特集 PR

アーティスト同士が本気のホームステイ。異文化コラボの成果は?

アーティスト同士が本気のホームステイ。異文化コラボの成果は?

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:高見知香

昨年末、ちょっと不思議な内容のオーディションチラシを目にした。「6月から9月までのヴッパタール(ドイツ)及び東京にて行う、リハーサル・本番に参加できる方」「パスポートをお持ちの方」というのは普通の内容だが、これらに付け加えて「リハーサル期間中、ドイツ側の出演者を自宅に宿泊受入れ可能な方」という文言が並んでいた。

このオーディションは、演劇とダンスを融合させた「タンツテアター」の生みの親であり、世界の舞台芸術に影響を与えたピナ・バウシュが率いる「ヴッパタール舞踊団」出身のフランス人振付家ファビアン・プリオヴィルによる『SOMAプロジェクト』のために行われたもの。自身のカンパニーとしても度々日本を訪れている彼が、「新しい身体」をコンセプトとして掲げ、日本のアーティストと協働しながら作品を創作する。ここで、ファビアンが選んだ方法が、日本のアーティストとヴッパタール舞踊団出身ダンサーとの「ホームステイ」だった。

ドイツと日本、それぞれの活動拠点で、生活を共にしながら作品をクリエイションするパフォーマーたち。まさしく「同じ釜の飯を食う」ことが、その作品にどのような変化をもたらすというのだろうか? ファビアンと共に、今回出演するトゥスネルダ・メルシー、そしてオーディションで選出された日本のパフォーマーあゆ子に、本作の創作プロセスを語ってもらった。

日本とドイツという、全く違った世界が衝突しながら作品を創作することができれば、面白いのではないかと思ったんです。(ファビアン)

―今回の『SOMAプロジェクト』は、どのような経緯から生み出されたのでしょうか?

ファビアン:日本のアーティストが海外のアーティストと作品を共に作る機会を作りたい、また、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団のダンサーたちにも、全く別の世界とぶつかり合いながら作品を作ることを経験してもらいたいという思いからこのプロジェクトはスタートしました。日本とドイツという全く違った世界で、出演者たちはそれぞれ異なった生活を送っています。この2つの世界が共に衝突しながら作品を創作することができれば面白いのではないかと思ったんです。彼らは全く違う世界を生きていますが、それぞれにとってどちらも確固たる現実ですよね。

ファビアン・プリオヴィル
ファビアン・プリオヴィル

―ファビアンさん自身も、ヴッパタール舞踊団で活躍する日本人ダンサーの瀬山亜津咲さんと結婚されて、生活を共にしながらドイツで活動をされています。その意味では、2つの現実を横断する生き方をしていますね。

ファビアン:妻が日本人であり、私がアーティストとして日本でもドイツでも活動していることは今回の創作に大きく関係しているでしょうね。日本の文化や伝統、哲学などに対してとても興味深いと感じると同時に、ドイツで暮らすアーティストとしてドイツでの生活も楽しんでいます。『SOMAプロジェクト』には、2つの芸術上のコンセプトがあるんです。1つは、この違う現実を「結合させる」こと、そして違う現実から「共通する構造を見つけ出す」こと。2つの世界を繋げながら表現にする方法はないかと考えたんです。

―2つの世界を結びつけるために、今回はパフォーマーたちが生活を共にする「ホームステイ」という方法を取ったということでしょうか?

ファビアン:そう。ホームステイをすることによって、稽古場を通して社会的な一面で交流するだけではなく、生活の場にまで踏み込むことになります。私自身、日本に来るとホテルではなく、友人や妻の家族の家に宿泊するんですが、それによって日本人の生活をより深く感じることができる。出演者たちにもそういった経験をしてほしいと考えているんです。

―国際共同制作として、国籍の異なるパフォーマーたちが1つの作品を制作することは近年増えていますが、ホームステイをして生活を共にするという方法はとても珍しいですね。

ファビアン:今回の作品テーマは、文化の違いにフォーカスするのではなく、文化の違う人々が出会ったときに生まれる「新たな身体」を見つけること。身体はその土地の風土や文化、言語によっても規定されています。大事なことは、その身体がぶつかり合うことではなく、そのぶつかり合いによって生まれてくる新たな感覚なんです。2つの文化が互いに影響し合うことによって、どちらかに属するものではないもう1つの身体が生まれてくるのではないかと考えています。

Page 1
次へ

イベント情報

あうるすぽっと×fabien prioville dance company×An Creative 国際共同制作
『SOMAプロジェクト』

2015年8月24日(月)~8月30日(日)全7公演
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
構成・演出:ファビアン・プリオヴィル
出演:
クレモンティーヌ・デリュイ
パスカル・メリーギ
トゥスネルダ・メルシー
蘭妖子
谷川清美
大窪晶
中澤陽
あゆ子
演奏:
井ノ上孝浩
宇澤とも子
料金:一般4,500円 高校生以下1,000円 豊島区民割引4,000円 障がい者割引3,000円

プロフィール

ファビアン・プリオヴィル

アンジェ国立振付センターにて学ぶ。エドゥワール・ロックのラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステップス、フィリップ・ブランシャードの元にて活動後、1999年ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団に入団。2006年退団後はフリーで活動、振付家としてもジョセフ・ナジ、デビッド・フリーマンら多数のアーティストと作品を創作。2010年自身のカンパニーを立ち上げ、5作品を発表。2009年デュッセルドルフのタンツハウスnrw とブダペストのトラフォと共同で『Jailbreak Mind』を制作、好評につき現在も海外ツアーを行っている。

トゥスネルダ・メルシー

エッセンのフォルクヴァング芸術大学で学ぶ。ベルリンのサシャ・ヴァルツ&ゲスツによる『NoBody』(2002)、『Roméo & Juliette』(2015)に参加。2003年から2015年までヴッパタール舞踊団にダンサーおよびアシスタントとして参加。映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』出演。2009年、C・デリュイ、D・O・ビッギーとともに結成したTrio CDTでは独自の作品と並行してP・メリーギなどのゲスト振付家の作品も創作。公演、育成活動を行っている。

あゆ子(あゆこ)

2011年より塩屋俊アクターズクリニックにて演技を学ぶ。2012年同プロデュースにて『ロミオとジュリエット』でジュリエットを演じる。2013年ファッションブランド『opening ceremony』表参道店 レセプションパーティー フラッシュモブダンサー出演など。アクリル画、Tシャツデザインなども手がけ、2014年東横イン元麻布ギャラリーにて個展を開催している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図