特集 PR

音楽が希望であり続けた男 Serphインタビュー

音楽が希望であり続けた男 Serphインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2013/03/21

2009年7月のデビューから約3年半、いまだにアーティスト写真も詳細なプロフィールも公表されていないSerphという音楽家との対話も、今回の取材が3度目となった。nobleからの初作にあたるセカンドアルバム『vent』で急速に注目を集めると、順調にアルバムのリリースを重ねる一方で、平井堅やYUKIといった大物アーティストのリミックスも手掛けるなど、一躍電子音楽界のホープへと成長。周囲の状況が変化していく中で、Serph自身の意識も大きく変化し、特に「なぜ自分は音楽を作るのか」という根本の意識はガラリと変わったと言っていいだろう。『vent』発表以前に行われた人生初の取材で、「他にやることがない」ということを音楽に向かう理由のひとつとして挙げていたSerphは、今「僕の音楽が誰かにとってのささやかな希望になってくれれば」とさえ語っている。つまり、現在のSerphは「自分のやるべきことはこれなんだ」と、能動的に選び取って音楽に向かうようになったのである。ポップさも実験性も、これまで以上に突き抜けたオリジナリティーを誇る新作のタイトル『el esperanka』は、スペイン語で「希望」を意味する「esperanca」を元につけられた。このアルバムは、音楽が希望であり続けた男の力強い決意表明なのだ。

「この人のアルバムがあるから頑張れる」みたいな、そういう強力なアーティストになりたいんです。

―『el esperanka』はフルアルバムとしては、『Heartstrings』以来、2年ぶりの作品となりますね。その間には別名義のReliqとしてのアルバムと、ミニアルバム『Winter Alchemy』のリリースもありましたが、『Heartstrings』までのリリーステンポが早かっただけに、ひさびさの作品のようにも感じます。ご自身としては、リリースのテンポに関してどう感じていらっしゃいますか?

Serph:いつも通りだと思います。「アルバムとしてまとめる機会がやっとめぐってきたな」ってぐらいですね。

―相変わらず、毎日のように曲作りをしていることには変わりないと。

Serph:そうですね(笑)。

―『vent』と『Heartstrings』で、Serphの世界観というものをひとつ確立したと思うんですね。その上で、さらに新しいものを作るために、時間を必要としたんじゃないかとも思ったのですが?

Serph:日々試行錯誤はしていました。同じパターンにはまらないようにしつつ、「Serphらしさ」が出ないかなってずっと作り続けてきた結果がこのアルバムだと思います。アッパーでカタルシスがあるだけじゃない、もっと奥深い、いろんな方向に分かれてるアルバムにしたくて。


―制作の背景にある心境の変化っていうのは、アルバムタイトルにすごく表れてると思ったんですね。資料にある「僕の音楽が誰かにとってのささやかな希望になってくれれば」「従来のやり方、形の希望ではなく、新しい希望が必要」というコメントは、かつて「自分に向けて曲を作ってる」とおっしゃっていた時期と比べ、大きく変わりましたよね。

Serph:そこは「リスナーがいるんだ」っていう実感があったのが大きいですね。でも、リスナーのことを考えないでファーストを作ったから今があるっていうのも事実なので、その部分は変えたくないんです。

―「リスナーがいる」ということを自覚し始めたのはいつ頃からですか?

Serph:『Heartstrings』ぐらいから多少実感が湧き出して、その後リミックスで結構有名な歌手の方から依頼を受けたりもして、少しずつ自覚したって感じですね。規模が大きくなってきてるんだなっていう。

―そうやってリスナーの存在を自覚したことによって、自分の音楽がその人たちにとっての希望になってほしいと思うようになったと。

Serph:そうですね。「この人のアルバムがあるから頑張れる」みたいな、そういう強力なアーティストになりたいんです。

―それって、過去に自分がそういうアーティストに支えられた経験があるからこそ言えることではないかと思うのですが?

Serph:dimliteのファーストからセカンドぐらいは、すごく支えに……というか、生きがいみたいな感じで聴いてましたね。「こんなすごい音を作る人がいるんだ」って、音楽そのものに対して、まだ可能性があるっていうことが感じられたので。

―dimliteは取材の度に名前の挙がるアーティストですが、初めて聴いたときから衝撃的だったんですか?

Serph:衝撃でしたね。Prefuse73とかが作ったインストのロウビートの流れみたいのがあるじゃないですか? そのパターンが決まりきってきたところに、他の音楽の要素も混ぜて、新しいものを作ってたのがすごく面白かったんです。

―Serphの音楽が、誰かにとって、かつての自分にとってのdimliteの音楽のようになってほしいと。

Serph:はい、そう思いますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Serph『el esperanka』(CD)
Serph
『el esperanka』(CD)

2013年3月15日発売
価格:2,300円(税込)
noble / NBL-207

1. twiste
2. magicalpath
3. session
4. vesta
5. parade
6. shift
7. ankh
8. wizardmix
9. felixz
10. curve
11. vitt
12. rem
13. crystalize

プロフィール

Serph

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月、ピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』をelegant discよりリリース。2010年7月に2ndアルバム『vent』、2011年4月には3rdアルバム『Heartstrings』、11月にはクリスマス・ミニ・アルバム『Winter Alchemy』を、それぞれnobleよりリリース。2013年3月に、フルアルバムとしては約二年振りとなる新作『el esperanka』をnobleよりリリースした。より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクト、Reliq(レリク)でも一枚アルバムを発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開