特集 PR

TERAKKOたちを突き動かすプロジェクト 小川希インタビュー

TERAKKOたちを突き動かすプロジェクト 小川希インタビュー

インタビュー・テキスト
岡澤浩太郎
撮影:高見知香
2013/09/26

若手アーティストによる自主企画の公募展『Ongoing』から発展した、吉祥寺のアートスペース「Art Center Ongoing」(以下、Ongoing)。この場所を主宰する小川希は、東京都及び東京文化発信プロジェクト室と協働して2009年から「TERATOTERA」(テラトテラ)というアートプロジェクトをスタートさせた。高円寺から国分寺まで、中央線沿線の寺と寺をアートで結ぶ試みは、「地域とアート」と聞いて想像されがちなものとは異なった自然発生的な展開を見せ、地元の人たちを中心に多くの反響が寄せられている。今年5年目を迎えた「TERATOTERA」のこれまでの活動を振り返りつつ、10月の『東京クリエイティブ・ウィークス』期間中に開催される『TERATOTERA祭り2013』について小川にたずねた。

僕がやっていることを面白がってくれる人たちには共通点があって、現状に対して「これじゃダメだ」と思っていたり、既存のシステムを疑い始めていたりする人が多いんです。

―TERATOTERA(テラトテラ)が始まった当初、小川さんは「Ongoingでやってきたことを、もう少し広い地域に拡大する」「中央線沿線の街と街をゆるやかにつなげる」という目標を掲げていたそうですが、今のところどの程度まで達成できましたか?

小川:吉祥寺バウスシアターやライブハウスの人たちと街ですれ違うと、「今年は何かやらないの?」「また変なことをやってよ」という話になるんです。なので、TERATOTERAという名前を知ってもらえて、ゆるやかで広いつながりができてきたとは思います。それと、普段から地域や街を意識している人たちや、武蔵野市など行政の方たちの中には「アートで人と人、街と街をつなぐことができる」と考える人がここ数年で増えてきているみたいで。

―吉祥寺くらいメジャーな街だと、特にアートをうたう必要もなく、すでに上手くいっているようにも見えますけど……。

小川:それが、最近の吉祥寺はチェーン店ばかり増えていたり、そういう状況に地元の人たちが凄く危機感を持っているみたいなんです。そこでTERATOTERAの活動に可能性を見出してくれる人が多くて、自治体や民間の商工会から呼ばれて僕が話をすることもよくあるんです。

『TERATOTERA』代表 小川希
『TERATOTERA』代表 小川希

―街の人たちからは「アートを使って何かできないか?」みたいな話が来るわけですか?

小川:まさにそうです。そもそもこの地域は過疎化しているわけではないし、インフラもお店もいくらでも整っている。だからアートで人をいっぱい呼び込むのではなく「アートを使って街の人々を盛り上げる」「今まで気づかなかった地元のいいところを見つけてほしい」「地域の中で人と人のつながりを作りたい」というのが多いですね。

―とはいえ、地元の人だってアートに興味のある人とない人に大きく分かれますよね。

小川:もともとアートに興味がなかった人で、僕がやっていることを面白がってくれる人たちには共通点があって、現状に対して「これじゃダメだ」と思っていたり、既存のシステムを疑い始めていたりする人が多いんですね。「アート」ってそもそも訳のわからないものじゃないですか。「何かを変えたい」「このままではいけない」って、自分が考えていたものが揺らいでしまっている状況だからこそ、訳のわからないものに理解を示してくれるのかなと思います。

Art Center Ongoing店内風景

―いわゆる街おこし的な「◯◯ビエンナーレ」とは違うかたちで、地元の人がアートを求めているわけですね。小川さんはTERATOTERAだけでなく、『小金井アートフル・アクション!』や『六本木アートナイト』などのアートプロジェクトにも関わっていますが、それらとTERATOTERAの違いは何でしょう?

小川:一番の違いは、やっぱりボランティアの方たちとの関係性だと思いますね。TERATOTERAではTERAKKO(テラッコ)というボランティアがたくさん活躍しているんですけど、彼ら同士のネットワークが凄く広がってきているんですよ。また、彼らは事務局から何かの仕事を振られてやるようなボランティアではなく、プロジェクトに対して積極的で自分の考えや思いがあるんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『TERATOTERA祭り2013』

『TERATOTERA MALL SUMMIT 商店街サミット』
2013年10月5日(土)19:00〜21:00(18:30開場)
会場:東京都 高円寺 AMPcafe 2F
出演:
新雅史(社会学者)
松本哉(古物商)
セルフ祭り代表者(大阪)
六角橋商店街代表者(横浜 / 白浜)
定員:35名
料金:無料(要予約)

志村信裕
『映像インスタレーション』

2013年10月11日(金)〜11月4日(月・祝)
会場:東京都 吉祥寺 コピス吉祥寺内 吉祥空間sora A館3F屋上
時間:日没から
料金:無料

東方悠平
『先こぼれ芝天狗 in ルミネ荻窪店』

2013年10月15日(火)〜10月31日(木)11:00〜22:00
会場:東京都 荻窪 ルミネ荻窪店
料金:無料

『TEMPO de ART 2013』
2013年10月20日(日)〜11月17日(日)
会場:西荻窪駅周辺の各店舗
時間:各店舗の営業時間による
料金:無料

off-Nibroll
『街にひそむ』

2013年11月16日(土)17:30〜(開場17:00)
会場:東京都 阿佐ヶ谷 阿佐谷けやき公園プール
料金:無料(予約不要)
※来場者が多数の場合は入場制限あり

プロフィール

小川希(おがわ のぞむ)

1976年東京生まれ。2001年武蔵野美術大学映像学科卒業。2004年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2007年東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。2002年から2006年にわたり、東京や横浜の各所を舞台に大規模な公募展覧会『Ongoing』を企画、開催。2008年に既存の価値にとらわれない文化の新しい試みを恒常的に実践し発信する場を目指して、東京・吉祥寺に芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立。現在、同施設代表をつとめる。また、2009年よりJR中央線・高円寺駅〜国分寺駅周辺地域で展開するアートプロジェクト『TERATOTERA』のチーフディレクターや、武蔵小金井のアートプスペース『シャトー2F』のアートディレクターも兼任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も 1

    土屋太鳳と芳根京子がキス寸前 『累-かさね-』場面写真に浅野忠信らの姿も

  2. 「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も 2

    「ほぼ日手帳2019」ラインナップに横尾忠則や荒井良二ら、『ドラえもん』も

  3. 二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も 3

    二階堂ふみ&GACKT『翔んで埼玉』特報&ビジュアル公開 加藤諒の姿も

  4. 石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役 4

    石塚運昇が逝去、67歳 『ポケモン』オーキド博士や『ビバップ』ジェット役

  5. 三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開 5

    三浦大知が標高2800mの山頂で即興ダンス サントリーPEAKERの新CM公開

  6. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 6

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  7. サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ 7

    サマソニで初来日 チャンズ・ザ・ラッパーのニューチャプターを目撃せよ

  8. 『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加 8

    『モンパチフェス』第5弾発表でエゴ、BRAHMAN、LITTLE TEMPO、山嵐ら追加

  9. 銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材 9

    銀座ソニーパークの粋なコンセプトとは?TOKYO FM森田太に取材

  10. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 10

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真