特集 PR

実験性とポップスを両立する、蓮沼執太のスタンス

実験性とポップスを両立する、蓮沼執太のスタンス

インタビュー・テキスト
さやわか
撮影:永峰拓也
2014/01/14

エレクトロニカから連なる実験性の高いソロワークを重ねて、若手音楽家の中ではひときわ注目されてきた蓮沼執太。美術館での個展や劇場での舞台作品など、発表の場はライブハウスにとどまらず、音楽の解釈の幅を軽やかに広げる活動が魅力的で、耳に馴染む楽曲にはファンも多い。そんな彼がここ数年続けてきたプロジェクト「蓮沼執太フィル」は、ソロとは方向性の違う大人数によるバンドスタイルでの活動であり、権藤知彦や大谷能生、環ROYや木下美紗都など多様なミュージシャンが集結。そしてこのたび、蓮沼フィルはついにファーストアルバム『時が奏でる』をリリースすることになった。ライブを主戦場とするフィルが、CDというメディアに落とし込まれたときになにを表現しようとしたのか? そしてそれはソロの方向性とどう異なるのか。蓮沼執太自ら語ってもらった。

音楽でなにができるかを追求している。

―蓮沼さんは2010年から「蓮沼執太フィル」として大所帯のバンド編成によるライブ活動を行って、話題を集めてきました。今回は満を持して初のアルバムリリースとなりましたが、アルバムを出すまで約4年かかったのにはなにか理由があるのでしょうか?

蓮沼:もともと蓮沼フィルというのは、ovalの来日公演に出演するために作ったアンサンブルだったんですよ。だから曲もライブ用で、レコーディングするためのものではなかったんです。具体的には、ソロのときはかなり細かいアレンジをするんですけど、フィルではわざと大雑把に作って、各メンバーの裁量である程度自由に解釈して演奏できるようにしていました。今回のアルバムもそういうふうに作ってますね。

蓮沼執太
蓮沼執太

―じゃあ最初から「アルバムを作るぞ」という意気込みがあってフィルを始めたわけじゃなかったんですね。

蓮沼:ただ、長くやっているうちにフィルでやりたいことが変わっていったんですよ。最初はソロの曲をフィルバージョンにアレンジし直す形でやっていたんですけど、バンドアレンジはソロに比べてどうしてもフレームが小さくなるというか、できることが限られる。最初はその中で工夫することが面白かったんですけど、それが一段落したのでフィルのために新しい曲を書くようになって。それと同時に、メンバーが増えて音色の幅が広がったり、それぞれの楽器の特性を使ってうまくアレンジできるようになってきたりして、アプローチの仕方が変わっていきました。それで、アルバムには、ソロの曲とフィルのために作った曲の両方が半分ずつぐらい入ってるんです。

―大人数によるオーケストラというのは蓮沼さんにとっても初めての経験だったと思いますが、初めから手応えはあったのでしょうか?

蓮沼:初めてフィルでやったときは、あまりうまくいかなかったんですよ。それでリベンジのつもりでやった2回目のライブでは、会場の中央にステージを置いてみたんですけど、360度から演奏を観てもらえたことで、音楽にいろんな解釈が生まれて、わりと面白いステージがやれたんです。そのあたりから手応えを感じていきました。

―蓮沼さんはソロの曲だと実験的な要素を多く採り入れた音楽を作っていますが、フィルではメロディアスな方向性が多いように思います。今回のアルバムでも環ROYさんや木下美紗都さんが参加した歌ものが大きくフィーチャーされていますよね。

蓮沼:すごくシンプルに言うと、常に音楽でなにができるかを追求しているんです。フィルを組む前から声や歌でどこまでできるのか考えたり、ポップスの構造を使ってみたりしていたので、フィルでもポップスを試してみたかった。でも例えば1曲目の“ONEMAN”も、一見ポップスなんですけど、後半はちょっと変な構造になってたりするんですよ。

蓮沼執太フィル
蓮沼執太フィル

―それはつまり、とりわけポップスに可能性を感じているというわけでもないですよね? ポップスという1つの型を採り入れたというだけで。

蓮沼:まさに型というか、様式美を借りたという感覚です。フィルだからポップスを採り入れようと思ったわけではなくて、フィルでもやれるからやってみた。今回のアルバムには入っていないですが、ライブではドローンとか、ポップス的でない曲もやってますしね。

Page 1
次へ

イベント情報

蓮沼執太フィル ツアー2014『時が奏でる、そして僕らも奏でる』

2014年3月1日(土)13:30〜16:30
会場:福島県 いわき市立草野心平記念文学館(『草野心平「春のうた」音楽会 〜ごびらっふのうた〜』への出演)

2014年3月7日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO(『odekake THINK』への出演)

2014年3月8日(土)
会場:香川県(会場は後日発表)

2014年3月15日(土)
会場:北海道(会場は後日発表)

2014年4月12日(土)
会場:京都府(会場は後日発表)

2014年4月13日(日)
会場:愛知県(会場は後日発表)

2014年4月26日(土)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール

2014年4月27日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール

2014年5月5日(月・祝)
会場:静岡県 ヴァンジ彫刻庭園美術館

リリース情報

蓮沼執太フィル<br>
『時が奏でる|Time plays -- and so do we.』(CD)
蓮沼執太フィル
『時が奏でる|Time plays -- and so do we.』(CD)

2014年1月15日発売
価格:2,940円(税込)
B.J.L. AWDR/LR2 蓮沼執太フィル vinylsoyuz / DDCB-13025

1. ONEMAN
2. Earphone & Headphone in my Head - PLAY0
3. ZERO CONCERTO
4. Triooo - VOL
5. YY
6. wannapunch! - Discover Tokyo - Sunny Day in Saginomiya
7. SoulOsci
8. Hello Everything

CINRA.STOREで取扱中の商品

蓮沼執太フィル<br>
『時が奏でる』 [MP3]
蓮沼執太フィル
『時が奏でる』 [MP3]

価格:1,200円(税込)
15人編成ポップオーケストラによる傑作デビューアルバム

CINRA.STOREで取扱中の商品

蓮沼執太 , 蓮沼執太フィル <br>
『時が奏でる(やま)』[iPhoneケース5/5S]
蓮沼執太 , 蓮沼執太フィル
『時が奏でる(やま)』[iPhoneケース5/5S]

価格:2,940円(税込)
アルバム発売記念iPhoneケース完成!

CINRA.STOREで取扱中の商品

蓮沼執太 , 蓮沼執太フィル <br>
『時が奏でる(椰子)』[iPhoneケース5/5S]
蓮沼執太 , 蓮沼執太フィル
『時が奏でる(椰子)』[iPhoneケース5/5S]

価格:2,940円(税込)
アルバム発売記念iPhoneケース完成!

プロフィール

蓮沼執太(はすぬま しゅうた)

1983年東京都生まれ。音楽家。主な個展に『have a go at flying from music part 3』、『音的|soundlike』、『音的→神戸|soundlike2』。2月6日より NADiff gallery にて『無焦点|unfocussed』を開催。初夏よりアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の招聘でアメリカ・ニューヨークに滞在。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」