特集 PR

人生との楽しい付き合い方 宮内優里×Ametsub対談

人生との楽しい付き合い方 宮内優里×Ametsub対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木下夕希

「自分がやりたいことしかやらない」なんて無理だと思ってたんですけど、「できないことはないな」っていうか、「楽しく生きていけるかも」っていう希望が今はありますね。(宮内)

―お2人の作品を改めて聴き比べると、陰と陽まで言っちゃうと言い過ぎですけど、宮内さんの作品は明るさの中にちょっとせつなさとか寂しさがあって、Ametsubさんの作品はせつなさの中に暖かみがあるというか、そういう対比があるなって思いました。

宮内:個人的にはAmetsubくんの音楽って、暖かさっていうよりは、静けさの中に、ものすごく熱いものを感じるんです。ライブでも一切MCしないし、常に静かなんですけど、でもすごい熱を持ってるのは音から感じますね。ライブもホント対照的で、僕は最近3分の1ぐらい喋ってるんですけど(笑)。

―それはライブに対する考え方に変化があったんですか?

宮内:最近はワークショップとかも始めて、どんどんオープンになってます。僕にとっては人間性がすごく伝わる場所だし、お客さんとの距離が一番近い場所じゃないですか? 昔はライブが大嫌いだったんですけど、今はもっと増やしていきたいし、Ametsubくんともまたやりたいなって。

―Ametsubさんにとってのライブはどういう場ですか?

Ametsub:最近は優里くんとは逆ですね。今までわりと多くやってたんですけど、もうあんまり露出したくないです(笑)。終わった後にたくさんのお客さんから嬉しい感想をもらえるのはやっぱり好きなんですけど、ライブやる前は毎度毎度不安なんですよね。

宮内:そう、すっごい怖がりなんですよ。そのくせめちゃめちゃ難しいことやるんです(笑)。ざっくり聞いただけで、信じられないぐらい難しいことをやっててびっくりしました。

―いろんなフェスに行かれるのと、自分がライブでいろんなところに行くのとは違うわけですね。

Ametsub:違いますね。もちろん、ライブで回る必要性っていうの感じています。でも、いい音楽を作るっていう意味での上昇志向はもちろんありますが、昔は音楽だけで食いたいとかあったんですけど、それは完全になくなって。普通に仕事やって、空いた時間に音楽作って、それを公開できればいいっていうスタンスですね。趣味の延長みたいな感じで。

宮内:「趣味の延長」ってレベルじゃないけどね(笑)。

―間違いないです(笑)。宮内さんは、そういう野心みたいなものってどうですか?

宮内:昔思い描いてたのは、CDの売り上げとライブのギャランティだけで食べるってことだったけど、実際それは難しくて。ただ、今はワークショップだったり、制作のお仕事だったり、いろんなことを複合的にやってて、たくさん弾数を揃えたことで、「音楽だけで食べていけるかも」って実感が出てきてるんです。「自分がやりたいことしかやらない」なんて無理だと思ってたんですけど、自分からどんどん外に出ていくことで、「できないことはないな」っていうか、「楽しく生きていけるかも」っていう希望が今はありますね。

共通して好きなのは、やっぱり顔が見える音楽なんですよね。(宮内)

―お2人とも短くはない音楽活動歴の中で、「自分にとってここだけは大事」っていうものが見えてきてるという印象を受けました。宮内さんは楽しく音楽だけで生活するために、作品の方向性とかはレーベルとも話し合うし、Ametsubさんは自分が作りたいものを作るために、普段は別の仕事をすることもいとわないと。

宮内:その大事にしてるところでは、2人とも我慢してないはずなんですよ。やりたいようにやってるんです。(Ametsubも)そういう考えをきちんと持ってるなって思うから、ちゃんと喋れるんだと思うんです。ぶれてないんですよね、考え方がずっと。ホントかっこいいなって思いますよ。

Ametsub:単純に、騒がれるのが苦手ってだけだと思うけどね。

宮内:僕わりと嫌いじゃない(笑)。

―でも、そういうAmetsubさんのようなスタンスで活動を続けながら、たくさんのフォロワーを生み出してるっていうのはすごいことだと思います。

Ametsub:それはすごく嬉しいですね。自分がどういう音楽をやろうが、それでも追っかけてくれる人がいるっていうのは、すごく嬉しいです。

宮内:Ametsubくんって背中で語ってる感じがあるじゃないですか? 男らしくていいですよね。僕はもう完全に振り返ってるんで、今更背中では語れないです(笑)。

―それぞれ向いてる方向は違っても、音にしても活動の姿勢にしても、しっかり「顔が見える」っていう意味では、共通してるのかなって。

宮内:自分の中で「これはアリ、これはナシ」っていう音楽ってみんなあると思うんですけど、(Ametsubと)それは結構ピタッと合って、共通して好きなのは、やっぱり顔が見える音楽なんですよね。うん、そこは共通してるところかもしれないですね。

Page 4
前へ

リリース情報

宮内優里<br>
『トーンアフタートーン』
宮内優里
『トーンアフタートーン』

2012年6月6日発売
価格:2,100円(税込)
RYECD-130

1. toaf_
2. digo_
3. fida_
4. yef_
5. kano_
6. ceof_
7. reioa_
8. wiove_

Ametsub<br>
『All is Silence』
Ametsub
『All is Silence』

2012年6月6日発売
価格:2,310円(税込)
N66CD003

1. Utmost Point
2. Rufouslow
3. Blotted Out
4. Precipice Drive
5. Lucent
6. Vestige For Wind Day
7. Key
8. Dimmur
9. Sun Of Madrid
10. Over 6633
11. Muffled Blue
12. Cloudsfall

CINRA.STOREで取扱中の商品

宮内優里<br>
『トーンアフタートーン』[MP3]
宮内優里
『トーンアフタートーン』[MP3]

価格:1,200円(税込)
小山田圭吾も参加、きめ細やかなポップ・トロニカ!

プロフィール

宮内優里

音楽家。1983年生まれ。これまでに5作品のアルバムをRallye Labelよりリリース。今年6月発売の最新作『トーンアフタートーン』ではゲストプレイヤーにCorneliusこと小山田圭吾が全面参加。エンジニアには神田朋樹を迎えている。ライブではアコースティックギターや打楽器を中心に様々な楽器の音をその場でサンプリングし、たった一人で演奏する”音の実験室”ともいうべき空間を表現する。

Ametsub

2009年にリリースした作品は幅広いリスナーから大きな評価を得て、坂本龍一「2009年のベストディスク」にも選ばれるなど、現在のシーンに揺るぎない独特の地位を決定付けた。SonarSoundなどの大型フェスにも出演し、アイスランドではYagyaやRuxpinと共演。Clammbonのリミックスも手掛け、昨年春にはスペインのLEV Festivalに招聘され、Apparat、Johann Johannson、SBTRKTらと共演。後日、ベストアクトと称され、大きな衝撃を残す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居