特集 PR

しのさきあさこと矢追純一の「オカルトから始まる人生指南書」

しのさきあさこと矢追純一の「オカルトから始まる人生指南書」

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:三野新

昨年はアニメ『惡の華』のオープニングテーマを4バージョンも作り分け、さらにASA-CHANG&巡礼、原作者の押見修造とともにオリジナル楽曲“白日夢”を共作するなど、作家としての才能を遺憾なく発揮したしのさきあさこ。その彼女が率いるバンド「宇宙人」が、ニューシングル『じじい』をリリースする。まずタイトルに面食らう人も多いだろうが、本作は祖父と離れていく悲しさを描いた“じじい-導かれし宇宙(コスモ)-”、喪失感を感じながら死を受け入れる“じじい-おわりのはじまり-”、天国での祖父との再開を描いた“じじい-そして伝説へ-”の3曲で構成された感動大作。死生観、そして死後の世界にまで並々ならぬ興味を持つしのさきは、何を考えているのか。今作のジャケット写真を飾り、かつてUFOをはじめとする数々の怪奇現象を世に紹介した矢追純一を招いて、しのさきと対談してもらった。宇宙人と矢追純一の未知なる遭遇。まさかの超能力も目撃!? 予測不能な展開となった一部始終をどうぞ!

あの……矢追さんは、本当は自分が死んでるんじゃないかと思うことってないですか?(しのさき)

―今回の『じじい』は、今までの宇宙人の楽曲と比べてかなり物語性の強い作品ですよね。タイトルもインパクトがありますけど、どんなきっかけで作った曲だったんですか?

しのさき:去年の口癖で、意味もなく「じじい」って言葉をすごく使っていたんです。挨拶代わりに「首からじじいの臭いがしてまいりました」って言うのにはまっていて。

―それは、自分のおじいさんに対して言っていたんですか?

しのさき:いや、自分のおじいさんのことは、名前で呼んでいます。そうじゃなくて、おじいさんでもなんでもない人と挨拶するときに使っていて……。

しのさきあさこ
しのさきあさこ

―……?(笑)

しのさき:それを覚えてくれていたディレクターさんが、「おじいちゃんをテーマに曲を作ったら?」と言ってくれて。でも、何も考えずに『じじい』というタイトルで作ってしまうと、ただの悪口みたいになっちゃうから、普段当たり前すぎて考えない家族愛や、生きること、死ぬことについて、深く考えて作りました。

―『じじい』は3部構成で、物語風になっていますけど、設定も細かく考えて作ったんですか?

しのさき:はい。1曲目ではじじいとの思い出を並べて、間もなくはなればなれになってしまう悲しさを描いて、2曲目はじじいが死んでしまった喪失感や後悔、そこからちょっとずつ死を受け入れていく様子。3曲目は、実は天国はすごく楽しい世界で、「死は誰にでもあることだから怖くないよ、とにかく今をパラダイスにしよう」というメッセージで締めて、前向きに終わらせてみました。

矢追:それは素晴らしいね。

―今回のジャケットには矢追さんが登場していますが、どういう経緯だったんですか?

宇宙人『じじい』ジャケット
宇宙人『じじい』ジャケット

しのさき:いざ「生死」について考えてみたら、死後の世界って未知なものだと思ったんです。だから、未知の領域まで全て見えていそうな矢追さんがピッタリだなと思ってお願いしました。

―矢追さんはオファーを受けたとき、どんな印象でした?

矢追:僕は何に対してもね、前もって印象を持つことはしないんですよ。世の中のインタビュアーという人たちは、相手のことを前もっていろいろ調べるじゃない? だからつまらないんだよねえ。

―すいません、今日も調べてから来ました(苦笑)。

矢追:相手から何かを引き出したかったら、何も知らないほうがいいんですよね。知ってるとね、つい自分の知識の中だけのことしか聞かなくなっちゃうからね。

矢追純一
矢追純一

―なるほど。ちなみに、矢追さんは『じじい』の楽曲のほうは聴かれました?

矢追:まだなんです。でも、歌詞は読みましたよ。死の世界と未知を結びつけたところがユニークだなと思います。死の世界を研究しようって言っても、臨死体験くらいしか参考資料がないでしょ? それも本当の死ではないわけだから、永遠に未知だよね。

しのさき:あの……矢追さんは、本当は自分が死んでるんじゃないかと思うことってないですか?

矢追:え? いや、全然ないですよ。しのさきさんは、自分が死んでるって思うの?

しのさき:ここが死後の世界なんじゃないかって考えることが、幼稚園くらいからけっこうあって。

矢追:うーん。じゃあ、本当はそうなのかもしれないね。実は今も、死後の世界でしゃべっているのかもしれないよね。生きてるほうの自分は、アフリカでライオンを追いかけてるかもしれないし。だって、何が本当かなんてわからないじゃない。

Page 1
次へ

イベント情報

宇宙人『じじい』発売記念イベント

2014年4月26日(土) OPEN 13:00 / 15:00(2回)
会場:神奈川県 アリオ橋本

『Beat Happening!SHIBUYA GREATEST MAX!』

2014年4月29日(火・祝) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 渋谷LUSH
出演:
宇宙人
イツエ
the peggies
惑星アブノーマル
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

番組情報

『ライブB♪』
TBS「ライブB♪」

リリース情報

宇宙人<br>
『じじい』(CD)
宇宙人
『じじい』(CD)

2014年4月23日(水)発売
価格:1,234円(税込)
KICM-1496

1. じじい -導かれし宇宙-
2. じじい -おわりのはじまり-
3. じじい -そして伝説へ-
4. じじい -導かれし宇宙-(off vocal ver.)
5. じじい -おわりのはじまり-(off vocal ver.)
6. じじい -そして伝説へ-(off vocal ver.)

プロフィール

宇宙人(うちゅうじん)

しのさき あさこ(Vo)、こまつ けんた(Gt)、にいや ひでひろ(Ba)、わだ まこと(Dr)の4人のメンバーによるポップバンド。2008年に結成。2010年に「FUJI ROCK FESTIVAL'10」のROKIE A GO GOステージに出演。2012年5月、mini AL「慟哭」でキングレコード / スターチャイルドレコードよりメジャーデビューを果たし、同年11月には2nd mini AL「珊瑚」をリリース。不思議な世界観と中毒性の高いポップセンスで、じわじわと人気を拡大している。2013年5月には1st SINGLE、アニメ「惡の華」オープニングテーマ(宇宙人ver.)「惡の華」をリリース。2014年4月に2ndSINGLE「じじいい」をリリース。

矢追純一(やおい じゅんいち)

7月17日(ノアの箱舟がトルコのアララト山に漂着した日、つまり人類の始まりの日)生まれ。かに座。中央大学法学部法律学科卒業。同年4月日本テレビ放送網(株)入社。日本テレビ時代は「11PM」「木曜スペシャル」などを担当し、UFO及び超能力番組のディレクターとして活躍する。日本テレビ退職。 矢追純一オフィス主宰、(有)スペース・ラブ取締役。現在、地球環境問題、UFO問題を中心に、フリーのディレクター、 プロデューサーとして、テレビ、ビデオやラジオの番組制作、 及び出演で活躍中。さらに、著述、講演、レクチャー、そして取材などで世界中を奔走。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も