特集 PR

原田郁子×ウィスット・ポンニミットの「いいこと」探し

原田郁子×ウィスット・ポンニミットの「いいこと」探し

インタビュー・テキスト
高橋美穂
撮影:西田香織

クラムボンの原田郁子と、タイの人気マンガ家で、日本ではタムくんの愛称で知られるウィスット・ポンニミットが、コラボレーションアルバム『Baan』を完成させた。CDだけではなく、絵や写真が詰まったブックレットと、タムくんが手掛けた全曲のPVが収められたDVDがセットになった、この二人ならではの作品となっている。日常から生まれた絵や言葉が、素朴な音色で色づき、結果的に様々な大切なことに気づかせてくれる楽曲。このセットからは、そんな今作の過程も見えるようだ。

2010年に栃木県・那須どうぶつ王国で行われた初めての共演を皮切りに、交流を深めていった二人。日本とタイの距離もあり、頻繁には会えていなかったということが信じられないほど、息の合ったコラボレーションを見せている。タイにあるタムくんの自宅でレコーディングされたこともあり、めまぐるしい日本の都会で聴いていると、ふっと我に帰れるような居心地のよさが感じられる。タムくんが話してくれた易しい日本語の響きも相まって、二人の対談からは、作品の話にとどまらない、今を生きるヒントがたくさん浮かび上がってきた。

『ゆれないこころ展』で演奏するのに、ゲストがいたらいいなって思って。それで那須のライブがよかったのを思い出して、郁ちゃんを呼んだ。(タム)

―まず、お二人の出会いというのは?

原田:初めて会ったのは、2010年に那須でやったライブ(2010年に行われた『SPECTACLE IN THE FARM』)?

タム:そんなことないよ(笑)。

左から:原田郁子、ウィスット・ポンニミット
左から:原田郁子、ウィスット・ポンニミット

―あれ?(笑)

原田:あ、その前に会ってた?(笑)

タム:うん。誰かに、「この人、郁ちゃんだよ」って紹介されたけど、ふーん、で終わり。友達にはならなかった。

原田:それっきりだったんだ(笑)。私は、タムくんのマンガ、読んでみたよ。

タム:マジで?

原田:うん。アニメーションにあわせて、ピアノ弾いたりアフレコしたりしてるイベントも、観にいった。


タム:そういうライブを郁ちゃんと一緒にやったら? って言われて、那須のライブに向けてリハーサルしたんだよね。でも、そのときは二人で作ったオリジナルの曲はなくて、お互いの曲をやったりしていただけ。

原田:タムくんは普段タイに住んでるから、そんなにしょっちゅう連絡をとることもなかったし、そのライブの後は、しばらく会わなかったよね。

―どういうタイミングで再会したのでしょう?

タム:2011年に来日して、イラストやドローイングの個展をやることになって。

―東日本大震災後が起こった後、丸の内ハウスで開催した『タムくんのゆれないこころ展』ですね。タムくんが「ゆれないこころ」というイラストと人形を日本に贈ってくれて、そこには「どんなことが起こってもゆれないこころを持ち続けよう」というメッセージが込められていたとか。

ゆれないこころ
ゆれないこころ

タム:そう。そのときにライブもやることになったんだけど、一人だと寂しいし、僕はそんなに演奏できるわけじゃないから、ゲストがいたらいいなって思って。それで那須のライブがよかったのを思い出して、郁ちゃんを呼んだ。

原田:そのときに、初めて二人で作った曲ができたんだよね。それが“ゆれないこころ”です。

Page 1
次へ

リリース情報

原田郁子&ウィスット・ポンニミット<br>
『Baan』(CD+DVD+BOOK)
原田郁子&ウィスット・ポンニミット
『Baan』(CD+DVD+BOOK)

2013年12月4日発売
価格:4,200円(税込)
COZP-810/1

[CD]
1. いいこと
2. あたま
3. ソフトクリーム
4. カオソーイ
5. supannikar(スパンニカー)
6. けむり
7. せっかく
8. ゆれないこころ
9. サワッディー
[DVD]
・ウィスット・ポンニミット制作によるCD収録全楽曲のPV収録
※ウィスット・ポンニミットの描き下ろしイラスト、ライブやタイでのレコーディング風景を捉えた写真などを収録したブックレットパッケージ

プロフィール

原田郁子(はらだ いくこ)

1975年 福岡生まれ。1995年「クラムボン」を結成。歌と鍵盤を担当。ソロ活動も行っており、2004年に『ピアノ』、2008年に『気配と余韻』、『銀河』のソロアルバムを発表。2010年5月には吉祥寺に多目的スペース「キチム」をオープンさせ、飲食とともにライブやイベントを行う場所を作る。最近では、演劇団体「マームとジプシー」の最新作『cocoon』の音楽を担当した。大宮エリーが作・演出するプラネタリウム「プラネタリウムのソナタ」の音楽とナレーションも行った。

ウィスット・ポンニミット

1976年、タイ、バンコク生まれ。愛称はタム。98年バンコクでマンガ家としてデビュー。マンガ代表作『ブランコ』『ヒーシーイット』『マムアン』。アニメーション作品にSAKEROCK、透明雑誌のPVなど。自作のアニメに音楽をつけるライブパフォーマンスを行う。バンコク在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ