特集 PR

younGSounds×快速東京 対談

younGSounds×快速東京 対談

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:柏井万作

まずはちょうど同タイミングで新作をリリースするふたつのバンドを紹介したい。片やそのライブパフォーマンスもさることながら、本人達が手掛けるグラフィックデザインや映像作品でも熱い視線を浴びている気鋭の高速ショートレンジ・ハードロックバンド、快速東京。そしてもう一方は結成からここまでマイペースな活動を続けてきた、まさにインディー・オールスターと呼ぶにふさわしい豪華メンツを擁するyounGSounds。今回はこの両バンドをお招きして対談を敢行してみることにした。快速東京の『ロックインジャパン』はyounGSoundsの中尾憲太郎がプロデュースを担当しているほか、やけのはらがラップで客演。そしてyounGSounds『more than TV』トレイラー映像の制作は快速東京の福田哲丸が手掛けているなど、制作においても深く関わり合う両者の関係性を紐解いてみることに狙いを置いたのだが、そこから見えてきたのは、ただサウンドの面だけでなく、見せ方なども含めた両バンド独自のスタイルだった。

younGSoundsが結成した時の話は僕も聞いてますけど、ひどいですよね(笑)。(中尾)

―まずはyounGSoundsからお話を伺いたいのですが、そもそもファーストアルバムを作ろうという機運はいつ頃から高まっていたのですか。

モリカワ:口では相当前から言ってましたよ。いつも「今年は出そう!」って(笑)。でも、このバンドは誰も仕切らないもんだから(笑)。全員がその役割を回避しているというか。

―結成当初から作品を残したいっていう気持ちはあったんですか。

モリカワ:どうなんだろう。

中尾:僕が傍から見ていた感じだと、絶対になかったんだと思う(笑)。むしろこのバンドは谷さん(谷口順。younGSoundsの初代ベーシストでレーベルLess Than TVの主宰者)があえてまとめないようにしていたんじゃないかな。結成した時の話は僕も聞いてますけど、ひどいですよね(笑)。

やけのはら:まずモリカワさんと谷口さんから話が始まって。

モリカワ:一緒にやっていたバンド(idea of a joke)が動けなくなったから、また何か始めようっていう話になって。そこでまず「イルリメでも誘う?」ということで、彼に電話をしてOKをもらったんだけど、そのイルリメから「自分1人だと不安だからやけくんも誘って」と言われて(笑)。ギターの(竹久)圏ちゃんは、どこかで会った時にズルズルと引き込んで(笑)。

モリカワアツシ
モリカワアツシ

やけのはら:でも、バンドのビジョンみたいなものはなかったですよね。たぶん谷口さんには何かアイデアがあったと思うんですけど、とりあえず集まって手探りでいろいろ試しては失敗しているうちにこういう感じになったというか。

―かなり自由は感じだったんですね(笑)。

やけのはら:スタジオに入りながらも、「この集まりは一体なんなんだろう」って思ってました(笑)。そのうちライブもやるだろうと思ってたけど、はじめの1年くらいはリハだけでしたよね。

モリカワ:自分たちは面白いんだけど、これを他人が聴いたらどう思うかっていう不安があって。果たしてこれは人前でやっていいものなのかなって(笑)。

―快速東京のお2人はいつ頃からyounGSoundsの存在を知っていたんでしょうか。

哲丸:僕、2回目のライブから観ているんです。

モリカワ:マジで?(笑)

哲丸:僕が高校2年か3年の頃だったんですけど、「なんてヤバいバンドなんだ!」って衝撃を受けて。大学に入って快速東京を組む時も、僕はみんなに「younGSoundsみたいなバンドがやりたい」って言ってて。

やけのはら:それはちょっと盛ってない?(笑)

哲丸:いやいや! 僕はもともとLess Than TVが大好きで、それこそyounGSoundsやデラシネみたいな、早いしハードコアなんだけどポップな側面がある音楽をやりたいと思ってたんです。それをメンバーにも話したんだけど、みんなyounGSoundsを知らないし、教えるにも音源が出てなかったから(笑)。

福田哲丸
福田哲丸

―もともと快速東京のルーツにはyounGSoundsがあったということですね。

哲丸:はい。もっと言えばidea of a jokeが大好きだったので。

一ノ瀬:バンドを始めるときにidea of a jokeの音源をみんなに渡してたよね。こういうのがやりたいって。あまりその意向は反映されてなかったかもしれないけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

younGSounds<br>
『more than TV』(CD)
younGSounds
『more than TV』(CD)

2012年7月18日発売
価格:2,500円(税込)
felicity / PECF-1051 cap-152

1. ヤングサウンズのテーマ
2. HOT SHOT
3. EMBASSEY OF YS
4. EL SANTO
5. HUMAN PSYCHOLOGICAL PARTY
6. BEAUTY BOOTY GIRL
7. CASH MONEY ENTERTAINMENT
8. DA CHASE
9. FORTUNE TELLER
10. ヤングサウンズのDISCO
11. ヤングサウンズのエンディングテーマ

快速東京<br>
『ロックインジャパン』(CD)
快速東京
『ロックインジャパン』(CD)

2012年7月18日発売
価格:2,000円(税込)
felicity / PECF-1050 cap-151

1. エレキ
2. コンピューター
3. ロックンロール
4. ラヴソング
5. でんパ
6. ネジ
7. メタルマン
8. ヒマ
9. テーマ
10. かっさい
11. 変だぜ
12. パピプペパンク
13. ワガママ
14. ゾンビ
15. 超新曲
16. 敏感ペットボトル PART.2 feat.やけのはら

プロフィール

younGSounds

2007年よりライブ活動を開始。現在のメンバーは、モリカワアツシ (vo) 、やけのはら (sampler、rap) 、竹久圏 (g) 、柿沼実 (dr) 、中尾憲太郎 (b) 、miesha (key、cho) の6人。シンプルでポップな躍動感溢れるサウンドによるライブの盛り上がりが評判となり話題騒然のヤングサウンズ。待望のファーストアルバムの発売です。

快速東京

福田哲丸 (ボーカル) / 一ノ瀬雄太 (ギター) / 藤原一真 (ベース) / 柳田将司 (ドラム) 2008年、多摩美術大学の学生同士で結成。吉祥寺を中心に活動し、2010年にはFUJI ROCK FESTIVALの「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演し話題を集める。2011年1月に初の正式音源となるアルバ「ミュージックステーション」を発売。全国各地で中毒者が続出中。メンバーとその界隈で制作したミュージックビデオが世界各地で話題となったり、8月には「プロモーションビデオをマンガで作りたい」というアイディアを自ら企画・制作・編集・デザインした『快速マガジン』なるコミックスを発売するなど、何かと話題の欠かないバンドである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い