特集 PR

訳がわからないからこそ面白い 大友良英とアジアの刺激的な関係

訳がわからないからこそ面白い 大友良英とアジアの刺激的な関係

インタビュー・テキスト
坂口千秋
撮影:相良博昭
2015/02/05
  • 0
  • 689

大友良英がアーティスティックディレクターをつとめる新しい音楽交流プロジェクト「ENSEMBLES ASIA(アンサンブルズ・アジア)」。その初イベントとなる『Asian Meeting Festival 2015』が、2月6日より東京と京都で開催される。日本を含めた東南アジアのミュージシャン総勢20組の見知らぬ者同士によるスリリングな競演は、これから5年にわたる、アジアの音探しの旅の始まりを告げるステージになりそうだ。ヴァナキュラー(土地・風土に固有)な音楽を求めて、アジアという大海へ漕ぎだした大友良英へのインタビューは、ここ5、6年、さまざまな人を巻き込み展開されてきた彼の活動がアジアの地で結実する、そんな予感をさせるものだった。

2005年から『アジアン・ミーティング』というフェスを自腹で3回開催していました。だから、個人的には今回の『Asian Meeting Festival 2015』は4回目なんです(笑)。

―最近、大友さんが注力している「ENSEMBLES ASIA(アンサンブルズ・アジア)」というプロジェクトについて、その経緯からまず聞かせて下さい。

大友:きっかけは、国際交流基金アジアセンターから、音楽交流事業のアーティスティックディレクター就任の依頼をいただいたことでした。アジアの芸術・文化交流と協働を目的とした機関ですが、じつは僕も日本とアジア諸国のネットワーク作りを20年以上も自腹でやっていたんです。震災以降、少し止まっていたのですが、また再開できると思って、嬉しくて引き受けました。

―もともとアジアとつながりがあったんですね。

大友:僕の最初のアルバムは1992年に香港のレーベルから出ているし、初めて映画音楽を手がけたのも1993年の中国で、2005年からは『アジアン・ミーティング』というフェスを自腹で3回開催していました。だから、個人的には今回の『Asian Meeting Festival 2015』は4回目なんです(笑)。

―そうだったんですか。自腹で!

大友:でも、今回は公的資金を使いますから、個人でやるのとは全然規模が違うし、いろんな人に関わってもらおうと思って、「ENSEMBLES ASIA」の中に3つのプロジェクトを立ち上げ、それぞれディレクターを立てて、リサーチを進めています。

大友良英
大友良英

―3つのプロジェクトはそれぞれどんなものがあるんですか?

大友:まず、今回のイベント『Asian Meeting Festival 2015』に一番関係がある「Asian Music Network」。香港在住のdj sniff(水田拓郎)とシンガポール在住のサウンドデザイナー、ユエン・チーワイをディレクターに、日本も含めたアジアの音楽家のネットワークを作っていくものです。次に「Asian Sounds Research」。たとえばアーティストの毛利悠子さんや梅田哲也さんのように、従来の音楽や美術という枠では捉えきれない、だけどはっきり音に関わる表現者たちのネットワーク作りで、ディレクターはSachiko Mです。

dj sniff(水田拓郎)
dj sniff(水田拓郎)

ユエン・チーワイ
ユエン・チーワイ

―「Asian Music Network」が明確に音楽家を扱うのに対して、「Asian Sounds Research」は、音楽家とも美術家ともつかない境界領域の人たちが対象なんですね。

大友:ええ。そして一般の人たちも含めて、誰もが参加できるオーケストラを結成していくプロジェクトが、有馬恵子さんがディレクターの「Ensembles Asia Orchestra(アンサンブルズ・アジア・オーケストラ)」です。写真家の石川直樹さん、社会学者の開沼博さんにも加わってもらって、音楽家以外の視点も交えながら、ヴァナキュラーな音楽と僕らが呼ぶ「音楽家なしの音楽」について考えていきます。「ENSEMBLES ASIA」は2020年まで続く予定なので、今回のイベント『Asian Meeting Festival 2015』はその最初の扉を開いたばかり。朝の連ドラならまだ4月の第1週目という感じかな。結果を急がずにじっくりやっていこうと思っています。

Sachiko M
Sachiko M

―5年以上かけて取り組める、大きな可能性を秘めたプロジェクトだという印象ですが、具体的にどうやってアジアの中に音楽のネットワークを立ち上げていくんですか? やはり地道なリサーチから?

大友:そうですね。僕はできるだけ口を挟まずに、各ディレクターのやり方に任せています。たとえばSachiko Mは、まずは日本から面白いアーティストを連れて行ってパフォーマンスすれば、現地の面白い人が集まってくるのではないかという撒き餌方式で(笑)、マレーシアのペナンで成果をあげつつあります。dj sniffは、まずインドネシアに飛んで、いろんなミュージシャンと実際にセッションしながらのリサーチをしています。出会って知り合うプロセスからみんな丁寧にやってるみたいです。

―音楽家たちのリサーチって感じですね。言葉よりもカンが頼りというか。

大友:そうです。これまでの交流だとどうしても英語ができるエリート中心になってしまいがちですが、ストリートに面白い奴はいっぱいいるんです。もう1つ大切にしたいことは、ステレオタイプなイメージで「アジア」を安易に括らない。日本的とかアジア的とか、つい言ってしまいますが、そんな大雑把な決めつけからは何も見えてこない。アジアって多様だし、僕らはまだお互いのことを何も知らないっていう前提で、目の前の人を大切に、個人の活動を起点に、その場所について考えていけたらいいなと思っています。だから今度のフェスでは、各ミュージシャンの出身は国名じゃなくて都市名で書いてもらったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『Asian Meeting Festival 2015』

東京公演
2015年2月6日(金)OPEN 19:00 / START 19:30 / CLOSE 21:30
2015年2月7日(土)OPEN 18:30 / START 19:00 / CLOSE 21:00
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
出演:
dj sniff
ビン・イドリス
To Die
イマン・ジムボット
コック・シューワイ
レスリー・ロウ
ユエン・チーワイ
ユイ=サオワコーン・ムアンクルアン
グエン・ホン・ヤン
ルオン・フエ・チン
Sachiko M
米子匡司
山本達久
佐藤公哉
かわいしのぶ
FUMITAKE TAMURA
KΣITO
渡辺愛
小埜涼子
大友良英
料金:
1日券 前売2,000円 当日2,500円
2日通し券3,300円

映画上映
『BISING ―ノイズミュージック・フロム・インドネシア』

2015年2月7日(土)13:00~14:10
会場:東京都 浅草 アサヒ・アートスクエア
アフタートーク出演:
アディティア・ウタマ
リアル・リザルディ
ユエン・チーワイ
dj sniff
大友良英
定員:180名(先着、要事前予約)
※アフタートークは15:00まで

京都公演
2015年2月8日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:京都府 ゲーテ・インスティトゥート ヴィラ鴨川
出演:
dj sniff
ビン・イドリス
To Die
イマン・ジムボット
コック・シューワイ
レスリー・ロウ
ユエン・チーワイ
ユイ=サオワコーン・ムアンクルアン
グエン・ホン・ヤン
ルオン・フエ・チン
Sachiko M
米子匡司
YPY
大友良英
料金:前売2,500円 当日3,000円

『Ensembles Asia Orchestra報告会』

2015年2月5日(木)18:00~20:00
会場:東京都 四谷三丁目 国際交流基金
登壇:
大友良英
石川直樹
開沼博
定員:120名(事前予約優先)
料金:無料

プロフィール

大友良英(おおとも よしひで)

1959年横浜生まれ。音楽家。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽を作り続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は70作品を超える。近年は「アンサンブルズ」の名のもとさまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示する音楽作品や特殊形態のコンサートを手がける。また障害のある子どもたちとの音楽ワークショップや一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。2011年の東日本大震災を受け、遠藤ミチロウ、和合亮一とともに「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げる。2012年『芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門』を受賞。2013年NHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』の音楽を担当。著書に『MUSICS』(岩波書店)、『シャッター商店街と線量計』(青土社)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)