特集 PR

恐るべし、たむらぱんのアートワーク

恐るべし、たむらぱんのアートワーク

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:田中慎一郎
2012/05/15

正直、以前はCDジャケットの世界に対して表現の幅の狭さを感じてたんです。でも、それは間違いでしたね。(本村)

―毎回ジャケットを作るうえで、苦労するのはどういうところですか?

本村:やっぱり予算ですかね(笑)。まぁ、それは冗談ですけど、最初にデモを聴かせてもらうじゃないですか。僕は専門家じゃないので詳細なことはわからないけど、毎回明らかに前の作品とは違うものがくるわけですよ。それは整理して考えると、スキルがものすごい上がっているってことだと思うんです。それに対して自分が一定だったりすると、そこに追いつかないというか。技術面だけじゃなく、考え方も含めて、ちゃんとアップデートしていかないと申し訳ない気がして。

―相乗効果でお互いを高め合う的な。

本村:単純にCDジャケットをデザインしてるって気持ちでやってるわけじゃなくて。これ、ちゃんとたむらに話したことないと思うんだけど…。

たむらぱん:なに急にそんな(笑)。

本村:青臭いとか言われたら嫌だなと思って。ちょっと嫌じゃん、そういう距離感。

たむらぱん:大丈夫大丈夫(笑)。

本村:例えばアルバムに12曲入ってるなら、ジャケットは13曲目だっていう気持ちというか。彼女自身もそう考えてると思うんですよね。自分がジャケットに出て、それが世の中に広がっていくっていうのは、曲もアートワークも一緒だと思うので。だから、やっぱり「らしさ」ってものが、そのなかにきっちり落とし込まれていないといけないと思うんです。彼女が毎回変化していくように、ジャケット自体もどんどん変化していかないと、そこをしっかり考えていかないとダメだなっていうのは、毎回思いますね。だから、デモを聴いたら、難題をポンと投げられるという感じで、それに必死で応えるというか。ただ自分がやりたいことを表現してるみたいなことでは全然なくて。

本村耕平とたむらぱん

―ちゃんと、たむらぱんの作品の一部として。

本村:そうですね。「綿棒入れたらおもしろいでしょ?」っていうことでは決してないんですよ。だから、かつて誰もトライしなかったような曲を作ったなら、それはきっちりとジャケットにも反映されるべきで…マジメな話やなぁ(苦笑)。

たむらぱん

たむらぱん:ふふふふ(笑)。でも、うれしいですよね。やっぱり、自分の手から離れていく大きいきっかけの部分だし、大事に作ってきた作品の最終地点ですからね。そういうところで考えてることを共有できないといけないなと思うし。それこそ私も逆の立場になったときに、そういう感覚でやりたいなって思うので…っていうマジメな返事(笑)。


本村:なんか、曲も歌詞もそうだけど、表現の仕方はともかく、内容自体は普遍的なことだったりするじゃないですか。「明るく振る舞おうと取り繕ってる自分」とか、誰にでもあるような感情を掘り起こして、それを音楽にしてると思うんですよ。目的で言うと、コミュニケーションだったりとか、共感接点っていう部分がゴールなんじゃないかなっていうのは、聴いていてすごく感じるんですよね。それが、ただ上から振り下ろして、「おれ、どうです?」みたいなジャケットになっちゃうと、彼女のよさも消えてしまうので。

―ただ、おしゃれで飾っておきたいジャケットというより、ちゃんと人間性を反映したジャケットになってますよね。

本村:だから、何を伝えようとしてるかが重要なんだろうなっていうのを、ジャケット制作を通じて勉強させてもらってますね。正直、以前は形もサイズもある程度決められているCDジャケットの世界に対して、表現の幅の狭さを感じてたんです。でも、それは間違いでしたね。今の時代、ネットでダウンロードもできるし、別にCDで買わなくてもいいわけじゃないですか。それをあえて買わせるハードルの高さって、ライブに来てもらう行為に近しいことだと思うんですよね。だから、どう彼女を体験してもらうか。そこはすごいやりがいがありますよね。

―作っている側がそういうことを考えてることがわかれば、毎回どういうジャケットができるのか楽しみになりますよね。

本村:「次はどういう曲なんだろう?」っていうのと同じように、楽しみにしてもらえたらうれしいですね。

たむらぱん:「ここまでやったら、もう後に引けないですよね」って、よく言われますけどね(笑)。

本村:どんどん自分で首を絞めてるよね(笑)。

Page 4
前へ

リリース情報

たむらぱん『new world』初回完全限定生産盤
たむらぱん
『new world』初回完全限定生産盤(CD+DVD)
メジャー活動5周年記念豪華パッケージ仕様

2012年5月23日発売
価格:3,150円
COZA-679〜80

1. new world
2. ヘニョリータ
3. とうまわりゃんせ
[DVD収録内容]
・tamurapan Special Program
・たむらぱんの活動の軌跡が凝縮された必見のドキュメント作品(約60分)
・Premium Acoustic Concert in HIDA TAKAYAMA
・2/25に行われた、地元飛騨高山での凱旋アコースティックコンサートの模様を11曲分収録(約55分)

リリース情報

たむらぱん<br>
『new world』通常盤
たむらぱん
『new world』通常盤

2012年5月23日発売
価格:1,260円(税込)
COCA-16587

1. new world
2. ヘニョリータ
3. とうまわりゃんせ

プロフィール

たむらぱん

田村歩美のソロプロジェクト。作詞・作曲・アレンジはもちろん、アートワークまで手掛けるマルチアーティスト。2007年メジャーデビュー。2008年4月にデビューアルバム『ブタベスト』をリリース。その後各地の大型フェスに出演、初のワンマンライブツアーも成功。2009年2ndAL『ノウニウノウン』、2010年3rdAL『ナクナイ』をリリース。最新アルバムは2012年『mitaina』。たむらぱんとしての活動と平行し、クリエイター田村歩美としても様々なジャンルやフィールドで活動。ロッテ「Fit's」のCMの歌唱、松平健の最新シングル「マツケンカレー」の作詞、アイドルグループbump.y、私立恵比寿中学への詞曲提供など、多岐にわたる活動で多才ぶりを発揮している。

プロフィール

本村耕平

1977年大阪府出身。オレゴン州立 CHEMEKETA COLLEGE, VISUAL COMMUNICATIONS 卒業。2010年、東京ブルーワーカーズを立ち上げる。企画、商品開発、デザインから店舗ディレクションまでを手がける。ADC賞、読売広告賞、日経広告賞、毎日広告デザイン賞、広告電通賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 1

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  2. 「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も 2

    「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も

  3. 二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も 3

    二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

  4. 石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役 4

    石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役

  5. 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開 5

    三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

  6. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 6

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  7. サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ 7

    サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ

  8. 『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加 8

    『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加

  9. 銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材 9

    銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材

  10. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 10

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真