特集 PR

ある幸せな音楽活動のかたち ハナカタマサキインタビュー

ある幸せな音楽活動のかたち ハナカタマサキインタビュー

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:永峰拓也

やっぱりバンドっていいなって思うときもあります。「マジック」があるのもすごくわかるし、そういう瞬間に興奮もしますが、今はそういうハプニングを期待していないのかもしれません。

―制作面だけでなく、ハナカタさんはたった一人で「PENTACOAST」というレーベルも運営されていますよね。たとえば、誰かに販売やプロモーションの協力を頼もうと考えたことはないのでしょうか。一人だと作業量も必然的に増えるし、それなりのご苦労もあるかと思うんですが。

ハナカタ:たしかにいろいろ手が回らなくなっているところはあります(笑)。ただ、「誰かと組んで一緒になにかをやる」ということに対して、苦手意識があるというか。バンドをやっていた頃から、僕はすべてを自分の思った通りにやりたいという気持ちがすごく強かったんです。でも、一方でどうしても人の顔色をうかがってしまうところがあって、バンド内で自分の意見を通せないことも多かった。この先、どう変化するのかわかりませんが、今はすべて自分でジャッジを下せるこのスタイルがとても居心地がいいんです。

―ただ、音楽の場合、他人と演奏を重ねることで新しい世界が広がることもあると思うのですが、一人で音楽を作り続けるというのは難しい部分もありませんか?

ハナカタ:最初は一人で作り続けると、きっと行き詰まるんだろうなあ……と思ってたんです。でも、今のところ自分なりにいい曲ができてきていて、このままいけそうだなと思っています(笑)。ただ、やっぱりバンドっていいなって思うときもありますね。「マジック」があるのもすごくわかるし、そういう瞬間に興奮もしますが、今はそういうハプニングを期待していないのかもしれません。

―今後、いつかバンド編成での活動もやってみたいと思いますか?

ハナカタ:曲作りは、しばらく一人でコツコツ作っていこうと思っています。一人ならではのマジックもあるんですよ。上手く説明できませんが、録音中に意図しない方向に曲が転がり始め、そこからどんどん発展させていくのが楽しいんですね。ただ、ライブでは日によって、バンド編成でもやっているんですよ。譜面を書いて演奏してもらっています。

仕事中も音楽のことばかり考えてしまうんですけど、それで仕事が苦痛だと感じたことはまったくなくて。

―あと、現在のハナカタさんはこうして精力的に音楽活動を続けつつ、普段は音楽とは別のお仕事をされているんですよね。

ハナカタ:はい。僕が今やっているのはウェブ系の仕事で、いつも朝9時に出社してます。月曜日から金曜日まで出勤する、いわゆるカレンダー通りの仕事ですね。

ハナカタマサキ

―その仕事に音楽をやる時間が奪われていると感じることはありますか。

ハナカタ:そういう感覚は特にないです。たしかに僕は仕事中も「今日は帰ったらあそこを録音しよう」とか、そんなことばかり考えているんですけど、それで仕事が苦痛だと感じたことはまったくなくて。むしろ、今の仕事はすごく楽しいんです。

―そうなんですね。それは、これまでの人生で、音楽一筋でやっていこうとか、逆に音楽を諦めてちゃんと働こうとか、そういった迷いや紆余曲折を経て、今のスタイルに辿り着いたというのもあるのでしょうか?

ハナカタ:バンド活動をしていた頃から、音楽だけで食べていきたいという気持ちはありましたが、とても漠然としていて、まったく計画性がなかったような気がします。今のように全部一人でやるようになって、やっとしっかり自分をマネジメントしていかないと駄目だと思うようになりました。でも音楽を諦めようと思ったことは一度もないんです。

―それはすごく大事なことかもしれませんね。

ハナカタ:僕もそう思っています。だから、できれば今後もこういう方向性で音楽活動を続けていきたい。自分ですべて録音して、それを発表する。そういう流れをうまく作っていけたらいいなと思ってて。特に今回のアルバムは、初めて自分がやりたかったことを100パーセントに近いかたちでやることができたから。

ハナカタマサキ

―まずは宅録を主体とした現在の制作環境を保っていきたいと。では、もし今回のアルバムが世に出たことで、いろんなレーベルがハナカタさんに声をかけてきたらどうしましょう。

ハナカタ:うーん。それはちょっと考えちゃいますね(笑)。今のスタンスでやっていけるのであれば、もちろんお世話になりたいんですけど。

―たとえばどんな条件が必要になりますか。

ハナカタ:やっぱり音楽制作のプロセスはすべて自分一人でやらせてほしい。できれば今作のようにミックスからマスタリングまで、ぜんぶ自分の力でやりたいんですよね。その上で僕の音楽活動をフォローしたいと思ってくれる方がもしいるんだとしたら、それはもうぜひお願いしたいと思ってます(笑)。

―なるほど。そうでなければやっぱり一人が気楽だと。

ハナカタ:まあ、そうですね。今の環境で音楽をやれることが、僕はすごく幸せだなと感じているので。でも、その時々でもっと満足のいくやり方があると思うので、自分なりの音楽活動を、アルバムができたこのタイミングでもう一度見直してみようかなとは思っています。今はアルバムが完成して嬉しい気持ちでいっぱいですが、早く次のアルバムを作りたいという気持ちもすごくありますね。

Page 3
前へ

イベント情報

ハナカタマサキ
『Lentment Tour』

2014年6月26日(木)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:東京都 渋谷 SMiLE
料金:前売1,000円(ドリンク別)
※バンド編成での出演

2014年7月6日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:青森県 青森亭
料金:前売1,000円(ドリンク別)

2014年7月7日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:岩手県 MIUMIU
料金:前売1,000円(ドリンク別)

2014年7月8日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福島県 Players Cafe
料金:前売1,000円(ドリンク別)

2014年7月11日(金)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 八王子 papabeat
料金:未定

2014年7月15日(火)OPEN 19:30 / START 20:00
会場:静岡県 静岡 なんでモール
料金:前売1,000円(ドリンク別)

2014年7月16日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:京都府 京都 天Q
料金:投げ銭(ドリンク別)

2014年7月17日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 ANIE
料金:未定

『梶が森ロックフェスティバル』
2014年7月19日(土)OPEN 11:00
会場:高知県 高知県立自然公園梶ヶ森、山荘梶ヶ森、梶ヶ森キャンプ場
料金:前売5,000円

2014年7月20日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:高知県 高知 歌小屋
料金:前売2,000円(ドリンク別)

2014年8月21日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 吉祥寺 キチム
料金:前売2,500円(ドリンク別)
※ワンマン、バンド編成での出演

リリース情報

ハナカタマサキ<br>
『Lentment』(CD)
ハナカタマサキ
『Lentment』(CD)

2014年6月18日(水)発売
価格:2,484円(税込)
PENTCD-0721

1. AFRICA
2. WHEELBARROW
3. PANAMA
4. DARUMASAN GA KORONDA
5. CAT CALL
6. ATTIC
7. MADO
8. MOLE
9. OTHER PEOPLE
10. FOG
11. HOOTER
12. TUMTUM
13. FREE
14. PARAPARA
15. OWL

プロフィール

ハナカタマサキ

1979年1月23日生まれ。山梨県甲府市出身。宅録音楽家。作詞作曲、すべての楽器演奏、録音からアルバムアートワークまで一人で行う。マイレーベルPENTACOAST主宰。2014年6月18日に1stアルバム『Lentment』をリリースする。海外メディア『NeuFutur Magazine』『Soundblab』にアルバムレビューが掲載されるなど活動の幅を広げる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開