特集 PR

「風営法」と「義務教育」にはさまれた、ストリートダンスの今

「風営法」と「義務教育」にはさまれた、ストリートダンスの今

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:相良博昭

パンクロックや、ヒップホップなど、かつてはアンダーグラウンドと言われたカルチャーが、いつの間にかお茶の間レベルの認知度を獲得していたという事例は少なくない。その意味で「ストリートダンス」も、すでにメジャーの地位を手に入れた存在だと言えるだろう。中学校では「現代的なリズムのダンス」として教育課程にも組み込まれ、子どもたちの習い事としても大人気、なんと秋篠宮佳子さま(!)もストリートダンスを楽しんでいる時代なのだ。都市の片隅で、若者たちの手によって発展を続けてきたストリートダンスは、もはや「ならず者の文化」ではなくなりつつある。

東京国際フォーラムで今年3回目を迎える『*ASTERISK~女神の光~』という公演は、そんなストリートダンスシーンの変化を如実に示すものだろう。同公演には、トップクラスのストリートダンサーたち50余名が一堂に会し、1つの大長編作品を上演する。観客席には、クラブに集うような若者だけではなく、親子連れや他ジャンルの愛好家の姿も少なくないのだ。

今回、総合演出振付と脚本を務めるダンスユニット「東京ゲゲゲイ」の主宰・MIKEYこと牧宗孝と、ダンサーとして出演する「s**t kingz(シットキングス)」のshojiは、ともに2000年代初頭からダンスを始め、10年以上にわたってシーンの中核で活動を続けてきた人物。いったい、彼らの眼には、ストリートダンスを取り巻く近年の変化はどのように映っているのだろうか? そして、そんな変化を踏まえ、『*ASTERISK~女神の光~』ではどのような作品が提示されるのだろうか? 大きな転機を迎えているストリートダンスの「今」を語ってもらった。

最近は外で練習していても、ようやく「ダンス=不良」という認識が薄くなったのか、通報されることも少なくなりましたね。(shoji)

―義務教育のカリキュラムにも導入されるなど、パフォーミングアーツ界において「ストリートダンス」は唯一、バブルともいえる状況が生まれています。シーンの中心にいるお二人には、盛り上がっている実感はあるのでしょうか?

shoji:昔は外で練習していると「たむろしている奴らがいる」と警察に通報されることもありました。だから公園の片隅や高架下などの邪魔にならない場所で練習していたんですが、それでもダンスの練習が認められない場所ばかりだったんです(苦笑)。最近では、ようやく「不良のもの」という認識が薄くなりましたね。

左から:牧宗孝、shoji
左から:牧宗孝、shoji

―子どもが学校で習うというのもあって、一般的にはかなり受け入れられるようになったんですね。

shoji:ただ、シーン全体が盛り上がっているという実感はありません。ダンサーが増えたのか、どれだけの数のダンサーがいるのか、ちゃんとした統計があるわけでもない。他のダンサーの活躍を肌で感じる機会も少なくなりました。以前はクラブイベントで知らないダンサーと出会うことも多かったんですが、近年は風営法の影響もあって、そういうイベントがほとんどなくなってしまったんです。

―ストリートダンスのシーンを形成する場として、クラブは重要な役割を果たしていた?

:私はストリートダンスとの出会いもクラブだったし、shojiくんを始め、いろんなダンサーたちとの出会いもクラブでした。shojiくんは、イベントで踊っているのを観て、声をかけたんです。

shoji:10年くらい前までは、六本木や西麻布など、毎晩どこかのクラブでイベントがあって、毎晩のように出演したり、観に行ってました。その後、風営法の取り締まりが厳しくなって、深夜イベントは淘汰されてしまった。渋谷でも、フロアでダンスするのが禁止になったクラブもあって、ちょっとでも動くと「警察が来るのでやめてください!」と店員に注意されるから、ただ立っているしかない(苦笑)。だから、今は昼間の時間帯を中心としたダンス発表会や、大きめのライブハウスで行なわれるダンスバトルやコンテストなどが中心になっています。

左から:牧宗孝、shoji

―ダンスカルチャーが健全化している、ということでしょうか?

shoji:クラブが中心だった時代からは大きく変わっていますね。環境だけでなく、ダンスのスタイルや、ダンスに対する価値観、ダンサー自身も変わってきています。若いダンサーは肉食系じゃなくなりましたよね。

―肉食系……ですか?

:ダンスに対してっていう意味ですよ(笑)。

shoji:オラオラ系で貪欲にダンスに取り組む人は少なくなり、入りやすいシーンになってきたことは確かです。ダンスの種類も、以前は、ポッピング(ロボットのように身体を動かすダンス)やロックダンス(急停止する動きを取り入れるダンス)など、いかにもストリートダンスというものが多かったんですが、最近は「ストリート」に収まらないさまざまな種類の動きが生まれてきて、もともとバレエやジャズダンスをやってきた人も多くいる。世界的に見ても「ストリートダンス」という狭いカテゴリから、「ダンス」という大きな括りに変わってきているように感じますね。

Page 1
次へ

イベント情報

『*ASTERISK~女神の光~』

2015年5月8日(金)~5月10日(日)全5公演
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールC
総合演出振付・脚本:牧宗孝(東京ゲゲゲイ)
テーマソング:加藤ミリヤ“女神の光(feat. 牧宗孝)”
音楽:
牧宗孝
安宅秀紀
出演:
Koharu Sugawara
原田薫
s**t kingz
YOSHIE
KITE
AyaBambi
東京ゲゲゲイ
BLUE TOKYO
LUCIFER
50
McGee
RANDY
TACCHI
$eishiro
Pole Dancer KUMI
HATABOY
LIL'GRAND-BITCH
Vanilla Grotesque
仲宗根梨乃(特別出演)
料金:プレミアムシート7,500円 S席5,800円 高校生以下チケット4,500円
※プレミアムシートは日替わりの非売品ブックレット付、5月9日18:00公演のみお子様割引あり

プロフィール

shoji(しょうじ)

1984年生まれ。小学生のときに約2年をニュージーランドで過ごす。大学入学を機にダンスを始め、千葉を拠点に深夜の公園やビルのガラス前で練習する日々を送る。2007年にs**t kingzを結成。アメリカで開催されたダンスコンテスト『BODY ROCK』において、2010年、2011年と2年連続優勝を果たす。国内外を問わず、数多くのアーティストの振付やバックダンス、競演するとともに、10か国を廻るヨーロッパツアーをはじめ、アメリカ、アジア、オセアニア等、世界各地でワークショップやパフォーマンスを行っている。ソロとしては、平井堅、AAAなどの振付、バックダンスを担当。

牧宗孝(まき むねたか)

演出家。ダンスカンパニー「東京ゲゲゲイ」「Vanilla Grotesque」主宰、ダンスチーム「東京★キッズ」リーダーのMIKEYとして活動。加藤ミリヤのPV・ツアー振付、MISIAツアー振付・演出・バックダンサーとしても活躍。『ASTERISK』での共演をきっかけに仲宗根梨乃と共にBoAの振付を手がけるなど、アーティストからクリエイターとして厚い信頼を受ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像