特集 PR

美しさの中に汚れが欲しい シシド・カフカインタビュー

美しさの中に汚れが欲しい シシド・カフカインタビュー

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:西田香織

ロックスターはステージの上では無敵であって欲しいし、私もそうありたい。

―今はまた感情の赴くままにやれているんですね。では、楽曲に関してはどうでしょう。今回もまたアッパーな曲で攻めていますよね。

シシド:こういうテンポのものが私自身は好きだし、ドラムボーカルっていうスタイルを表現しやすいっていうのもあって、今はこういう楽曲が軸になりますね。

―“music”もそうですけど、“無敵のロックスター”っていうタイトルもかなりストレートで。シシドさんはどういう人を指して“無敵のロックスター”をイメージされているんでしょう?

シシド:ロックのライブを見始めた頃に私はもうドラムを始めていたから、自分が客席からステージを見ていたときも、素直な視点からは見ていないんですよ(笑)。やっぱり自分がステージに立っているところを常に想像していたし、ロックスターっていうのはこうあるべきだっていう理想も自分にはあったから。その、ステージを見ている自分と、それを見ながら理想に描いている二人の自分が、“無敵のロックスター”の中にはあって。

シシド・カフカ

―過去にシシドさんが自己投影したロックスターって、どんな方がいらっしゃるんですか?

シシド:それは特にいないかなぁ。でも、The Rolling Stonesの『Shine A Light』っていう映画があったじゃないですか。あれを観たときは「これがロックスターか!」って思いましたけどね(笑)。でも、自分の中でかっこいいとされるロックスター像って、漠然としているんだけど、確かにあるんです。そういう人達はステージの上では無敵であって欲しいし、私もそうありたいっていう思いがあるんです。悲しい歌を歌っているときも、強くあって欲しいんですよね。そこは別に希望が見えるような曲じゃなくてもよくて。

―強さ、ですか。“music”からはすごく挑発的な印象も受けましたよ。

シシド:(笑)。そうですか?

―だって、歌い出しがいきなり「耳が腐る」ですから!

シシド:確かに(笑)。まあ、それは第一に楽曲の力があって、それに負けない言葉を乗せようとしたら自然とそうなったというか。あと、実際に私も強気なところがありますからね(笑)。


ただキレイなものより、どこかに汚れたところが私は欲しくなる。

―ジャケット写真もインパクトがありますね。これはシシドさんご自身のアイデアから生まれたデザインだと聞きましたが。

『music』ジャケット写真
『music』ジャケット写真


シシド:“music”を最初に聴いたときから、「混沌」っていう言葉がずっと浮かんでいたんです。だからジャケットも混沌とさせたいなと思って。もともとあのイメージはずっと私の中にあったものなんです。だから、「今回はあれでいこう!」みたいな感じでしたね。前回のシングルがモノトーンだったから、今回はカラフルに行きたいなっていう気持ちもあったし。自分からいろんなものがはみ出していく感じを表現したかったんです。

―“music”のどんなところに「混沌」を感じたんでしょうか。

シシド:あのフレーズからして、ものすごく混沌としてません? ギターがずっと競り合って前に進んでいる感じとか。私、混沌っていう言葉にそんなに悪いイメージがなくて。

―なんとなく“デイドリームライダー”のペンキまみれになるMVのイメージとも重なりました。

シシド:あ、言われてみるとそうですね。そこは考えてなかったけど、確かに“デイドリームライダー”のMVを撮ってくれた方と、今回のジャケットを考えた私のイメージには共通するものがあったのかもしれないですね。どちらにしても、ただキレイなものより、どこかに汚れたところが私は欲しくなるというか(笑)。


Page 2
前へ 次へ

リリース情報

シシド・カフカ『music』初回限定盤(CD+DVD)
シシド・カフカ
『music』初回限定盤(CD+DVD)

2013年2月20日発売
価格:1,800円(税込)
TECI-293

1. music
2. リカバリー
3. 無敵のロックスター
[DVD収録内容]
1. music MV
2. 2012.09.19 デビュー記念ライブ「愛する覚悟」ダイジェストムービー
3. Glico「PRETZ」TVCM Making Movie

シシド・カフカ『music』通常盤(CD)
シシド・カフカ
『music』通常盤(CD)

2013年2月20日発売
価格:1,200円(税込)
TECI-294

1. music
2. リカバリー
3. 無敵のロックスター
4. music(Demo version)(ボーナストラック)

イベント情報

『シシド・カフカ「music」Release LIVE2013』

2013年3月8日(金) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪 梅田Shangri-La
料金:前売2,500 当日3,000円(ドリンク別)

プロフィール

シシド・カフカ

ドラムボーカル。6月23日生まれ、175cm。メキシコで生まれ、アルゼンチンで中学時代を過ごす。14歳のときにドラムを叩き始め、18歳でプロミュージシャンの仲間入り。大島賢治(THE HIGH-LOWS)、平出悟(UVERworldサウンドプロデューサー)と出会い、ドラムボーカルとしての才能を開花。同時に、モデル、役者としても活動中。2012年5月16日「デイドリームライダー」で配信デビュー後、大きな話題を呼んだ。精力的にライブ活動も行っており、パワフルでアグレッシブな演奏と、ルックスからは想像できないエモーショナルなボーカルで観客を魅了している。2012年9月19日『愛する覚悟』でCDデビュー。2013年2月20日にシングル『music』を発売。江崎グリコ「PRETZ」のCMでも話題に。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開