インタビュー

くるりインタビュー 「ロックバンドはみんな真面目すぎる」

くるりインタビュー 「ロックバンドはみんな真面目すぎる」

インタビュー・テキスト
金子厚武
2014/09/16

「聴き手が自由にやってくれたらええわ」っていうユルいもんでもなくて、聴き手の妄想力とか、いろんなことを考えたり、感じたりする、その間口だけはすごく広く作ってるつもりなんです。(岸田)

―では、話のギアをもう一段階上げさせてもらうと(笑)、いろんな地域や年代、ジャンルの音楽が含まれているというのは、今の社会状況や音楽を取り巻く状況とも関係があるように思ったんです。震災以降の地域社会の見直しと、その一方での東京オリンピックに向けた都市部の再開発、あとは今の若い人が洋楽とかルーツ的な音楽を聴かなくなってると言われてることとか、いろんな状況を反映しているようにも思えて。

岸田:あんまり深く考えてないっていうとそれも違うんですけど、日々の生活で考えてることはもっとパーソナルなことっていうか、「この腹の痛さは異常だから、胃腸科に行かなければいけないんじゃないか?」とか、そういうことなんですよね(笑)。まあ、震災のこととか、イスラエルがパレスチナに報復して子供殺したとか、ああいうニュースとかもね、日々の生活とは直接関係ないようで、似てるものがあるというか、ガワが違えば違うほど、地域とか時代が違えば違うほど似てるっていうか……俺がひねくれて考えてるだけかもしれんけど(笑)。

―一見違うようで、でも本質は同じっていうことは、あらゆる場面でありますよね。そしてその逆もしかりで、一見同じようで、本質が違うこともある。

岸田:海外のセレブ俳優とかが薬でダメになって「あらあら」みたいなことになってんのと、日本の芸能人が捕まったどうこうって、似てるようでたぶんそれは違うと思うんですよ……まあ、前提としてどうでもいいことですけど(笑)。でも、近所の子供同士がけんかしてるのと、パレスチナ人がイスラエルに爆弾放り込んで一般人が死んだから、イスラエル軍がボコボコに報復したっていうのと、結果としては全然違うけど、構造は似てるわけですよ。

―はい、わかります。

岸田:ただ僕らの音楽に関しては、「何かを言おうとしてる風」のことをやってるだけで、何かを考えるのは聴いた人の勝手だから、僕はノーメッセージやと思ってて。これを聴いた人が何らかのメッセージを受け取ったとしたら、それはその人の妄想で、それでいいんですよ。結局自分たちは音を並べて、それに言葉風のものを乗せてるだけで、それだけに集中したっていうかね。こっちからの主張が介入してる風で、一切気持ちは込めてない……って言ったら手を抜いたみたいですけど(笑)、そうすることが一番社会的だと思ったんです。僕が最近の子に「洋楽聴け」って言うのも、単純に僕が洋楽のレコード聴きたくて、そのためにはレコードが売れてくれないと困るから言ってるだけで(笑)。メッセージでも何でもない、戯言やから、そんなことと作品とは全然関係なくて。

岸田繁
岸田繁

―あくまで音楽を作ることに集中していて、人によってはそこに社会性を見出すかもしれないし、もっとパーソナルな接点を見出すかもしれない。

岸田:そうそう、だから聴き手の自由に委ねてるんやけど、「聴き手が自由にやってくれたらええわ」っていうユルいもんでもなくて、聴き手の妄想力とか、いろんなことを考えたり、感じたりする、その間口だけはすごく広く作ってるつもりなんです。都内で言うと、祐天寺駅よりも、中目黒駅の方がすごいわけですよ。だって、二方向に行けますからね。渋谷駅になるともっと何方向にも行けて、それが羽田空港やともっとすごいわけじゃないですか? そういう、「どこにでも行ける感の演出」なんかなって思うんですけどね。

―それにしても、音楽的には本当にいろんな要素が混在していますよね。その中でも軸となる方向性みたいなものはあったのでしょうか?

佐藤:今回「これみたいな」とか「こんなジャンル」とか、そういう風な縛りで作ってる曲はまったくないですね。

岸田:わりとバンドのセッションから作ってる曲が多くて、2曲目の“日本海”って曲とか、セッションでパッと作ったときは、1990年代のグランジブーム真っ盛りの頃の、オルタナ亜流のメタルみたいな、SOUNDGARDENとかHELMETとか、そういう音をたまたま出した人がいて……僕なんですけど(笑)、何となく全体がそういう演奏をしたところから、作っていくうちに違う方向に行ったりして。やっぱり、そのときにメンバーが聴いてるもんだったり、蓄積してるものがアイデアとしては出てくるんですけど、「70年代風のサウンドにしよう」とか「戦前のブルースみたいに」とか、そういうのはなかったですね。

ファンファン:(二人の)「引き出しが多い」って言ったらそのままなんですけど、何かを引っ張り出してくるセンスとか能力がものすごいなっていうのは、今回改めて思って。例えば、“Liberty&Gravity”で言うと、「ポゥ!」? っていうコーラスが入ってるんですけど、今聴いても面白くて、そこになると絶対笑っちゃうんです。パッと思いついたことを、「ここや!」ってところに投げるっていうか、一見「ちょっと変ちゃう?」って思うことも、それが変じゃなくなって、説得力のある音になっていくっていう。そういう能力をすごい持ってるバンドだなっていうのは、改めて思いました。

ファンファン
ファンファン

佐藤:前に「変ちゃう?」系って言ってたで(笑)。


Page 2
前へ 次へ

リリース情報

くるり<br>
『THE PIER』初回限定盤(CD)
くるり
『THE PIER』初回限定盤(CD)

2014年9月17日(水)発売
価格:5,400円(税込)
VIZL-719

1. 2034
2. 日本海
3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーントルツメ
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless<album edit>
8. Remember me
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス<album edit>
13. メェメェ
14. There is(always light)
※全曲楽譜集付き7インチサイズジャケット仕様、“Liberty&Gravity”ハイレゾ音源ダウンロードコード封入

くるり<br>
『THE PIER』通常盤(CD)
くるり
『THE PIER』通常盤(CD)

2014年9月17日(水)発売
価格:3,132円(税込)
VICL-64167

1. 2034
2. 日本海
3. 浜辺にて
4. ロックンロール・ハネムーン→トル
5. Liberty&Gravity
6. しゃぼんがぼんぼん
7. loveless<album edit>
8. Remember me
9. 遥かなるリスボン
10. Brose&Butter
11. Amamoyo
12. 最後のメリークリスマス<album edit>
13. メェメェ
14. There is(always light)

プロフィール

くるり

1996年9月頃、立命館大学(京都市北区)の音楽サークル「ロック・コミューン」にて結成。古今東西さまざまな音楽に影響されながら、旅を続けるロックバンド。岸田繁(Vo, Gt)、佐藤征史(Ba, Vo)、ファンファン(Tp, Vo)の3名で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも