特集 PR

younGSounds×快速東京 対談

younGSounds×快速東京 対談

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:柏井万作

何かを目指してこうなったわけではないんですよね(やけのはら)

―この『ロックインジャパン』というアルバムタイトルからもバンドのキッチュなセンスを感じたんですけど、これは?

哲丸:僕らがこのタイトルに関して何か言えることは特にないですね。字面を見た人がフェスを思い浮かべたらそれはそうなんだろうし、それをそのまま英文法の通りに受け取ったとしてもいい。その人が思ったもの全部正解でいいんです。前作の『ミュージックステーション』にしてもそうですね。僕らはホントにただ名付けただけだから。

―それはリリックについても同じこと?

哲丸:そうですね。僕が歌っていること、やっていることに関しては、見たり聴いたりしてくれた人の思ってくれたことが全てなので、僕に言えることは何もないです。

やけのはら:僕らもこうしてメンバーが集まっては入れ替わったりして、そういうひとつひとつが事故だったので、何かを目指してこうなったわけではないんですよね。ホント謎の組み合わせというか。こういうのがやりたいっていうのは一切ないです。

モリカワ:とりあえず何かが起こるだろうとは思ってたけど、実際にこういうバンドになるとは思ってなかったね(笑)。

―もしかすると中尾さんなどが加わってメンバーが初期と入れ替わったことが、こうしてyounGSoundsをアルバム制作に向かわせたところもあったのかなと思ったんですが。

やけのはら:みんな気持ちはずっと前向きだったんです。ただ行動が伴ってなかっただけで(笑)。でも、やっぱりボーカリストとして参加していたイルリメが抜けたときは、多少フェーズが変わった感じはありましたね。ただ、ベースが中尾さんになっても、僕の中ではあくまでも谷口さんとモリカワさんのバンドっていうのは今も変わってないです。

―恐らく中尾さんはメンバー内で一番客観的な視点を持っているんじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

中尾:僕はよく観に行ってましたからね。

中尾憲太郎
中尾憲太郎

モリカワ:たぶん憲太郎くんが一番younGSoundsの音を意識してやってくれてるんじゃないかな。憲太郎くんが初めてこのバンドで弾いてくれたときなんて、もちろん弾いているのは憲太郎くんなんだけど、ちょっと谷さん寄りの音になっていたというか。「憲太郎くん、頑張ってくれてるな」と思ったよ(笑)。

中尾:頑張ってるとか言うのやめてくださいよ(笑)。

やけのはら:お客さんとして見ていたときはどう聴こえてたんですか?

中尾:僕が最初に観たのはまだイルリメがいた頃なんだけど、ものすごい興奮してモリカワさんに声をかけたのを覚えてますよ。最高だと思った。だからその後に「ベース弾く?」って言われた時は、絶対にいやですって言ったんですから(笑)。モリカワさんから正式なオファーの電話があったときも、答えを出すのにちょっと時間をもらったんです。谷さんがやっていたところでベースを弾くなんて、プレッシャー以外の何ものでもないですから。それくらい悩みました。

モリカワ:彼が忙しいのはわかっていたから、俺も声をかけるかどうかは悩んだんだけど、それでも考えられる中でベストなのはやっぱり憲太郎くんだと思って。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

younGSounds<br>
『more than TV』(CD)
younGSounds
『more than TV』(CD)

2012年7月18日発売
価格:2,500円(税込)
felicity / PECF-1051 cap-152

1. ヤングサウンズのテーマ
2. HOT SHOT
3. EMBASSEY OF YS
4. EL SANTO
5. HUMAN PSYCHOLOGICAL PARTY
6. BEAUTY BOOTY GIRL
7. CASH MONEY ENTERTAINMENT
8. DA CHASE
9. FORTUNE TELLER
10. ヤングサウンズのDISCO
11. ヤングサウンズのエンディングテーマ

快速東京<br>
『ロックインジャパン』(CD)
快速東京
『ロックインジャパン』(CD)

2012年7月18日発売
価格:2,000円(税込)
felicity / PECF-1050 cap-151

1. エレキ
2. コンピューター
3. ロックンロール
4. ラヴソング
5. でんパ
6. ネジ
7. メタルマン
8. ヒマ
9. テーマ
10. かっさい
11. 変だぜ
12. パピプペパンク
13. ワガママ
14. ゾンビ
15. 超新曲
16. 敏感ペットボトル PART.2 feat.やけのはら

プロフィール

younGSounds

2007年よりライブ活動を開始。現在のメンバーは、モリカワアツシ (vo) 、やけのはら (sampler、rap) 、竹久圏 (g) 、柿沼実 (dr) 、中尾憲太郎 (b) 、miesha (key、cho) の6人。シンプルでポップな躍動感溢れるサウンドによるライブの盛り上がりが評判となり話題騒然のヤングサウンズ。待望のファーストアルバムの発売です。

快速東京

福田哲丸 (ボーカル) / 一ノ瀬雄太 (ギター) / 藤原一真 (ベース) / 柳田将司 (ドラム) 2008年、多摩美術大学の学生同士で結成。吉祥寺を中心に活動し、2010年にはFUJI ROCK FESTIVALの「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演し話題を集める。2011年1月に初の正式音源となるアルバ「ミュージックステーション」を発売。全国各地で中毒者が続出中。メンバーとその界隈で制作したミュージックビデオが世界各地で話題となったり、8月には「プロモーションビデオをマンガで作りたい」というアイディアを自ら企画・制作・編集・デザインした『快速マガジン』なるコミックスを発売するなど、何かと話題の欠かないバンドである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」