インタビュー

藤巻亮太、今だから話すレミオロメン活動休止の理由とソロの迷い

藤巻亮太、今だから話すレミオロメン活動休止の理由とソロの迷い

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也

レミオロメンの活動休止から3年。藤巻亮太が初のミニアルバム『旅立ちの日』をリリースする。2012年2月のバンド活動休止後、すぐさまソロ活動を開始、2012年10月には1stソロアルバム『オオカミ青年』をリリースし、全国ツアーも行うなど、精力的な活動を繰り広げていた藤巻。しかしそれ以降、いくつかのライブイベントに出演する以外はほとんど表舞台に立つことなく、沈黙の時を過ごしていた。それから約2年。昨年12月、レコード会社を移籍するなど心機一転、シングル『ing』で再びソロ活動をスタートさせた彼が、満を持して送り出す6曲入りのミニアルバム。そこに至るまでの道のりには、果たして彼のどんな思いがあったのか。今だからこそ話せるレミオロメン休止の真相、最初のソロ活動、そして空白の2年間とは。

表題曲でもある“旅立ちの日”の中で、彼はこんなふうに歌っている。<しがみついていた 意地やプライド 手放したら 素直な気持ちで 歩きだすよ>。自らの内面を吐露する楽曲から、外に向かって伸びやかに響く楽曲を歌うに至るまで。その紆余曲折と変遷を、藤巻亮太に語ってもらった。

今この瞬間も、無限の選択肢の中の1個を選んで人は生きているけど、それがベストの道だと意識することがすごく大事。

―新作の話をする前に、遡って2012年、レミオロメンを休止させた経緯について、改めて聞かせてもらってもいいですか?

藤巻:レミオロメンを10年やってきた中で、レミオロメンの文脈とは違ったり、バンドで共有するにはあまりにもプライベートなことを歌として吐き出したいと思ってしまったんですよね。2010年に結成10周年のツアーを回ったんですけど、それが終わったあと、自分にとってリアリティーを持って歌えることが何かを考えたら、そこに触れないわけにはいかないと感じてしまって。ここでその自分の中に溜まったドロッとしたものに向き合っておかないと、これから先やっていけないと思ったんです。それでソロを始めました。

藤巻亮太
藤巻亮太

―ということは、活動休止は、藤巻さんの判断だったのですか?

藤巻:いや、僕だけの文脈で話すとそういうことなんですけど、他の二人にもやっぱりそういう意識があって。10周年のタイミングで、レミオロメンに向かって行く気持ちの他に、それぞれやってみたいことがあったんですよね。もちろん、それがレミオロメンと共存できれば良かったんですけど、そこはやっぱりエネルギーの持って行き方とか、人生に対する捉え方がそれぞれ違うわけで。レミオロメンに所属しながら何かをやりたいのか、それとも個人のことにどっぷり没入してやりたいのかっていう。

―10年で何かひと区切りついてしまったところがあったのでしょうか?

藤巻:20歳でレミオロメンを始めたから、ちょうどその頃に30歳になったんですけど、やっぱり20代っていうのは脇目も振らず駆け抜ける感じがあるじゃないですか。その良さはもちろんあるんだけど、一度ゆっくりと自分に向き合いたいと思うタイミングだったんですよね。最初はバンドをやりたいっていう気持ちだけで始めたのに、どこかで何か1個のルーティーンの中に自分たちが入ってしまっているんじゃないかってことも考えたりして。

―レミオロメンじゃなければ見られない景色もたくさん見たと思いますが、その代わりにやれなかったこともあったというか。

藤巻:まあ、わからないですけどね。そう、最近「方便」という言葉の意味が、ちょっと気になっていて。

―「方便」?

藤巻:もともとは、「真理に到達する道筋」という仏教用語らしいんですよ。つまり、無限の選択肢の中から、ひとつを選んでここにいるという。今この瞬間も、無限の選択肢の中の1個を選んで人は生きているけど、それがベストの道だと意識するのがすごく大事なことで。だって、過去は変えられないから。

藤巻亮太

―ということは、自分が選んだソロという道について、少し迷ったことがある?

藤巻:……自分の中に衝動があるうちは良かったんですよ。衝動のままにソロを始めて、『オオカミ青年』というアルバムを作ってツアーをやって。ただ、そこでその衝動が成就してしまったんですよね。で、何が起こったかっていうと、ここから先に進むには、衝動だけじゃないものでクリエイトしなきゃいけないんだけど、そうするとソロとレミオロメンの境目が自分の中でなくなってしまう気がしたんです。その差を出そうとすればするほど、曲も作れなくなってしまって。

―ああ……。

藤巻:レミオロメンの10年プラス、ソロで駆け抜けて、疲れが出たじゃないですけど……自分の中のドロッとした部分を吐きだしたあと、1回空っぽになってしまったんです。その状態で、無理に何かを吐きだすことはできなくて。やっぱり、何もないところからは、何も生まれないんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

藤巻亮太 『旅立ちの日』初回限定盤(CD)
藤巻亮太
『旅立ちの日』初回限定盤(CD)

2015年5月13日(水)発売
価格:2,600円(税込)
VIZL-844

1. 旅立ちの日
2. ゆらせ
3. 春の嵐
4. 指先
5. born
6. 名もなき道
※藤巻亮太自身が撮り下ろした写真集付

藤巻亮太 『旅立ちの日』通常盤(CD)
藤巻亮太
『旅立ちの日』通常盤(CD)

2015年5月13日(水)発売
価格:2,200円(税込)
VICL-64444

1. 旅立ちの日
2. ゆらせ
3. 春の嵐
4. 指先
5. born
6. 名もなき道

イベント情報

『藤巻亮太 TOUR 2015「旅立ちの日」』

2015年5月14日(木)
会場:愛知県 名古屋 ダイアモンドホール

2015年5月15日(金)
会場:東京都 中野 サンプラザホール

2015年5月28日(木)
会場:大阪府 なんばHatch

プロフィール

藤巻亮太(ふじまき りょうた)

2000年12月にレミオロメンを結成。2003年8月1st Single『電話』でメジャーデビュー。2005年リリースの8th Single『粉雪』は自己最高のヒットとなる。 2009年、彼らにとって大事な日でもある3月9日に初のBEST ALBUM『レミオベスト』をリリース。2012年2月、バンド活動休止を発表。大震災以降、音楽と向き合い、被災地の学校を中心にライブを行い歌い続けてきた楽曲でもある『光をあつめて』をソロデビューシングルとして2012年2月リリース。全国のフェス/イベントへ多数出演し、ソロ藤巻亮太の歌の世界観が凝縮された待望の1st Album『オオカミ青年』が10月17日にリリース。次作に向けて楽曲制作を続ける中、映画『太陽の坐る場所』矢崎監督からのオファーを受け、主題歌“アメンボ”を書き下ろす。2014年12月17日にはSPEEDSTAR RECORDS移籍第一弾シングル『ing』をリリース。2015年5月13日には、ミニアルバム『旅立ちの日』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談