特集 PR

「たくらむ」ための映画術 入江悠×川村元気プロデューサー対談

「たくらむ」ための映画術 入江悠×川村元気プロデューサー対談

インタビュー・テキスト
九龍ジョー
撮影:菱沼勇夫

「こういう映画が作りたい」と企んでるときが一番楽しかった。そのプロセスに一番関われるポジションは何かって考えたら、プロデューサーだったんです。(川村)

入江:川村さんって、ご自分でも学生時代に自主製作映画を撮られてたんですよね。

川村:撮ってました。実は賞も貰ったことがあるんです。でもやっぱり撮影現場が苦手だった(笑)。とくに自主製作映画の規模だと、自分が想像した通りの映像は撮れないじゃないですか。俳優も素人みたいなもので、狙い通りの演技が望めない。

入江:たしかに思い通りにいかないことだらけですね。

川村:思い通りにならないことを面白がれる性格だったらいいんですけどね。もしくはそれも込みで、少しでも良くするための根気があるとか。残念ながら僕には両方ともなかった(笑)。結局「こういう映画が作りたい」と企んでるときが一番楽しかったんです。あと編集も好きだった。じゃ、そのプロセスに一番関われるポジションは何かな、って考えたら、プロデューサーだったんです。

入江:じゃ、今でもあまり撮影現場には行かない感じですか?

川村:いや、もちろん行くこともありますけど、現場に行く前にどれだけ監督と「憲法」を共有できているかっていうことのほうが重要なんです。なので、あまり現場で口を出したりはしないですね。あまりにミスディレクションだと思ったら言いますけど。

入江:それはどんなときですか?

川村:例えばですけど、ある俳優の芝居がちょっと大袈裟だなと思ったとしますよね。それでもオッケーが出ている、と。みんなの前で言うのはアレなので、お菓子を食べながら監督に「演劇みたいですね」ってボソッと言うんです(笑)。で、帰る。するとアシスタントから電話が掛かってきて、「リテイクになりました」「ああ良かった」って。修正を決めるのは監督自身じゃないとダメですから。

撮影の現場ってワーッと盛り上がるだけに、間違った方向にも行きやすいじゃないですか。それを軌道修正するのもプロデューサーの仕事かなって。(入江)

入江:そうやってプロデューサーって現場を客観的に見られる立場でもありますよね。映画撮影の現場って戦場みたいにワーッと盛り上がるだけに、間違った方向にも行きやすいじゃないですか。それを軌道修正するのもプロデューサーの仕事かなって。

川村:そうですね。でもそういう混乱が起こるのは、結局「憲法」が徹底されていないからなんですよ。映画人ってみんな芝居とかカット割りへの細かいこだわりがあるじゃないですか。もちろん僕もそこが好きなんですけど、ただそういった個別の「民法」や「刑事法」については、それが依拠する「憲法」にこう書いてあるからこうなるっていう順序で発想するべきなんです。けっして「民法」や「刑事法」が先にあるわけじゃないっていう。

入江:僕の関わっている映画の多くはインディペンデントな規模の作品なので、まだそれを徹底しやすいというか、全体を見渡せるんですけど、川村さんの手掛けられている映画作品って日本でも有数の予算規模ですよね。トラブルも多いんじゃないですか。

川村:それはもう……そういう仕事ですよ(笑)。ハリウッドには「トラブル・イズ・マイ・ビジネス」って有名な言葉があるくらいで。「トラブルを楽しむ」ぐらいでちょうどいいですよね。

入江:ちなみに、これまでで一番しんどかったトラブルは?

川村:そうですね……『宇宙兄弟』のときのNASAとの交渉はホント疲弊しました。

『宇宙兄弟』 ©2012「宇宙兄弟」製作委員会
『宇宙兄弟』 ©2012「宇宙兄弟」製作委員会

入江:それは想像するのもイヤですね(笑)。

川村:いや、大変でした(笑)。あと、『デトロイト・メタル・シティ』にKISSのジーン・シモンズに出演してもらったんですけど、撮影日直前までホントに来てくれるのか全くわからないっていう……(笑)。

入江:ハハハハ!

川村:Zepp Tokyoを押さえて、エキストラも何千人も入れて、これで来てくれなかったらすべて終わりだぞっていう。あれは、かなり神経をすり減らしました。

入江:川村さんの映画って、実はどの作品でもそういう「えっ!」っていう無茶をしてますよね。

川村:そうなんです(笑)。興行収入には直接結びつかないかもしれないですけど、そういう無茶なエネルギーってお客さんにもどこか伝わるんじゃないかなっていうのを信じているんです。

Page 2
前へ 次へ
『入江悠の追い越し車線で失礼します Driven by 三井ダイレクト損保』

毎週日曜日20:30〜21:00からTOKYO-FMで放送

リリース情報

『世界から猫が消えたなら』
『世界から猫が消えたなら』

2012年10月25日発売
著者:川村元気
価格:1,470円(税込)
ページ数:221頁
発行:マガジンハウス

リリース情報

『宇宙兄弟』(Blu-ray&DVD)
『宇宙兄弟』(Blu-ray&DVD)

2012年12月21日発売
価格:
スペシャル・エディション(Blu-ray):7,035円(税込)
スタンダード・エディション(Blu-ray):3,990円(税込)、(DVD)2,940円(税込)
発売元:東宝

監督:森義隆
脚本:大森美香
出演:小栗旬、岡田将生

リリース情報

『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(DVD)
『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(DVD)

2012年11月21日発売予定
価格:3,990円(税込)
発売元:アミューズソフト/メモリーテック

監督・脚本・編集:入江悠
出演:
奥野瑛太
駒木根隆介
水澤紳吾
斉藤めぐみ
北村昭博
永澤俊矢
ガンビーノ小林
美保純
橘輝
板橋駿谷
中村織央
配島徹也
中村隆太郎
HI-KING
回鍋肉
smallest
倉田大輔

プロフィール

入江悠

1979年、神奈川県生まれ。監督作『SRサイタマノラッパー』(2009)が『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』でグランプリ、『富山国際ファンタスティック映画祭』で最優秀アジア映画賞を受賞。同シリーズ3作目『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(2012)では野外フェスシーンに延べ2000人のエキストラを集め、インディペンデント映画として破格の撮影規模が話題となる。

プロフィール

川村元気

1979年生まれ。東宝の映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『宇宙兄弟』『おおかみこどもの雨と雪』などを製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia 2010」に選出され、11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。今年10月、初の小説『世界から猫が消えたなら』をマガジンハウスより発表、すでに5万部突破のベストセラーとなっている。

\

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場