特集 PR

東京に対する、緩やかでシリアスな危機感 羊屋白玉インタビュー

東京に対する、緩やかでシリアスな危機感 羊屋白玉インタビュー

インタビュー・テキスト
前田愛実
撮影:佐々木鋼平
2014/11/04

ガーリーでカラフルな舞台、しかし観る者の心を柔らかにえぐる、抒情性と批評性をあわせ持つ稀有な劇団「指輪ホテル」の芸術監督・羊屋白玉が、新しいプロジェクトを始動した。『東京スープとブランケット紀行』と名付けられたこの企画は、「東京一箱」「江古田スープ」「青ヶ島ブランケット」「対談紀行」という4つの小さなプロジェクトからなり、東京文化発信プロジェクトの「東京アートポイント計画」の一環として展開を始めたところだ。

日本を代表する演劇界の異才、羊屋の目に現在の東京はどう映っているのか? そして彼女の手にかかると、東京はどんな一面を見せてくれるのだろうか? 先日同プロジェクト内「対談紀行」の第1弾イベントとして、青ヶ島へのリサーチの記録を発表した羊屋に、今東京について思うことと、今後のプロジェクトの展望について聞いた。

「若いアーティストの心に火をつけるようなことをやってください」と言われたんです(笑)。

―今回のプロジェクト『東京スープとブランケット紀行』の全貌について、先日の3331 Art Chiyodaでのトークや資料を拝見して、何となくわかったような気がしたのですが、読者に向けてあらためて説明していただいてもいいですか。

羊屋:はい、じつは私もまだ全貌を把握はできていないのですが(笑)。ざっくり言うと『東京スープとブランケット紀行』は4つの小さなプロジェクトで成り立っていて、「東京一箱」は、東京で家を買う人を追ったドキュメント。「江古田スープ」は、私が暮らしている江古田の再開発をテーマにしたプロジェクト。「青ヶ島ブランケット」は、東京の秘境と呼ばれる人口約180人の島を訪れるサイトリサーチ。「対談紀行」はこれらのプロジェクトをめぐる人々と対話していく企画になります。

「対談紀行~転がしたり、迷ったり、眺めたり、そして、東京と話したい。~2014秋篇」2014年10月8日 @3331 Arts Chiyoda
「対談紀行~転がしたり、迷ったり、眺めたり、そして、東京と話したい。~2014秋篇」2014年10月8日 @3331 Arts Chiyoda

―羊屋さんといえば国内外で評価の高い劇団・指輪ホテルの活動など、一貫してパフォーマンスの形で勝負されてきた方なので、今回のプロジェクトは、まず表現形態が演劇じゃないということに驚きました。どういう経緯でこういったチャレンジをすることになったんですか。

羊屋:去年の夏に「東京アートポイント計画」ディレクターの森司さんに呼ばれて、「若いアーティストの心に火をつけるようなことをやってください」と言われたんです(笑)。しかも、演劇を作っちゃダメだってはっきり言われたんですよ。「演劇だったらあなた3か月で作るでしょ? でもこのプロジェクトは複数年だから、これまでやってきた以外のことをしてください」って……。以前、私が障がい者の人たちと作った作品を知っていて、気になっていてくれたそうなんです。

―それはいつの作品?

羊屋:2005年頃ですね。社会に対して、何かしらの障がいを感じている人、と言えば自分もそうなんですけど、そういう人10人くらいに集まってもらって、演劇を作りました。目が見えないとか、歩けないとか、フィジカルな部分の障がいは社会保障を獲得していますが、そうではない障がいというのもあり得るのではないかと思い、いろんなところにフライヤーを配って、自分は障がいを持ってると感じている、だけどそれを魅力だと思っている人に呼び掛けたんです。

羊屋白玉
羊屋白玉

―どういう人たちが集まったんですか?

羊屋:車椅子の人もいれば、一見普通の人だけど、じつはアルコール中毒とか、摂食障がいの人、男の人に見えるけど女の人だったり、あとはレズビアンの人とかが集まりました。しょっぱなから車椅子に乗っている脳性麻痺の人と、セクシャルマイノリティーだけど五体満足な人たちとの間で、「誰が障がい者なんだ?」って衝突が起きて(苦笑)。あまりにもそれぞれのバックグラウンドが違うんですよね。それでまずは、みんなで自分たちの家を廻ったり、ふだん関係者以外は絶対入れないアルコール中毒患者のセラピーをのぞかせてもらったり、そうやってお互いを知ることから始めたんです。

―すごく密なコミュニケーションから始めたんですね。最終的にどんな演劇になったんですか?

羊屋:タイトルが今回とちょっと似ていて『東京境界線紀行』っていうんですけど、高田馬場から渋谷まで貸切の都バスで行った、ツアー型のパフォーマンスでした。ベッド型の車椅子の人がバスに乗れない、乗せろ、ってところから始まる(笑)。高田馬場から渋谷まで、東南アジアから政治的理由で、逃亡してきた人々がやっているレストランとか、HIVの研究所とか、個人が運営している従軍慰安婦の資料館などを案内し、最後に渋谷の劇場にたどり着いて、そこでも公演をしました。

Page 1
次へ

インフォメーション

東京文化発信プロジェクトとは
東京文化発信プロジェクトは、「世界的な文化創造都市・東京」の実現に向けて、東京都と東京都歴史文化財団が、芸術文化団体やアートNPO等と協力して実施している事業です。多くの人々が文化に主体的に関わる環境を整えるとともに、フェスティバルをはじめ多彩なプログラムを通じて、新たな東京文化を創造し、世界に発信していきます。

プロフィール

羊屋白玉(ひつじや しろたま)

1967年北海道生まれ。「指輪ホテル」芸術監督。劇作家、演出家、俳優。主な作品は、2001年同時多発テロの最中、ニューヨークと東京をブロードバンドで繋ぎ同時上演した『Long Distance Love』。2006年『Candies』北米ヨーロッパツアー。2012年『洪水』ブラジル4都市ツアー。2013年『瀬戸内国際芸術祭』では海で、2014年『中房総国際芸術祭』では鐵道で上演した『あんなに愛しあったのに』。2006年『ニューズウイーク日本誌』において「世界が認めた日本人女性100人」の1人に選ばれ表紙を飾った。現在、カフカの『断食芸人』国内ツアー中。2015年夏、『越後妻有トリエンナーレ』に新作を発表。「アジア女性舞台芸術会議」設立準備中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談