特集 PR

お手軽なものに対して狼煙を上げたい 木ノ下歌舞伎インタビュー

お手軽なものに対して狼煙を上げたい 木ノ下歌舞伎インタビュー

インタビュー・テキスト
徳永京子
撮影:豊島望

爆音で鳴り響くテクノミュージック、焚き付けられるストロボの嵐、サングラスに短パンの登場人物、ポンポンを激しく振り乱すジャージ姿のダンサー。わずかでも「歌舞伎」をイメージして観た人は面食らうようなステージで話題を呼び続けている京都の劇団・木ノ下歌舞伎が『フェスティバル/トーキョー13』に登場する。

歌舞伎や文楽などの伝統芸能は、代々続く家系に生まれたり、相当の修行を積んだ人しか手を出せないジャンルだと考える人は少なくない。だが、本当の古典芸能とはとてつもなく自由で、戯曲や美術や音楽は果てしないポテンシャルを秘めているということを、木ノ下歌舞伎は作品で証明してきた。主宰の木ノ下裕一は、膨大な古典の知識と愛情、江戸時代との共鳴体質をフルに使い、古典を下敷きにしたグルーヴィーな現代劇を生み出し続けている。

『フェスティバル/トーキョー13』では、現代社会への危機感をベースに、鶴屋南北の『東海道四谷怪談』をなんと6時間(!)かけて全幕上演するという。今一番ラディカルな現代劇・木ノ下歌舞伎の稽古場にお邪魔させていただき、主宰・木ノ下裕一に思いの丈を聞かせてもらった。

自国の古典より、外国の古典のほうが身近に感じるというのは、やっぱり少しいびつなことだと思うんです。

―京都を本拠地に独自の活動を続けている劇団・木ノ下歌舞伎ですが、主宰者である木ノ下さんの口から、どのような団体なのかまずご説明いただけますか?

木ノ下:2つ特徴があると思ってまして、1つは、歌舞伎や文楽など日本の伝統演目を現代劇に作り変えて上演していること。僕らの世代ってシェイクスピアのほうが、近松門左衛門(江戸時代の浄瑠璃・歌舞伎作家)より身近に感じられてしまうという変な距離感になっていて……。『ロミオとジュリエット』や『ハムレット』はイメージできるけど、『国性爺合戦(こくせんやがっせん)』と言われても「なにそれ?」になってしまう。

木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎)
木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎)

―そうですよね。なぜか欧米文化のほうが身近に感じてしまう。

木ノ下:自国の古典より、外国の古典のほうが身近に感じるというのは、やっぱり少しいびつなことだと思うんです。ただもちろん理由もある。たとえば、シェイクスピアなどの翻訳劇の新演出は盛んに行なわれているけど、同じような方法論で日本の古典を扱うのは難しい。なぜなら歌舞伎や文楽はテキストだけでなく、語りの手法や様式、身体性の問題など、あれこれひっくるめた上で初めて歌舞伎、文楽を扱ったと言えると思うんです。でも、そこをきちんと踏まえつつ現代劇の作品として作っていきたいというのがあります。

―なるほど。2つ目の理由はなんでしょうか。

木ノ下:もう1つは演出家を固定しないということです。日本のスタンダードな劇団っていうと、1人の劇作家や演出家がいて、その人の作品をコンスタントに上演していくという形があると思いますが、木ノ下歌舞伎の場合は僕が歌舞伎の演目を選んで、それに合いそうな演出家を招いて作品を作ってもらうという、プロデュース団体のようなスタイルになっています。

―面白いですね。どうしてそういうスタイルになったんですか?

木ノ下:1つ目の話とも関係するんですが、やっぱり日本の古典を新演出することは大変ややこしいし、奥が深い。テキストの新解釈という視点もあれば、語りや身体、空間の問題もある。だからいろんな演出家に、それぞれの得意分野で古典と向き合ってもらい、古典が内包する多様な要素を現代劇が摂取していくことができればと思っているんです。

―確かに、1つの劇団の活動というよりも、日本の古典を現代に蘇らせるためのプロデューサーという感じですね。

木ノ下:特に僕と同世代の演出家は、圧倒的に日本の古典戯曲に触れる機会が少ないと思うので、木ノ下歌舞伎が演出家にとって、古典と幸せな出会い方のできる一種のサロンみたいな場所になれたらいいなと思っています。そして、おこがましいようですが、日本の古典を新演出できる演出家を輩出していきたいという夢もあって、ゆくゆくは木ノ下歌舞伎で得た経験を活かしながら、演出家が独自に日本の古典を上演してくれたら、こんなに嬉しいことはないし、そのためにどんどん仲間を増やしていきたい。だから木ノ下歌舞伎が団体として今後どうなっていきたいかとは別に、古典を新演出、新解釈することが当たり前になっていくための運動体になれればいいな、ということが活動目的の1つだったりもします。

京都×横浜プロジェクト2012『義経千本桜』より「鮓屋」の場面 2012年7月京都芸術劇場 春秋座 ©清水俊洋
京都×横浜プロジェクト2012『義経千本桜』より「鮓屋」の場面 2012年7月京都芸術劇場 春秋座 ©清水俊洋

―木ノ下さんの、主宰者兼監修という立場は、ちょっとイメージしづらいのですが、具体的にはどういうことをされているんですか。

木ノ下:僕は「権力を持ったドラマトゥルク(作品の資料的なリサーチやアドバイス担当)」だと勝手に言ってるんですけど(笑)。もちろん、作品は演出家のものだと思っていますし、できるだけ演出家の意図を汲み取ろうと心がけてますが、たとえば極端な話、出来上がった作品に対して「この作品は面白くないのでこのままでは上演できません」と言えてしまう立場だということですね。同時に、上演した作品に対する批判や責任は全て負う覚悟でいます。自分から声を掛けた以上、最後まで演出家の味方でいたいですから。

―なるほど。

木ノ下:まず主宰者として「この演目をこの演出家で」という組み合わせを考えて演出家にオファーします。そして、歌舞伎作品の映像を演出家に見てもらいながら「この作品はこう解釈されてるけど、こういう考え方もできる。かたやあなたの演出はここがこう面白い。だからうまく合えばきっとすごい作品になります!」というようなプレゼンをするんです。その後も演出家に対して古典に魅力を感じてもらえるように、「古典のココが面白い」みたいな話をよくします。ときには演出家が興味を持ってくれそうな古典の資料を用意したり、あの手この手で知恵を絞りながらやっています。

―先ほど稽古の様子を拝見させていただきましたが、ずっと演出家の近くにいらっしゃいましたね。

木ノ下:稽古場では、ほとんど演出家と一緒に行動していて「その演出は面白いけど必然性がないですね」とか「こういう方法はどうでしょう」「こういう解釈もできます」とかいろいろ言いながら、できるだけ対話に時間を割きつつ、演出家と歌舞伎がある点で繋がれるように動くのが、監修の仕事です。いわば「歌舞伎」と「演出家」の橋渡しでしょうか。

Page 1
次へ

イベント情報

フェスティバル/トーキョー13 木ノ下歌舞伎
『東海道四谷怪談―通し上演―』

2013年11月21日(木)〜11月24日(日)全4公演
会場:東京都 東池袋 あうるすぽっと
時間:14:00〜、24日のみ11:00〜(受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前)
料金:一般前売3,500円 幕見券1,500円
※幕見券は11月1日から発売

『フェスティバル/トーキョー13』

2013年11月9日(土)〜12月8日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 池袋 池袋西口公園
ほか
※実施プログラムはオフィシャルサイト参照

プロフィール

木ノ下裕一(きのした ゆういち)

1985年和歌山市生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時にその日から独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学び、古典演目上演の演出や監修を自らが行う団体・木ノ下歌舞伎を旗揚げ。2010年度から3か年継続プロジェクトとして『京都×横浜プロジェクト』を実施し2012年7月には『義経千本桜』の通し上演を成功させるなど、意欲的に活動を展開している。主な演出作品に2009年『伊達娘恋緋鹿子』(『F/T09』秋「演劇/大学09秋」)など。その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎