特集 PR

謎多き孤高の音楽家Serphが語る、表現者としての覚悟

謎多き孤高の音楽家Serphが語る、表現者としての覚悟

インタビュー・テキスト
金子厚武
2015/04/15

今やグラミー賞の常連アーティストとなったロバート・グラスパーの楽曲“I Stand Alone”の中で、大学教授であり作家でもあるマイケル・エリック・ダイソンは「黒人の圧倒的な個性と、いかにそれが消え去ってしまったか」を語っている。グラスパーはこの曲で個の重要性を問い、「フォロワーではなく先駆者になれ」と訴えかけているのだ。ソールドアウトを記録したリキッドルームでの初ライブから1年3か月を経て届いた、Serph新章の幕開けを告げる新作『Hyperion Suites』もまた、これと同様のメッセージを放つ作品である。「所在が誰にも知らされていない謎めいたところにある、ハイペリオンという世界で一番大きな木」とは、孤独を抱えながらも、それでも強烈な個を発揮し続ける真の表現者を意味し、Serphは音楽によってその気高さを讃えている。

これまでのSerphが鳴らしていたのはファンタジックなユートピア、つまりは「エスケーピズム」であった。曲を作ることだけが生きがいだった彼にとって、音楽が現実からの「逃げ場」であったのは、ごく自然なことだったと言っていいだろう。しかし、アルバムを発表するごとに聴き手の存在を認識するようになり、初めてのライブでその存在を実際に目の当たりにしたことによって、Serphは遂に天空から地上へと降り立ったのだ。そして、『Hyperion Suites』では「1960~70年代のジャズ」をイメージし、テクノロジーに支配されつつある人間の本質を見つめ直して、本来の力を解放しようとしている。音楽はカオスを作り出すためのものではなく、人間を前進させるためにある。なんて力強い作品なのだろう。

今の時代は、自分を表現することが難しくなってきていて、濃いものが生まれにくくなっている。でも自分は、「俺はこれだけいろんなものを見てきて、聴いてきたんだ」っていうのを、濃密に描きたいんですよね。

―『Hyperion Suites』は昨年1月のライブ以降、Serphとしての初のオリジナルアルバムであり、新たな始まりの1枚と言ってもいいかと思います。Serphさんとしては、どんな想いがありましたか?

Serph:今までフルアルバムを4枚出してきて、キラキラした、ファンタジックな作風はやり尽くした感があったので、何かこれまでとは違ったものを作りたいというのがありました。なので、今までは出せなかった、ロウビートっぽい部分を出してみようっていうのがスタートでしたね。あと環境の変化も大きくて、以前までは郊外に住んでたんですけど、去年から都心に住んでるんです。それまでは緑が多かったり、空が広かったりするところが作品の舞台だったんですけど、もっと都市部が舞台になって、「都会のジャズ」みたいなものを作ってみようと思ったんです。

―「1960~70年代のジャズをテーマに作られた“a whim”(1stアルバム『accidental tourist』に収録)の続編」というのがイメージとしてあったそうですね。

Serph:もともと好きなDimlite(2005年にデビューしたスイス出身のビートメーカー)のロウビートっぽいのとジャズが混ざってる感じとか、あとMadlib(アメリカのヒップホップ界で著名なプロデューサー。ジャズやソウルをサンプリングしたトラック作りに定評がある)をすごい聴いてて、音色の感じとかはそのあたりにインスパイアされてると思います。

―一方、昨年はロバート・グラスパーやFLYNNG LOTUSなど、クロスオーバー感のある新しいジャズが日本でも盛り上がりを見せましたが、今のシーンをどう見ていますか?

Serph:ロバート・グラスパーは結構聴きました。コモンをフィーチャーした曲(“I Stand Alone”)がすごい好きですね。ただ、正直面白い音楽はどんどん減ってる感がすごくしてて、内容の濃い音楽は限られてると思います。最近のエレクトロニックミュージックはコンセプトやスタイルが重視されて、音数も少ないのが基本になってたりするんで、そうじゃなくて、1960~70年代のスピリチュアルジャズのような濃密な感じを出したかったんです。

―ジャズ的な濃密さという点では、FLYING LOTUSには共通する部分もあるとは思いますが、新作はいかがでした?

Serph:相手を狂気に追い込むような側面がFLYING LOTUSにはあると思うんですけど、Serphの音楽はカオスに飲まれるんじゃなくて、新しい大きな秩序を発見するような境地に聴き手を持って行きたいと思ってるんです。

―あくまで物事を前進させる力になってほしいと。

Serph:ルネサンスじゃないですけど、人間回帰というか、人間の心に戻るような音楽であってほしいと思っています。現代の機材や技術によって、カオスの中に解き放たれるのではなくて、ハートに戻ってくる、人間としてまた目覚め直すみたいな、そういうのが好きなんですよね。

―ファンタジーの世界から、より現実と密接に結びついた音楽に変わってきたという言い方もできそうですね。

Serph:Serphがユースカルチャーじゃなくなってきたというか、人生を中長期的に見るようになって、最終的に帰るところを大事にしつつ、その上で遊びを見せるみたいな感じになってきた気がします。ただ、ロバート・グラスパーの“I Stand Alone”でも言ってますけど、自分を表現したり、メッセージを発信することが今の時代は難しくなってきていて、ラップにしてもただのスタイルというか、その場しのぎの単なる遊びになってきてしまっていると思うんです。

―その傾向は日本にも確実にありますよね。

Serph:日本だと「同調圧力」っていう言葉をよく聞きますけど、今の若い人は強烈な自分ってものを感じたり、表現したりすることが難しくなってきてて、だから濃いものが生まれにくくなってるんだと思います。でも、アーティストとしては、強烈なエゴじゃないですけど、「俺はこれだけいろんなものを見てきて、聴いてきたんだ」っていうのを、濃密に描きたいんですよね。

Serph
Serph

―最近20代の若いミュージシャンとはよく「エスケーピズム」について話すんですけど、それはまさに同調圧力が強まっていることの裏返しだと思うんですね。ただ、30代以上のミュージシャンはより現実に即した音楽を作るようになっていて、例えば、労働歌を現代的な方法で鳴らしたり、そういう方向に向かっているように感じます。

Serph:ちゃんと実用性のある音楽が欲しいんですよ。逸脱とか夢を見るっていうことが、どんどん具体的なものに収れんしていくというか、日常の苦楽を音楽に刻み込むような感覚っていうのはすごくありますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Serph『Hyperion Suites』(CD)
Serph
『Hyperion Suites』(CD)

2015年4月15日(水)発売
価格:2,376円(税込)
noble / NBL-214

1. hymn
2. walkin
3. monsoon
4. happy turner
5. wireless
6. analogica
7. alcyone
8. sad roboto
9. soul for toys
10. hyperion
11. blood music
12. skyrim
13. nous

Serph×河野愛『MYTHOPOEIA』(BOOK+CD)
Serph×河野愛
『MYTHOPOEIA』(BOOK+CD)

2015年4月5日(日)からnobleオフィシャルサイトで先行販売、4月15日(水)から一般発売
価格:3,240円(税込)
NBLB-001

[CD]
1. sanpo
2. twiste (CMI mix)
3. yeh
4. prism
5. asterium
6. scenery
7. kaze
8. step
9. chamber (CMI mix)
10. flowers
11. coconuts cake
※1000部限定生産、シリアルナンバー入り
※アートブックはハードカバー仕様カラー40ページ

プロフィール

Serph(さーふ)

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月にピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させた1stアルバムを発表。以降、コンスタントに作品をリリースしている。2014年1月には、自身初となるライブ・パフォーマンスを単独公演にて開催し、満員御礼のリキッドルームで見事に成功させた。2015年4月15日には5thアルバム『Hyperion Suites』と河野愛とのコラボレーション・アートブック『MYTHOPOEIA』を同時発売する。より先鋭的でダンスミュージックに特化した別プロジェクトReliqや、ボーカリストNozomiとのユニットN-qiaのトラックメーカーとしても活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」