特集 PR

テクノロジーが剥き出しにする美の世界 高谷史郎インタビュー

テクノロジーが剥き出しにする美の世界 高谷史郎インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

カメラやプリズムなどの光学装置を用い、ときには新たな技術開発にも自ら携わり、テクノロジーを駆使した映像インスタレーション、パフォーマンスを制作するアーティスト、高谷史郎。1980年代よりアーティストグループ「ダムタイプ」のメンバーとしても活動をしてきた彼にとって、なんと初めての美術館個展『高谷史郎 明るい部屋』が、東京都写真美術館で開催されている。

写真に関わる評論を数多く残した哲学者ロラン・バルトの著作を引用した『明るい部屋』という展覧会タイトルには、映像表現の原点でもある写真を軸とした高谷の思想の一端が潜んでいるのだろう。同時に日本におけるメディアアート表現を切り拓いてきたアーティストグループ、ダムタイプのメンバーとしての高谷の姿も見えてくるはずだ。展覧会開催を間近に控えた高谷にインタビューした。

アートの神秘性に価値を見出すのでなく、すべてを明らかにすることで、別のアートの可能性をバルトは示唆しているんだと思います。

―ダムタイプとしての活動や、坂本龍一さんや中谷芙二子さんとの共同制作など、非常に多面的な作品発表をされてきた高谷さんですが、今回が美術館初個展というのは意外でした。展覧会のコンセプト、展示内容について教えていただけますでしょうか?

高谷:2008年に、ドイツの国際舞台芸術祭『THEATER DER WELT』に招かれて、『明るい部屋』という同名のパフォーマンス作品を発表したんです。これは哲学者ロラン・バルトによる写真論のタイトルが元になっていて、「写真がいかにアートたるか」といった本の内容にインスピレーションを受けて作ったものでもありました。

パフォーマンス『明るい部屋』2012年 撮影:福永一夫(参考図版)東京都写真美術館提供
パフォーマンス『明るい部屋』2012年 撮影:福永一夫(参考図版)東京都写真美術館提供

―バルトの『明るい部屋』はたしか、写真という表現の枠組み的な話ですよね。イメージを囲むフレームの問題であったり。

高谷:そう。写真の本質について語られている内容を読んでいくと、まるで僕たちがダムタイプの頃から作ってきたマルチメディア作品……古くさい言い方ですけども、そういった新しいメディアを使ったアート作品の形態が、いかにアートたりうるかをずっと悩んできたダムタイプの時間とも重なるなと、ふと思ったんです。それが『明るい部屋』というタイトルとの最初の出会いです。

―発表されているプレスリリースを見ると、今展覧会も写真に対する言及が軸になるようですね。

高谷:2年くらい前に展覧会の話をいただいたのですが、やはり写真専門の美術館ということもあり、自分でも同名のパフォーマンス作品を作っていたので、『明るい部屋』はタイトルにぴったりだなと。バルトの言説に寄り添いながら、僕の作品テーマでもある「光学的なもの」を取り込んでいくような展示になります。

高谷史郎
高谷史郎

―高谷さんが思うバルトの言説というのは、どういうものなんでしょう。

高谷:普通、写真というのは「カメラ・オブスクラ」(カメラの元になった光学装置、『暗い部屋』という意味)、つまり「暗室で生まれるアート」という感じがします。そこにバルトが「明るい部屋」という言葉を付与したことにすごく大きな意味があると思うんです。すべてを明らかにすることが写真に課せられた役割であり、本質であり、それがアートの力になるはずである……と。多くの場合、アートって神秘性や謎めいたところに価値が見出されますよね。でも、そこからの逆転の発想というか、すべてを明らかにすることで、個人の感情や物語性から外れた、別のアートの形態を考えていくことの可能性を、バルトは示唆しているんだと思います。

―展覧会の構成についてはいかがですか?

高谷:2004年に大阪の児玉画廊(現在は京都と東京)で展覧会をしたとき、『Camera Lucida(カメラルシダ)』というインスタレーション作品を作ったのですが、それを出品します。レンズとスクリーンだけを組み合わせたようなオブジェで、レンズの前にある対象物をスクリーンに映し出します。普通のカメラだとレンズとファインダー(スクリーン)の間に暗箱があって、きちんと遮光されたハレーションのない綺麗な映像が撮れるんです。でも、この作品はそういった機構が一切ないので、ボケボケの映像しか映らない。

『Camera Lucida f85mm』2004年
『Camera Lucida f85mm』2004年

―そんなボケボケの映像が作品になるんでしょうか?

高谷:映像が生まれる瞬間をとらえたかったんです。『Camera Lucida(カメラルシダ)』は「光の部屋」という意味なんですが、たとえば筆を使うことで絵が生まれますよね。そして完成することでその絵が「作品」になる。一般的にはそのように考えられています。では、カメラのような光学機器においては、どこまでがただの映像で、どこからが作品としての映像になっていくのか。レンズとスクリーンだけで構成することで、それが見えてくるような気がしたんです。極端な話、スクリーンが存在せず、肉眼で目視できなかったとしても、そこには映像が存在するはずなんです。最低限の要素で構成された装置によって生まれる最初の映像を観てみる。そういう試みの作品です。それから『frost frames』という1998年に制作したビデオインスタレーションを今回新たにアップデートしたものや、新作も3つ発表します。

『Camera Lucida f85mm』2004年
『Camera Lucida f85mm』2004年

Page 1
次へ

イベント情報

『高谷史郎 明るい部屋』

2013年12月10日(火)〜2014年1月26日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 B1F展示室
時間:10:00〜18:00(木・金は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)、1月2日と3日は11:00〜18:00)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)、12月29日〜1月1日
料金:一般500円 学生400円 中高生・65歳以上250円

アーティストトーク
2014年1月3日(金)16:00〜17:30(開場は15:30予定)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 1階ホール
出演:
坂本龍一
浅田彰
高谷史郎
定員:190名
料金:無料(『高谷史郎 明るい部屋』のチケットが必要)
※当日10:00より1階受付で整理券を配布
※アーティストトークの模様はライブ動画配信を予定

プロフィール

高谷史郎(たかたに しろう)

1963年奈良県生まれ。京都市立芸術大学環境デザイン科卒業。1984年より「ダムタイプ」に参加。ダムタイプの活動と並行して1998年より個人での制作を開始。近年の活動としては、2012年パフォーマンス『CHROMA』初演(びわ湖ホール)、『吉左衞門X:高谷史郎・音 / 映像 + 樂吉左衞門・茶碗』展(佐川美術館)、2013年『composition』(『シャルジャビエンナーレ』アラブ首長国連邦)、『CHROMA』(『マルセイユフェスティバル』フランス)。坂本龍一、野村萬斎とのコラボレーション『LIFE-WELL』(山口情報芸術センター)等。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら