特集 PR

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×宮内優里対談

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×宮内優里対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

「宮内優里」っていう別の人がいるみたいな感じなんですよね。本名なんだけど、芸名でやってるような。(宮内)

―ライブという点では、お二人は活動のスタンスは全く違いますもんね。

藤枝:僕らは腰が重くてしょうがないです(笑)。1、2か月先のスケジュールが決まるのが嫌なんですよね。昔は知り合いのライブを見てから、夜中に本業のデザイナーの仕事をしたり、平気で徹夜したりしてたんですけど、やっぱりそれが難しくなってきて。音楽も、決めた時間でパッと集まって、ガッと作る方が今はいいんです。宮内君は常に一人で作るのって、オンオフとかどうしてますか?

宮内:切り替えは難しいですね。もちろん、曲作りをやってない時間もあるんですけど、Ustreamとか、いわゆるCDを作るのとライブをする以外の活動を考えるのが好きなので、そういうのを毎日ぼんやり考えてます。最近レーベルメイトに「優里さんって、あんまりミュージシャンっぽくないですよね」って言われて。多分、いい意味でですけど(笑)。実際、曲を作るのは好きなんですけど、楽器を練習することがホントにできないんですよ。運指練習とか……。

藤枝:僕も大っ嫌いです。だから、自分ができる範囲のことをやる(笑)。でも、曲を作るときはとりあえず楽器を触る感じですか?

宮内:今回のリミックスもそうなんですけど、「こういうリミックスにしよう」っていうアイデアは全くないまま挑むんですよ。とりあえず、一番盛り上がるところを最初に作るんです。サビのところをずっとループさせて聴きながら、「このギター合うかな?」ってずっとやって、「これだ!」っていうのが出てきたら、それを録って、またループさせて、それをどんどん足していくっていう。

藤枝:でも、それってライブだね。

宮内:ああ……そうかもしれないです。最初はレコーディングを無理やりライブにしてたんですけど、もしかしたら今はライブのやり方で作るようになってるのかもしれない。

藤枝:じゃあ、ライブと曲作りはそんなに遠くないんですね。

宮内:でも、実際お客さんの前で演奏するときには、練習したものを見せるので、実はあんまり即興じゃないんです。僕のライブって、とにかく脳をすごく使うんです。クリックにきちんと合わせないといけないし、アレンジも考えながらやるので。

藤枝:間違えることってないんですか?

宮内:あります、あります。バーッて録っていって、「あ、あれ録ってなかった!」みたいな(笑)。

藤枝:メモってるわけじゃないんですか?

宮内:メモしてそれ通りにやろうとすると、間違えた時にパニックになるんですよ。だから、ゆるくしておくんです。たぶん、忘れたってことは、それはなくてもいいってことなんですよね。欲しくなったら、後で入れてもいいわけですし。でも、大体のざっくりした順番は体で覚えておきたいので、その練習は結構してます。

藤枝:じゃあ、あのライブの前に一人で入念なリハーサルをやってるんだ。その場で飄々とアドリブでやってるように見えるけどね。

宮内:実は結構練習してるんです(笑)。でも、似たようなアレンジになりがちなので、最近はUstreamでは即興だけでやるライブにして、即興のトレーニングをしてます。

藤枝:そういう活動スタイルが今っぽいですよね。Ustreamも使うし、Twitterも使うし、インターネットを使い倒してる! スパングルは何もやってないですからね……(笑)。

宮内:僕はお客さんと会話したりするのが好きなんでしょうね。インターネットで何かをアップすると、お客さんが反応してくれて、またそれに返してっていう。

藤枝:ライブも、MCの方が好きなんじゃないかっていう。

宮内:そうです。最終的には、半分以上MCにしたいんです(笑)。それを見たくてお客さんが来てくれるようになったら、一番いいなと思ってます。

藤枝:それ、50歳ぐらいになったら、だんだん熟練してきて半分漫談みたいになりそう(笑)。

―スパングルはライブ活動を休止してから3年経ちましたが、藤枝さんは「そろそろライブやりたいな」って思ったりしませんか?

藤枝:ないですね。

宮内:はっきりしてていいですね(笑)。

藤枝:人前に出たくないんです。Twitterも、むしろ「知らない人とつながってたまるか」って思ってます。サブアカで情報を得るのは全然いいんですけど、基本つながりたくないんです(笑)。「返事しなきゃ」とか、「知り合いの情報リツイートしてあげようかな」とか、そういう政治的なことがすごく苦手で、だったら割り切って見るだけがいい。自分の名前でSNSをやったことがないです。

宮内:僕の場合は「宮内優里」っていうどこか別の人がいるみたいな感じもありますね。自分の100%パーソナルでSNSをやったことは僕もないです。本名なんですけど、半分芸名でやってるような。

藤枝:宮内君は、プロモーションツールとしてのSNSの使い方が上手いよね。スパングルは誰もやろうとしないし、オフシーズンが長いから、そもそも言いたいこともないんですよ……(笑)。あとライブ活動もそうなんですけど、僕は本業がデザイナーなので、毎日締め切りとの闘いなんで、クライアントに「お前仕事しろよ」って思われるのが嫌で(笑)。

―本業とのしがらみが(笑)。

藤枝:まあライブって、やるならある程度まとめてやっていかないと意味がないし、スパングルはコストパフォーマンスが悪いんですよね。いいライブができるような状態をキープするためには、ちゃんとリハをしていかないといけないし。だから宮内君の、一人で「はいよっ!」って日本の端まで行ける感じがすごく羨ましいんです。

宮内:コストパフォーマンスはめちゃめちゃいいと思います(笑)。リハーサルスタジオも家ですし、最近はスピーカーも自分の車に積んで会場に行くので、電源だけあれば、ホントにどこでもできる状態で。

藤枝:究極的にはギター1本で、弾き語りで歌ってもいいんじゃないかって気がしますね。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『くつやのおんがく』

2013年6月23日(日)OPEN 14:00 / START 15:00
会場:埼玉県 senkiya
出演:宮内優里
料金:前売3,500円(大人) 1,000円(小学生) 無料(小学生未満)

『こうぼうのおんがく vol.3』

第1部『カ本をつくろう ワークショップ』
2013年7月7日(日)OPEN 13:00〜16:00
第2部『ライブ+工房の音を使って音楽制作+トーク』
2013年7月7日(日)OPEN 16:00 / START 17:00
会場:東京都 御徒町WOODWORK
出演:宮内優里
料金:1部(ワークショップ)+2部(ライブ)チケット7,000円(ドリンク別)
2部(ライブ)のみチケット 3,000円(ドリンク別)

プロフィール

Spangle call Lilli line(スパングル コール リリ ライン)

1998年結成。メンバーは大坪加奈、藤枝憲、笹原清明の3人。今までに10枚のアルバム、2枚のシングル、3枚のライブアルバムと、ベストアルバム2枚をリリース。数々のコンピレーションアルバムなどにも参加。ボーカル大坪加奈による「NINI TOUNUMA」名義のソロや、藤枝&笹原による「点と線」名義でのリリース、国内外のアーティストの作品への参加など、サイドプロジェクト等も精力的に活動。

宮内優里(みやうち ゆうり)

音楽家。1983年、和太鼓奏者の父とジャズシンガーの母のもとに生まれる。これまでに5作品のアルバムをRallye Labelよりリリース。アルバムには高橋幸宏、原田知世、小山田圭吾、星野源等をはじめ、国内外問わず様々なアーティストとのコラボレーション作品を収録。ライブではギターと打楽器を中心に様々な楽器の音をその場でサンプリング/ループし、たった一人で演奏する”音の実験室”ともいうべき空間を表現する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」