特集 PR

原田郁子×ウィスット・ポンニミットの「いいこと」探し

原田郁子×ウィスット・ポンニミットの「いいこと」探し

インタビュー・テキスト
高橋美穂
撮影:西田香織

クラムボンの原田郁子と、タイの人気マンガ家で、日本ではタムくんの愛称で知られるウィスット・ポンニミットが、コラボレーションアルバム『Baan』を完成させた。CDだけではなく、絵や写真が詰まったブックレットと、タムくんが手掛けた全曲のPVが収められたDVDがセットになった、この二人ならではの作品となっている。日常から生まれた絵や言葉が、素朴な音色で色づき、結果的に様々な大切なことに気づかせてくれる楽曲。このセットからは、そんな今作の過程も見えるようだ。

2010年に栃木県・那須どうぶつ王国で行われた初めての共演を皮切りに、交流を深めていった二人。日本とタイの距離もあり、頻繁には会えていなかったということが信じられないほど、息の合ったコラボレーションを見せている。タイにあるタムくんの自宅でレコーディングされたこともあり、めまぐるしい日本の都会で聴いていると、ふっと我に帰れるような居心地のよさが感じられる。タムくんが話してくれた易しい日本語の響きも相まって、二人の対談からは、作品の話にとどまらない、今を生きるヒントがたくさん浮かび上がってきた。

『ゆれないこころ展』で演奏するのに、ゲストがいたらいいなって思って。それで那須のライブがよかったのを思い出して、郁ちゃんを呼んだ。(タム)

―まず、お二人の出会いというのは?

原田:初めて会ったのは、2010年に那須でやったライブ(2010年に行われた『SPECTACLE IN THE FARM』)?

タム:そんなことないよ(笑)。

左から:原田郁子、ウィスット・ポンニミット
左から:原田郁子、ウィスット・ポンニミット

―あれ?(笑)

原田:あ、その前に会ってた?(笑)

タム:うん。誰かに、「この人、郁ちゃんだよ」って紹介されたけど、ふーん、で終わり。友達にはならなかった。

原田:それっきりだったんだ(笑)。私は、タムくんのマンガ、読んでみたよ。

タム:マジで?

原田:うん。アニメーションにあわせて、ピアノ弾いたりアフレコしたりしてるイベントも、観にいった。


タム:そういうライブを郁ちゃんと一緒にやったら? って言われて、那須のライブに向けてリハーサルしたんだよね。でも、そのときは二人で作ったオリジナルの曲はなくて、お互いの曲をやったりしていただけ。

原田:タムくんは普段タイに住んでるから、そんなにしょっちゅう連絡をとることもなかったし、そのライブの後は、しばらく会わなかったよね。

―どういうタイミングで再会したのでしょう?

タム:2011年に来日して、イラストやドローイングの個展をやることになって。

―東日本大震災後が起こった後、丸の内ハウスで開催した『タムくんのゆれないこころ展』ですね。タムくんが「ゆれないこころ」というイラストと人形を日本に贈ってくれて、そこには「どんなことが起こってもゆれないこころを持ち続けよう」というメッセージが込められていたとか。

ゆれないこころ
ゆれないこころ

タム:そう。そのときにライブもやることになったんだけど、一人だと寂しいし、僕はそんなに演奏できるわけじゃないから、ゲストがいたらいいなって思って。それで那須のライブがよかったのを思い出して、郁ちゃんを呼んだ。

原田:そのときに、初めて二人で作った曲ができたんだよね。それが“ゆれないこころ”です。

Page 1
次へ

リリース情報

原田郁子&ウィスット・ポンニミット<br>
『Baan』(CD+DVD+BOOK)
原田郁子&ウィスット・ポンニミット
『Baan』(CD+DVD+BOOK)

2013年12月4日発売
価格:4,200円(税込)
COZP-810/1

[CD]
1. いいこと
2. あたま
3. ソフトクリーム
4. カオソーイ
5. supannikar(スパンニカー)
6. けむり
7. せっかく
8. ゆれないこころ
9. サワッディー
[DVD]
・ウィスット・ポンニミット制作によるCD収録全楽曲のPV収録
※ウィスット・ポンニミットの描き下ろしイラスト、ライブやタイでのレコーディング風景を捉えた写真などを収録したブックレットパッケージ

プロフィール

原田郁子(はらだ いくこ)

1975年 福岡生まれ。1995年「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。ソロ活動も行っており、2004年に『ピアノ』、2008年に『気配と余韻』、『銀河』のソロアルバムを発表。2010年5月には吉祥寺に多目的スペース「キチム」をオープンさせ、飲食とともにライブやイベントを行う場所を作る。最近では、演劇団体「マームとジプシー」の最新作『cocoon』の音楽を担当した。大宮エリーが作・演出するプラネタリウム「プラネタリウムのソナタ」の音楽とナレーションも行った。

ウィスット・ポンニミット

1976年、タイ、バンコク生まれ。愛称はタム。98年バンコクでマンガ家としてデビュー。マンガ代表作『ブランコ』『ヒーシーイット』『マムアン』。アニメーション作品にSAKEROCK、透明雑誌のPVなど。自作のアニメに音楽をつけるライブパフォーマンスを行う。バンコク在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」