ゲイリー:おっしゃる通り、1年かけてジワジワと、いろんな意識改革みたいなものがあった気がします。

―特に大きいのはどんな部分ですか?

ゲイリー:これまではストレートな音楽を自分がやっても意味がないって思ってたんです。大して歌も上手くないし、ドラムも上手くないから、そういうのはミスチルさんとかコブクロさんに任せておいて、俺は「パンティ! パンティ!」叫んだり、「ユキちゃん愛してる」とか言ったり、それでいいじゃんと思ってたんですけど…できると思ってやることよりも、できないと思って、でもそこに果敢に挑戦し続けることの方が説得力あるじゃないですか? 「俺はこれをやってればいい」を超えて、「俺はこれをやんなきゃいけないんだ」って、1年かけてそういうところにたどり着けた気がします。

ユコ:うん、「やんなきゃいけない」って感覚はあったよね。

ゲイリー:「これをやればいい」っていう発想だと、もうそこで終わりじゃないですか? でも、「これをやりたい」って思ったら、終わりがないから、一生が勉強だし、一生成長し続けないと面白くないしっていうのを考えたら、「プロってきっとそういうことなんだ」って、なんか理解したような気がしたんです。

2/4ページ:俺はやっぱりこういう感じで赤裸々に歌わないと伝わんないのかなって…夜にマラソンしながら気づいたんです(笑)。(ゲイリー)

Page 1
次へ

リリース情報

モーモールルギャバン『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』
モーモールルギャバン
『僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ』

2012年3月21日発売
価格:2,500円(税込)
VICL-63858

1. スシェンコ・トロブリスキー
2. サノバ・ビッチェ
3. MY SHELLY
4. 僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ
5. いつか君に殺されても
6. 午前二時
7. J・O・E
8. それは悲しい唄のように
9. 彼と彼女の日常
10. 気まぐれのように揺れる世界から
[初回限定特典]
・限定ジャケ・カード
・卓上モーモールルギャバン
・メンバー直筆第三弾 直筆サイン入りかもしれない豪華応募抽選券

プロフィール

モーモールルギャバン

ゲイリー・ビッチェ(Dr&Vo)、ユコ・カティ(Key&Vo)、T-マルガリータ(B)。2005年京都にて結成、09年に発表した初フルアルバム『野口、久津川で爆死』が話題になり、10年にメジャー進出を果たす。圧倒的なライブパフォーマンスが話題で、フェスでは常に入場規制、「第4回CDショップ大賞2012」では“ライブパフォーマンス賞”を受賞するなど、ノリにノッテルロックバンドである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』