特集 PR

伝統はアヴァンギャルドから始まった 沢井一恵インタビュー

伝統はアヴァンギャルドから始まった 沢井一恵インタビュー

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望

1979年、夫の沢井忠夫とともに「沢井箏曲院」を設立し、坂本龍一やジョン・ケージ、ジョン・ゾーン、一柳慧、そして高橋悠治と、様々な作曲家や音楽家と積極的にコラボレーションを行い、日本の伝統楽器としての「箏」と、西洋音楽や現代音楽、ジャズ、即興音楽との接点を探求してきた箏曲家、沢井一恵。彼女が出演する東京発・伝統WA感動『音の息吹き』が、今年10月5日(土)に東京文化会館で開催される。森山開次や平山素子らコンテンポラリーダンサーと和楽器のスリリングな競演は、これまでまったく邦楽(能楽、浄瑠璃などを含む日本の伝統音楽)に触れる機会がなかった人々に、その魅力を伝える有意義なものだ。自ら進んで「邦楽界の異端児」となり、日本の伝統楽器である箏を用いたアヴァンギャルドな演奏にも果敢に挑んできた沢井。その目指すところはどこにあるのだろうか。彼女の考える「伝統」とは? 沢井箏曲院の稽古場を訪ね、話を訊いた。

和楽器が伝統なのではなく、その内側にある美学や哲学を伝えていくことが伝統。

―私たち西洋音楽にどっぷりつかった世代にとっては、邦楽を耳にする機会というのがなかなかなくて、何となく取っつきにくいというイメージを持っている人もたくさんいると思うんです。そもそも、西洋音楽と邦楽は、どのような違いがあるものなのでしょうか。

沢井:西洋音楽と邦楽とでは、価値観がまるで違うんです。西洋音楽は、音を並べて積み重ねていく構築的な仕組みになっているのですが、邦楽は音を含めた「空間」がすごく大事というか、音自体がものを言う音楽。例えばお箏は、決して大きな音がするわけじゃないけど、1音をパッと出したときの存在感が全てなんです。思うに、邦楽器って音が鳴りにくいようにできているんじゃないでしょうか? 尺八にしてもそうだし、打楽器も、「パーン!」ってロングトーンで鳴り響くようには作られていない。その代わり、すごく凝縮された短い音を出すんです。

―意図してそういう作りになっているのでしょうか?

沢井:最初はね、そういった楽器を改良してこなかったのは、演奏家たちの怠慢だったのかなって思っていたんです(笑)。でも、続けるうちにそうじゃないことがわかった。私たち日本人のDNAというか、培ってきた文化や美学がそこに継承されているんじゃないかなって思うようになりました。

―空間、つまり「間」を大事にするということですね。そういった日本人の美学は、いつ頃から確立されたのでしょうか。

沢井:お能や狂言、水墨画など日本を代表する様々な文化は、そのほとんどが室町時代に発展しました。例えば京都の庭園もそうですけど、要らないものを排除して、必要なものを配置していく。書道も同じで、真っ白な大きな紙に墨でグワッと、まるでそこに宇宙を表すかのように書く。それをするには、エネルギーが必要です。邦楽器の音が出にくい構造になっているのも、その楽器を鳴らすためにものすごいエネルギーを注入させるためなんじゃないかと思うんです。そんな日本人の美学そのものが「伝統」なんじゃないかって。決して和楽器が伝統なのではなく、その内側にある美学や哲学を伝えていくことが伝統なんです。

沢井一恵
沢井一恵

―そうした日本の伝統に触れたことのない若い人や外国人が、ある日突然それに目覚めるということがあるそうですね。「邦楽はつまらない」っていう従来の先入観を特に持たない世代が、衝撃を受けることが増えてきたと実感することが多くなったとか。

沢井:そうなんです。今までの西洋音楽にはなかった魅力を、「分かる」というよりは「感じる」ようになってきたというか……。以前、ロシア人の音楽家ソフィア・グバイドゥーリナが、この稽古場に遊びに来てくれたことがあったんです。彼女が現代音楽の巨匠だなんて、私は全く知らなかったんですけど(笑)。それで、私や弟子たちの演奏を聴かせたら、「なんて素晴らしい楽器なの!  こんなの知らなかったわ!」と興奮しながら、自分でも爪弾きだした。「この楽器には(普通の弾き方以外にも)もっと素晴らしい可能性がいくらでもあるわ。だから、今まであなたたちが弾いたこともないような譜面を私、絶対に書くから」って言って、そのまま帰っていったんです。そんなに偉い人なんて知らなかったものだから、「あら、そうですか。そんなに気に入ったなら是非書いて下さいよ」なんて気軽に頼んでしまって(笑)。そしたら本当に楽譜が来たんですよね。

―それはどんな曲だったのですか?

沢井:どうやって弾くか、ちょっとやってみましょうか? (といって、ガラスのコップを使ってペダルスティールのように箏を演奏する)……さて、これは伝統と言えるでしょうか?(笑)

沢井一恵

―すごいですね。スティールギターはありますが、箏では初めて見ました。

沢井:私はね、お箏が世界にも通用する楽器であってほしいとずっと思っているんです。もちろん、日本の大事な伝統音楽を演奏するための大事な和楽器ではあるんですけど、「世界の中でもいい楽器でありたい」って。それを探るのが私のやってきたことなんじゃないかって思うんです。もちろん、スタンダードな演奏も日常的にやっていますし、人に教えるときは古典から始めます。でも「古典」だけで、お箏の持っている素晴らしさを全部伝え切れるのかな? と疑問にも思う。だから、外国の演奏家と出会ったときには、単に伝統音楽を聴かせるだけじゃなくて、「せっかく音楽家同士なんだから、一緒に何かできませんか?」って提案してみることにしているんです。

Page 1
次へ

イベント情報

東京発・伝統WA感動『音の息吹き』

2013年10月5日(土)18:30開演
会場:東京都 東京文化会館 大ホール

[第一部]
雅楽・管絃『舞風神』
出演:伶楽舎

能楽・素囃子『獅子』
出演:藤田六郎兵衛、曽和正博、大倉慶乃助、観世元伯

尺八『泰山』
出演:川瀬順輔社中

[第二部]
(未定)
出演:藤舎名生、森山開次

『幽寂の舞』
出演:三橋貴風、帯名久仁子、野澤徹也、西陽子、丸田美紀、中井智弥、沢井一恵、平山素子、加賀谷香

料金:一般4,000円 学生2,000円

プロフィール

沢井一恵(さわい かずえ)

宮城道雄に師事。東京芸術大学卒業。沢井忠夫と共に沢井箏曲院設立。古曲、邦楽の意義を探す為、洋楽との差異、接点に活動視野を拡げる。ジョン・ケージとの出会い、ロシア人作曲家、ソフィア・グバイドゥーリナとの共同作業、即興演奏を経て、箏コンチェルトへと発展、 2010年佐渡裕指揮による、坂本龍一作曲「箏コンチェルト」を世界初演。世界中の音楽シーンで、箏音楽の真価を問い続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開