特集 PR

現実は小説よりもバカバカしい リリー・フランキーインタビュー

現実は小説よりもバカバカしい リリー・フランキーインタビュー

インタビュー・テキスト
さやわか
撮影:西田香織

凶悪殺人で死刑囚となった男が、自分の犯したさらなる3つの殺人について、監獄から告白を始める。首謀者とされる「先生」と呼ばれる人物について聞かされたジャーナリストは次第に事件にのめり込み、真相を世に公表するために調査を開始する。実際にあった事件を題材にしたノンフィクションを原作にしつつ、監督・白石和彌がシリアスな犯罪映画として、またひりつくようなエンターテイメントとして結実させた映画『凶悪』。事件の真相を暴き出そうとするジャーナリストを山田孝之、未解決事件を獄中から告発する死刑囚にピエール瀧、ジャーナリストの妻を池脇千鶴が演じる豪華キャストも話題だ。特に、「先生」役をつとめたリリー・フランキーは、悪の権化ともいうべき絶対的な「凶悪」の存在感を醸し出し、作中で異彩を放っている。イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家……と数え上げれば切りがないほどに表現者としても多才な彼は、この作品をどう読み解いたのか。そして本作のテーマとなっている「悪」とは何かを問うているうちに、社会全体の「二面性」とリリー本人の人生観が交差する取材となった。

監督が犯人役に俺とピエール瀧を指名してることで、その時点で「この人、ふざけてる人なんだな」と思って。

―映画『凶悪』でどういう演技をするのか、何かプランはありましたか?

リリー:全くないですね。基本的に監督の言いなりの状態で、何のビジョンもなく。ただ今回わかりやすかったのは、監督が犯人役に俺とピエール瀧を指名してることで、その時点で「この人、ふざけてる人なんだな」と思って。つまり、すごくシリアスなサイコキラーでもなく、狡猾な錬金術師でもなく、仕事じゃないときの俺らのいつもの感じのような、どこかデレッとした犯人像を想定してるんだろうなと感じましたね。

リリー・フランキー
リリー・フランキー

―冷淡すぎるわけでもなく、日常的な悪ふざけの延長のような感覚で殺人をやってしまう犯人像ですね。

リリー:「先生」の殺人は、瀧とか俺が飲み屋で照明のロウソクを横にいる友達にたらして面白がってることの延長みたいな感覚なんですよね。それは「先生」がなぜ人を殺すのかという理由に関わってくるんですけど、演じながらどんどんそのことに気がついていきました。

―ということは、リリーさんが演じた「先生」という役は、一応は事件の首謀者という立場になっているけれど、本質的な意味で「凶悪」な人物とは思わないということですか?

リリー:というかまあ、この映画を冷静に見ると、登場人物が全員悪の部分を持ってるんですよね。たぶんそれが監督の意図してるところだと思う。誰が凶悪かというのは、俺でもないし瀧でもないし、ジャーナリストの藤井を演じた山田くんでもないし、他の人でもない。まんべんなく、みんな悪いじゃないですか。それは、殺される人の家族も含めて。あと、個人的には、人殺しのシーンより藤井の家庭のシーンを見ているときのほうが心が重い。藤井は現実逃避して家庭を顧みないようにしているし、奥さん役の池脇さんも秘密を抱えてるし。そして事件の真相を暴こうとしている藤井は最終的に、先生を死刑にしたいという気持ちで動いてるわけで。だからバットマンとジョーカーみたいに勧善懲悪がついてるお話じゃない。

―殺人シーンと藤井の家庭の重苦しさの対比は面白いですね。

リリー:人を殺してるシーンのほうがファンタジーというか、一般の日常から少しかけ離れてますよね。藤井の生活のほうは、本当に見ててしんどい。映画で主人公の私生活を描くと蛇足になることが多いけど、この映画はそこがすごく活きてる。藤井が日常と非日常、善と悪をさまよっていて、その対比になっているし、すごくストイックな主人公として描かれているからこそ、その両極端が重く効いてる。だから余計に殺しのシーンがポップに見えるんだと思う。

―初めて山田さんとリリーさんが対面するシーンは、二人の気迫がすごく伝わる芝居でした。

リリー:あそこは監督から、長すぎるくらい間を取れって言われましたね。撮影現場でちゃんと山田君に会ったのも、あれが初めてです。もちろん顔合わせもしたし、すれ違うようなことはありましたけど。でも山田君も意識してたのか、最後まで現場で会うことはなかった。スタッフも意図的に会わせないようにしてたのかもしれない。初対面のシーンを本当に初対面の状態で演じたので、むしろやりやすかったですね。

Page 1
次へ

作品情報

『凶悪』

2013年9月21日(土)から新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:白石和彌
脚本:高橋泉、白石和彌
原作:新潮45編集部編『凶悪 ―ある死刑囚の告発』(新潮文庫刊)
出演:
山田孝之
ピエール瀧
池脇千鶴
リリー・フランキー
配給:日活

プロフィール

リリー・フランキー

1963年11月4日生まれ。福岡県出身。イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲などさまざまな分野で活躍。俳優としても、主演を務めた『ぐるりのこと。』(08)で第51回ブルーリボン賞・新人賞を受賞するなど高い評価を得ている。そのほかの主な出演作品に『色即ぜねれいしょん』(09)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10)、『モテキ』(11)、『アフロ田中』(12)、『きいろいゾウ』(13)などがある。公開待機作品に『そして父になる』(9月28日公開)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら