特集 PR

Vampillia(リーダー、真部脩一)×world's end girlfriend

Vampillia(リーダー、真部脩一)×world's end girlfriend

インタビュー・テキスト
金子厚武

2005年に大阪で結成された総勢十数名の大所帯バンド、Vampillia。すでにアンダーグラウンドシーンでは話題のバンドだが、彼らの評価はとりわけ海外で高い。活動1年目にしてANIMAL COLLECTIVEのプロデューサーとして知られるラスティ・サントスの目に留まって、アルバムを一緒に制作したり(結局は破談に)、LADY GAGAに衣装を提供しているクリスチャン・ダダのコレクションの音楽を手掛けたり、新作『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』も、アイスランドの著名エンジニアのラブコールによって、ビョークなどに関わるベン・フロストのプロデュースで録音が行われたりと、トピックを数え始めたらきりがないほど。ホームページを覗けば、怪しげな映像やシュールなプロフィールが並び、音楽性もハードコアと室内楽のつづれ織りのような特異な個性がある。一体、Vampilliaとは何者なのか?

そこで今回は、ステージには立たないバンドのリーダー(startracks for streetdreams)、2013年にバンドに加入した真部脩一(相対性理論の元メンバー)、そして前述のアルバムと日本編集盤『the divine move』をリリースするレーベル「Virgin Babylon」主宰のworld's end girlfriendの三者を招き、鼎談を行った。「新しいルールを作るという感覚こそがポップ」と語るVampilliaの在り方は、音楽を取り巻く様々な情報が溢れ返る現代において、ひとつの指標となる考え方だと言えよう。

自分がやりたいことに近いところと、自分がやりたくてやれないところと、自分がまったく知らない未知のところを、Vampilliaは全部持ってたんですよね。(真部)

―リーダーはもともとCD屋さんで働いていたときに、メンバーを集めてVampilliaをスタートさせたそうですが、リーダーなのにステージに立っていないというのは珍しいですよね。最初の時点で「バンドをやりたい」と思ったのか、それとも「何か面白いことをやりたい」と思ったのか、どちらの意識が強かったのでしょう?

リーダー:「バンドをやってる」っていう意識は今もあんまりないですね。ただ単純に、「僕が聴きたい音楽を作る」みたいな感じです。最初は僕もステージにいたんですけど、僕らぐらい人数が多いとPAさんも大変だし、自分らも音作りがちゃんとできてなかったので、ライブが良くなるまでとりあえず外にいようと思ったら、そのまま戻れなくなっちゃって(笑)。だから、「プロデューサー」って言われるのは嫌なんですけど、そう言われてもしょうがない立場になっちゃったって感じです。

Vampillia
Vampillia

―プロデューサーではないとしたら、どんな呼び名が適切なのでしょう?

リーダー:「コマンダー」ですね(笑)。うちはメンバー間の意思疎通ができないバカが多いんで、「あいつむかつくねん」って言ってたら、僕が間に入って、「お前何したん?」って訊くみたいな。

―バンドの潤滑油になっていると(笑)。真部さんもVampilliaに限らず、バンドマンであり、プロデューサーであり、いろんな活動をされていますが、今って自分の立ち位置をどのように捉えているのでしょうか?

真部:客観的に見れば、「ミュージシャン」ですよね、そのまんま。ただ、僕自身はミュージシャンとしての意識が希薄で。そもそも音楽の仕事を始めるまで、聴くのは好きだったんですけど、「ミュージックシーンで成功したい」とかは思ったこともなかったんです。ただ単純に面白いことがしたいし、自分が呼ばれることで、その場が面白くなるような人にはなりたいと思って、そういう位置付けで、Vampilliaでいろんなことに関わらせてもらってます。

―Vampilliaへの加入はどういう経緯だったんですか?

真部:かっこいいバンドはたくさんいるんですけど、心を鷲掴みにされるバンドっていうのは、唯一Vampilliaだったんです。それで「この現場に関わりたい」と思って、ちょくちょく自分の仕事の合間に参加させてもらってました。最初はステージ上でエアギターみたいなことをやってたんですけど(笑)、徐々にレコーディングやアレンジに関わらせてもらえるようになって。

―「心を鷲掴みにされた」っていうのは、何が大きかったのでしょうか?

真部:非常にキャッチーなバンドだと思ったんです。グッとくる瞬間をいろんなところから取ってきて、凝縮して、展開していくようなパフォーマンスであり音楽だなって。それで仲良くなって話をさせてもらってるうちに、こういうのが面白い、こういうのがグッと来るみたいなところで共鳴があったというか、自分がやりたいことに近いところと、自分がやりたくてやれないところと、自分がまったく知らない未知のところを、全部持ってたんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Virgin Babylon Night 2』

2014年5月4日(日・祝)OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble
Go-qualia
Vampillia
bronbaba
BOOL
料金:特別チケット3,800円 前売チケット4,000円 当日4,500円(全てドリンク別)

『いいにおいのするはじめてのレコ発』

2014年6月6日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
Vampillia
Vampillia bombs 戸川純
Vampillia bombs BiS
and more
料金:前売3,500円 当日4,000円 (共にドリンク別)

リリース情報

Vampillia<br>
『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』(CD)
Vampillia
『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』(CD)

2014年4月23日(水)発売
価格:2,376円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-018

1. my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness
2. ice fist
3. hiuta
4. seijaku
5. storm of the snow
6. anata ni kakaru niji
7. draumur
8. von
9. tui

Vampillia<br>
『the divine move』(CD)
Vampillia
『the divine move』(CD)

2014年4月9日(水)発売
価格:2,376円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-019

1. lilac(bombs 戸川純)
2. mirror mirror(bombs BiS)
3. endless summer 2014(feat. ツジコノリコ)
4. tasogare(feat. 長谷川裕倫)
5. good religion(feat. Mick Barr)
6. dizziness of the sun(feat. ツジコノリコ)
7. oops i did it again(bombs BiS)
8. endless (massaka)summer 2014(feat ツジコノリコand真部脩一)
9. lilac bombs 戸川純(perfect ending ver)

プロフィール

Vampillia(ゔぁんぴりあ)

大阪を拠点としている十数人からのメンバーからなるブルータスオーケストラ。国内のみならず海外でのリリースやライブ活動も活発に行っている。本国内からのライブなどのオファー、お待ちしております。

world's end girlfriend(わーるず えんど がーるふれんど)

1975年11月1日 かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した長崎県の「五島列島」に生まれ10歳の時に聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。2000年デビュー。アジア、EU、USツアーなどを行い『ATP』『Sonar』など各国フェスにも出演。映画「空気人形」の音楽を担当し2009年カンヌ映画祭や世界中で公開された。2010年『Virgin Babylon Records』を設立し「SEVEN IDIOTS」をワールドワイドリリース。圧倒的世界観を提示しつづけている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)