特集 PR

ダサい自分を認める覚悟 bómiインタビュー

ダサい自分を認める覚悟 bómiインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/06/13

嘘はついてもいいけど、自分に後ろめたい嘘はつかないでおこうぜっていう。そこを破っちゃうと次がないですよね。

―「宝美」のときは自分の寂しさとか悲しみを歌にしてたけど、「それって誰もが感じてることだ」っていう認識の上でbómiになったわけじゃない? で、今ってそのbómiのパワーで、寂しさとか悲しみを感じてる人たちの背中を押したいっていう気持ちになってきてるのかな? とも思ったんだけど、どうでしょうか?

bómi:曲に共感してもらえたら嬉しいけど、人に向けて書いてるわけではないんです。どうしても責任の所在が気になっちゃうんですよ。

―というのは?

bómi:たとえば「頑張って」とか、無責任に言えないじゃないですか。もしそんなことを言うんだったら、その人が頑張ってダメだったときに、自分も責任を取らなくちゃって思っちゃうんです。本当はそんなこと考えなくていいんだろうけど…だから、私は人に歌ってるように見えるところでも、やっぱり自分宛てに歌ってるんです。

bómi

―確かに“キューティクル・ガール”にしても、「私」が励ますんじゃなくて、「キューティクル・ガール」っていうキャラクターを作って、その人に励ましてもらうっていう曲だもんね。

bómi:そうなんです。「私だったらこうするよ」ぐらいは言えても、「こうしたらいいよ」とは言えない。人に向けて歌えるってすごいなって思う反面、やっぱり私には到底できないだろうと思うし、私の場合はとにかく自分を掘り下げていこうって。自分を掘り下げていった先に、点でたくさんの人とつながれる瞬間が来るんじゃないかっていう風に、発想を変えたんです。

―そっか、でも何で考え過ぎちゃうんだろうね?

bómi:私ホントダメなんですよ。相談とかされても、すごく一生懸命考えて答えるんですけど、「今の上から目線になってたかも」とか思うと、歯が浮いた感じなっちゃって。曲の中でもそういう感じで。

―そうやって色々と試したり考えたりしながら、しっかり自分のことを理解して、今のbómiの表現スタイルに繋がっていったんだね。

bómi:自分に後ろめたいことはしたくないんです。嘘はついてもいいけど、自分に後ろめたい嘘はつかないでおこうぜっていう。そこを破っちゃうと次がないですよね。どんどん追い込んじゃうことになるから。

―いろんな状況が重なった結果とはいえ、後ろめたさのない、そのままの自分が『キーゼルバッファ』には反映されたと。

bómi:でも、自分の性質はそんなに変わらないっていうか、根っこにあるものは認めざるを得ないから、前の2作もそうなんですよね。そのときの精一杯をやっていたと思います。それで今回、自分の熱い部分はあんまり好きじゃないし、見せたくないっていうのはこれから先も変わらないと思うけど、でも、「持ってる」ってことは認めたというか。

―前の取材では「感動大曲より、一行の共感性が重要」って言っていたけど、考えが変わるのは当然のことで。ただ、その変化がなぜ起こったかを考えることはとても重要で、その意味で『キーゼルバッファ』は大事な作品になったなって。

bómi:他の人にもそう言われましたね…そんなに意識してなかった(笑)。

―自分は意識してないからこそ、外から見ると逆によくわかるっていうこともあるからね。それが作品を出すことの意味かもしれない。

bómi:ああ、そうかもしれないですね。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

メジャー1stミニアルバム『キーゼルバッファ』RELEASE TOUR
TOWER RECORDS presents『NEW TOWER GENERATION 2012 VOL.2』

2012年7月3日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 池下CLUB UPSET
出演:
bómi
宮埼薫
NOVELS
root13.

2012年7月5日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡県 福岡 ROOMS
出演:
bómi
宮埼薫
NOVELS
and more

2012年7月9日(月)START 19:00
会場:東京都 タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE
出演:
bómi
宮埼薫
NOVELS
つづくバンド

2012年7月10日(火)START 19:00
会場:東京都 タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE
出演:
bómi
宮埼薫
NOVELS
root13.

※いずれのライブも完全招待制、応募方法など詳細はオフィシャルサイトからご確認ください

リリース情報

bómi<br>
『キーゼルバッファ』初回限定盤(CD+DVD)
bómi
『キーゼルバッファ』初回限定盤(CD+DVD)

2012年6月20日発売
価格:2,100円(税込)
COZP-633/4

1. キューティクル・ガール
2. PANIC☆アルバイター
3. +magnet−
4. オオカミと少女
5. Someday
[DVD収録内容]
1. “キューティクル・ガール”Music Video
2. “KANZEN Wo Ai Nii!!”Music Video
3. “iYo-Yo”Music Video
[特別付録]
・サラちゃんとおしゃまな早着替え対決!〜勝った方が歌いますよ〜
・キューティクル・ガール「MVゆるメイキング」

bómi<br>
『キーゼルバッファ』通常盤(CD)
bómi
『キーゼルバッファ』通常盤(CD)

2012年6月20日発売
価格:1,575円(税込)
COCP-37368

1. キューティクル・ガール
2. PANIC☆アルバイター
3. +magnet−
4. オオカミと少女
5. Someday

プロフィール

bómi

1987年7月17日、アメリカ生まれ、大阪育ちのK系ガール。2011年、新鋭プロデューサーwtfと出会い、TOWER RECORDS限定ミニルバム『Gyao!Gyappy!!Gyapping!!!』、『OH MY POOKY!!!』をリリース。キッチュでポップでロックなサウンドに持ち前の歌唱力と、バンド形体で4人の女の子がフロントに並ぶワーキャーで超ハッピーなライブパフォーマンスが話題に。また、そのキュートなビジュアルや独特のセンスでファッション界やサブカル界からも注目を集め、最近ではファッション誌のモデルとしても時たま誌面に登場。2012年6月にMajor First Mini Album『キーゼルバッファ』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』