特集 PR

人生との楽しい付き合い方 宮内優里×Ametsub対談

人生との楽しい付き合い方 宮内優里×Ametsub対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希

「ピッ」と「ピーン」だけで表現できるっていうのは、世界でもそんなにいないんじゃないかと思いますね。(宮内)

―では、それぞれの新作についてもお話を伺えればと思うのですが、まず宮内さんの『トーンアフタートーン』ですが、前作がたくさんのゲストを迎えたボーカルアルバムだったのに対し、再びインストの作品になりました。この変化の理由を教えてください。

宮内:僕はわりとレーベルとタッグを組んで作品の方向性を考えてるんですけど、ここ2作品はいわゆる歌ものを出して、特に前回はホントに大好きな人たちに参加して頂いて、同じ方向性でこれ以上のものは考えられなくて。それで、今回はインストにして、曲数もわりとコンパクトにして、シンプルな作品をやろうと。1回フラットな状態に戻してから自由に動き始めようかなって。

―そんな中に、小山田圭吾さんがゲスト参加されています。最初にその話を聞いたときに、音楽的な相性はばっちりだろうなって思いましたけど、作品を聴いたらやっぱりばっちりでした(笑)。

宮内:僕はわりと曲の全体を作ることに集中してしまって、聴き所を作れないんですよ。そういう意味で、前回ボーカルを入れたのはすごくやりやすかったんですけど、インストで聴き所を作るのって苦手で。今回は小山田さんがそういう僕の足りないところを入れてくれた感じで、音楽としての質がすごく上がったように感じましたね。

―改めて、小山田さんのすごさってどんなところで感じました?

宮内:やっぱり、間ですよね。半拍ずらしてくるセンスとか、いい加減にやっても絶対できないところで。エレピの「ピッ」っていう音と、それにリバーブをかけた「ピーン」っていう音だけ入れてくれた曲があって、たったそれだけなのにコーネリアスの音になってるんです。さっき「音を聴いただけですぐわかる」って話がありましたけど、「ピッ」と「ピーン」だけで表現できるっていうのは、世界でもそんなにいないんじゃないかと思いますね。

―『トーンアフタートーン』というタイトルは、どこからきてるんですか?

宮内:最近自分のことを説明するときに、「たくさん音を重ねるのが仕事です」って言い方をしてるんです。「デイアフターデイ」って「来る日も来る日も」って意味なんですけど、「トーンアフタートーン」は「来る音来る音」、とにかく音をいっぱい重ねたっていう意味です。あとは、僕が作った音に小山田さんが重ねたっていう意味も含めて、僕のやってることを説明したタイトルですね。

―Ametsubさんは先ほどあまり自分の作品について説明したくないという話もありましたが、せっかくなので『All is Silence』について話せる部分だけ話してもらえればと思うのですが。

Ametsub:2009年にセカンドを出して、そこから3年間、海外も含めていろんなところでライブをやってきたんですけど、そこで披露した楽曲をまとめたような作品ではあります。だから、3年間の間に作った曲というよりは、わりと前の曲が多くて。ホントはもう少し早くに出したかったんですけど、あれよあれよと時間が過ぎてしまいました。

―タイトルの意味とかは聴き手に自由に解釈してもらった方がいいですか?

Ametsub:そうですね、僕がいろんな場所の何もないところで体験した、自分の中の哲学として根付いてる部分だと思うんですけど。前回の『The Nothings of The North』っていうのも、ちょっと意味合いは違うんですけど、今回の『All is Silence』もそういうようなイメージを継承しています。もっと大きい次元の解釈ではありますけど。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

宮内優里<br>
『トーンアフタートーン』
宮内優里
『トーンアフタートーン』

2012年6月6日発売
価格:2,100円(税込)
RYECD-130

1. toaf_
2. digo_
3. fida_
4. yef_
5. kano_
6. ceof_
7. reioa_
8. wiove_

Ametsub<br>
『All is Silence』
Ametsub
『All is Silence』

2012年6月6日発売
価格:2,310円(税込)
N66CD003

1. Utmost Point
2. Rufouslow
3. Blotted Out
4. Precipice Drive
5. Lucent
6. Vestige For Wind Day
7. Key
8. Dimmur
9. Sun Of Madrid
10. Over 6633
11. Muffled Blue
12. Cloudsfall

CINRA.STOREで取扱中の商品

宮内優里<br>
『トーンアフタートーン』[MP3]
宮内優里
『トーンアフタートーン』[MP3]

価格:1,200円(税込)
小山田圭吾も参加、きめ細やかなポップ・トロニカ!

プロフィール

宮内優里

音楽家。1983年生まれ。これまでに5作品のアルバムをRallye Labelよりリリース。今年6月発売の最新作『トーンアフタートーン』ではゲストプレイヤーにCorneliusこと小山田圭吾が全面参加。エンジニアには神田朋樹を迎えている。ライブではアコースティックギターや打楽器を中心に様々な楽器の音をその場でサンプリングし、たった一人で演奏する”音の実験室”ともいうべき空間を表現する。

Ametsub

2009年にリリースした作品は幅広いリスナーから大きな評価を得て、坂本龍一「2009年のベストディスク」にも選ばれるなど、現在のシーンに揺るぎない独特の地位を決定付けた。SonarSoundなどの大型フェスにも出演し、アイスランドではYagyaやRuxpinと共演。Clammbonのリミックスも手掛け、昨年春にはスペインのLEV Festivalに招聘され、Apparat、Johann Johannson、SBTRKTらと共演。後日、ベストアクトと称され、大きな衝撃を残す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』