特集 PR

視聴覚ユニットの誕生 みみめめMIMIインタビュー

視聴覚ユニットの誕生 みみめめMIMIインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2013/08/15

実はユニット名よりも先に「視聴覚音楽」っていう言葉が二人の中から出てきたんです。

―実際に、どういう経緯でユニットが結成されることになったんですか?

ユカ:私が事務所に所属するようになって、今回のアニメのタイアップのお話をいただいた中で、「ちゃもーいの絵と私の歌でコラボしたらどうだろう」っていう話が出て、その話が事務所の方も含めてすごく盛り上がったんですね。それで話が一気に進んで行ったんです。

―音楽とビジュアルのコラボレーション自体は他にもあると思うんですけど、そのほとんどはまずアーティストがいて、それを支えるクリエイターの1人としてイラストレーターがいるっていう構図だったと思うんですね。でも、みみめめMIMIは二人が同じラインに立ってる。そこがすごく面白い部分ですよね。

ユカ:私たちが思ってるのは、音楽には「聴く」だけじゃない、「見て、聴く」っていう形もあって、それによって作品もより浸透するっていうことで。実際に私も、ミュージックビデオがきっかけでアーティストの虜になったこともありましたし。

みみめめMIMI“Mr. Darling”のPVより(画:ちゃもーい)
みみめめMIMI“Mr. Darling”のPVより(画:ちゃもーい)

―たしかに音楽にとっても、視覚的要素ってすごく重要ですよね。

ユカ:はい。なおかつそれを、1/2+1/2ではなくて、ちゃんと1+1の関係で作り上げることが重要だと思うんです。今まで私が作って歌ってきたものを何ひとつ変えず、彼女も描いてきた世界観を何ひとつ変えず、お互いの持ってるものをそのまま合わせたい。そういう話をしたときに、実はユニット名よりも先に「視聴覚音楽」っていう言葉が二人の中から出てきたんです。

―なるほど。きっとアニメのために引き合わされた二人だったら、こうはなってなかったでしょうね。やっぱり、お互いのことをもともと知っていたからこそ、一気にユニットまで話を発展させることができたんだろうなって。

ユカ:お互いいつか一緒にやりたいと思ってたし、お互いの描きたい世界観が一致してたので、それは大きいと思います。お互い遠慮して相手に合わせるんじゃなくて、お互いが持ってるものをそのままぶつけられるっていう。

―二人の世界観が一致してたっていうのは、具体的にはどんな部分だったのでしょう?

ユカ:私の声って「ハスキーだけど可愛い」みたいに言われることが多くて、でも歌の世界はポップなんですよね。彼女が描いてるのも、基本的にはポップなんだけど、ちょっとゴチャゴチャしてるというか(笑)。まず、そういう色合いの相性がすごくいいんです。

センチメンタルラブ”のPVより(画:ちゃもーい)
みみめめMIMI“センチメンタルラブ”のPVより(画:ちゃもーい)

―たしかに、「ポップ過ぎない」とか「可愛過ぎない」っていうのはありますよね。基本的にはポップだし可愛いんだけど、声もイラストもちょっとエッジが効いてるというか。そこが「視聴覚」っていうアカデミックな響きを持つ言葉にもフィットしてる。

ユカ:そう言ってもらえるのはすごく嬉しいです。可愛いけどかっこいいものを作りたいと思ってて、二人でよく言ってるのは、「丸より三角形を作ろう」っていうことなんですね。

―ああ、ちょっと尖ってる部分があるっていう。

ユカ:これは私が一人でやってる頃から思ってたことなんですけど、やっぱり女の子なので、見た目で「可愛らしいね」みたいに判断されちゃうことがすごく多くて、それが嫌だったんです。だから、「かっこいいものを作りたい」っていうのはずっと思ってて、それは彼女もわかってくれてます。いつかは一目見ただけで、一聴しただけで、「みみめめだ」ってみんなにわかってもらえるような世界観を作っていきたいですね。

今の時代、国境は関係ないと思っているので、日本のポップカルチャーとして世界の人に見てもらいたいっていうのは夢としてありますね。

―ちゃもーいさんはどんな性格の人なんですか?

ユカ:ホントに、ちゃもーーいって感じの性格です(笑)。

―わかんないです(笑)。

ユカ:いや、ホントにそうなんですよ(笑)。ちゃもーいの名前の由来が、ポケモンに「ちゃもーい」って鳴くキャラクターがいて、可愛いと思ったからつけたらしいんですけど、とにかくひたすらゆるいんです(笑)。ただ、絵に関しては本当に真面目で、休みの日とかは家に籠って、タイムアタックみたいな感じで、時間を計って絵を描いたり、すごくストイック。でも、しゃべると柔らかくて、ちゃもーい感が溢れてるんですけど(笑)。

―ぜひ一度お会いして、その「ちゃもーい感」を確認したいです(笑)。二人でいるときはどんな風にアイデアを出し合ってるんですか?

ユカ:二人で「みみめも」っていうノートを作っていて、ちょっとでも「これみみめめにいいかも」って思ったら、すぐにメモを取ったりしてます。それを週に1回の「みみめめ会議」ですり合わせるんです。まあ、「みみめめ会議」って、要するに「こんなことしたいあんなことしたい会議」というか(笑)、何でも楽しく想像するっていう。限界を決めたくないっていうのがまずあるんですよね。

―音楽とイラストのユニットっていう時点ですでに限界を突破してるというか、その組み合わせがアリだったら、他のことも何でもできそうですよね。

ユカ:そうですね。基本は「何でもアリ」っていうスタンスでいたいと思ってます。

―ジャケットやミュージックビデオに登場するMIMIちゃんはどうやって生まれたんですか?

ユカ:実は、これは私がモチーフになってるんです。私が顔を出さない代わりに、みみめめMIMIの世界を駆け回る女の子を作ろうっていうことで生まれました。

MIMI
MIMI

―やっぱり、「みみ」がポイントになってますよね。「め」も大きいし。他には、何かこだわった部分ってありました?

ユカ:将来的には、「日本の視聴覚音楽をやってるユニット」っていうことで、他の国の人にもみみめめワールドを知ってもらいたいと思っているので、腕に神社のような……

―あー、これ鳥居なんだ!

ユカ:そうなんです!(笑) 今の時代、国境は関係ないと思っているので、日本のポップカルチャーとして世界の人に見てもらいたいっていうのは夢としてありますね。外人さんじゃなくてもいいんですけど、MIMIちゃんに恋する男の子がいてほしいなって思います(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

みみめめMIMI<br>
『センチメンタルラブ』初回限定盤(CD+DVD)
みみめめMIMI
『センチメンタルラブ』初回限定盤(CD+DVD)

2013年8月14日発売
価格:1,680円(税込)
AZZS-17

1. センチメンタルラブ
2. 閃光ハナビ(枝葉柚希 CV中島愛、御島明日香 CV佐倉綾音、神咲七海 CVタカオユキ)
3. センチメンタルラブ(Instrumental)
4. 閃光ハナビ(Instrumental)

みみめめMIMI<br>
『センチメンタルラブ』通常盤(CD)
みみめめMIMI
『センチメンタルラブ』通常盤(CD)

2013年8月14日発売
価格:1,260円(税込)
AZCS-2028

1. センチメンタルラブ
2. Am I Ready?
3. センチメンタルラブ(Instrumental)

プロフィール

みみめめMIMI(みみめめみみ)

シンガーソングライターの<ユカ>と学友であるイラストレーターの<ちゃもーい>からなる目と耳から刺激する新世代視聴覚ユニット。ユカ(音楽&ヴォーカル)は中学より本格的な作曲活動を開始。数々のデモテープオーディションに申し込むも落選を繰り返しながら、創作活動、ライブ活動を続けてきた。ちゃもーい(グラフィック)はポップでキュートな世界観のイラストで、earth music&ecologyと初音ミクのコラボ第三弾のビジュアルや、渡辺麻友3rdシングル「ヒカルものたち」イラストブックなどを手掛ける新進気鋭のイラストレーター。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生