特集 PR

情熱を一度失った芸術家・鴻池朋子が巨大絵画に描きたかったもの

情熱を一度失った芸術家・鴻池朋子が巨大絵画に描きたかったもの

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

架空の動物や異世界を表現し、観客を「彼 / 彼女ら」が遊ぶその世界へと誘う物語を紡いできたアーティスト、鴻池朋子。超常的な未知の領域へと、われわれの想像力をジャンプさせる鮮やかな「語り」としての美術表現は、1990年代後半から2000年代の日本のアートシーンにおいて、大きな存在感を示してきた。

だが、そんな鴻池の作風に変化が現れる。きっかけは2011年の東日本大震災。価値観を揺るがす自然の大きな変化に影響を与えられたのは、アーティストも同様だった。それまでの仕事を継続しつつも、震災以前の手付きで作品を作ることに限界を感じた鴻池は、ある日を境に、それまでの手法をリセットすることを決意する。その大きな決断は、アーティストとしてだけでなく、震災以降を生きる人としての決断でもあったはずだ。

10月24日から神奈川県民ホールギャラリーで始まる彼女の個展『根源的暴力』は、そんな鴻池の現在地と、これから向かう先を示す機会となるだろう。展覧会を前に、制作を続ける彼女に話を訊いた。

「一度全部チャラにしないとダメだ!」とわかったんです。その決断をするまでには、すごく勇気が必要でした。

―神奈川県民ホールギャラリーで始まる展覧会『根源的暴力』は、そのタイトルにドキっとさせられます。根源的暴力とは何を指しているんでしょう。

鴻池:その名前に辿り着くまでには色々あったのですが、第一の理由は、地震や噴火など地球規模での転換期が訪れつつあることです。特に2011年の東日本大震災以降、みんな自然について真摯に考えなければならなくなった。人間が生きるうえで「ものを作る」ことは、自然の領域に踏み込んで、そのスペースをもらってくるような行為だと私は考えているのですが、その問題はアーティストだけでなく、誰にでも当てはまることなんですよね。

鴻池朋子
鴻池朋子

―つまり、人が普通に生活すること自体が「ものを作る」のとイコールで、自然から何かを奪っていくような行為、ということでしょうか。

鴻池:そうですね。そういう時代にあって、これまで美術の世界の中でだけ問われてきた「アートとは何?」という議論に、どれだけの意味があるのかと。その問いには最初から不信感をもっていたのですが、それが決定的になりました。ですから「ものを作る」ってことの捉え方を、ご飯を作るとか、家を建てるとか、文章を書くとか、もっと広い問題として観客へと伝える方法を真剣に考えました。でも、なかなか答えが出なくて。

―既成の思考法は染み付いて離れないものですから、その方法や構造を考え直すのは困難ですよね。

鴻池:そういうふうに困ったとき、私は漢文学者で東洋学者でもある白川静さんのエッセイ『文字逍遥』を読むんです。それで「つくる」という言葉の語源を調べると、本来何もない自然だったところに1本の杭を立てていくような行為であり、自然を変更し、手を加える「つくる」行為自体が自然に背くことである、とありました。これは自分なりの解釈が加わっているので正確ではないですが、いずれにしても「つくる」には自然に対抗するような荒々しい意味が含まれている。でもそれは、単なるバイオレンスでもない。人間存在の深いところにあって、人間誰しもが持っているものであるという意味も込めたくて、「根源的暴力」というタイトルをつけたんです。

『根源的暴力 鴻池朋子展』チラシビジュアル
『根源的暴力 鴻池朋子展』チラシビジュアル

―これまでの鴻池さんの作品にも、物事の根源への関心はあったように思いますが、それがより明確になったのは、やはり東日本大震災以降でしょうか?

鴻池:震災前までは、ずっと全力で走ってきた感じがして、仕事も楽しいし、考えなくても毎打席ヒットを打っていけるような感じだったんですよ。物事に対して、とてもよく動く体を持っているのが自分の持ち味で。

―ある種、アスリートのような。

鴻池:ところが震災が起きて、自分の活動に対する情熱がどんどん薄れていったんです。仕事の依頼があったら、それまでの方法で対応するんですけど、「なんか違うぞ」っていう時間がかなり長く続いたんですね。例えば紙に筆で何かを描いても、感情が動かないし、興奮しない。その変化が敏感に体に現れているのに、頭は「仕事しないといけない」と考えるから、心身がぎくしゃくしてしまって。2013年のサンフランシスコでの個展やパブリックアートの制作だとか、規模の大きな仕事が舞い込んでいるのに自分の気持ちは落ちていて、本当にきれいに反比例するような感じでした。

鴻池朋子『獣の皮を被り』『草の編みもの』 ©Tomoko Konoike
鴻池朋子『獣の皮を被り』『草の編みもの』 ©Tomoko Konoike

―2014年の『リマッピング日比谷プロジェクト「都市と森の境界に現れるアート」展』の際に、電話取材させていただいたことがありますが、ちょうどその時期だったんでしょうか?

鴻池:そうなんですよ。私は「遊ぶ」ことをすごく大事にしているんですけど、何にも情熱が持てなくなるのは初めてでした。楽しく遊べないわ、更年期に突入するわで、めちゃくちゃ(苦笑)。でも、なんでもないことに悲しくなったりする、非常にデリケートな部分があることに気づいたのは良かったと思っています。あっけらかんとしていて、いつも楽しくて、元気な人かと自分でも思っていたけど、非常に折れやすいところをちゃんと持っていた。例えば、男の人とミーティングしていて、突然すごく怖くなったり。

―そんなことが。

鴻池:ゼネコン系企業の方々との会議に参加して、その場は普通を装っていたんですけど、家に帰って来たら猛烈に怖くなって(笑)。べつに企業の偉いおじさんたちが威圧的だったわけではないんですが、ホルモンバランスが揺れ動いて、いろんなことに敏感に反応している自分がいたんです。多かれ少なかれ、女の人はそういう時期に入ると思うんですよ。1回死んで生まれ変わるみたいな、全感覚のチェンジが。女性って面白い生き物だなーって初めて思いました。

―なるほど。

鴻池:それで1年間くらい悩んで、「これは一度全部チャラにしないとダメだ!」とわかったんです。今までの制作方法をやめる。アトリエの場所を変える。生活環境も変える。所属していたギャラリーもやめる。その決断をするまでには、すごく勇気が必要でしたね。

Page 1
次へ

イベント情報

『第22回神奈川国際芸術フェスティバル』『鴻池朋子展「根源的暴力」』

2015年10月24日(土)~2015年11月28日(土)
会場:神奈川県 日本大通り 神奈川県民ホールギャラリー
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで、11月21日はアートコンプレックスのため17時までとなります)
料金:一般700円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料

プロフィール

鴻池朋子(こうのいけ ともこ)

東京芸術大学日本画専攻卒業。玩具と雑貨の企画、デザインの仕事に携わった後、絵画、彫刻、アニメーション、絵本などの手法を駆使したインスタレーションで現代の神話を描き続ける。近年では『鴻池朋子展 インタートラベラー神話と遊ぶ人』(2009年)、ウェンディ・ノリスギャラリーでの個展(2014年)などの他、『広州トリエンナーレ』(2008年)、『釜山ビエンナーレ』(2010年)、ドレスデン州立美術館でのグループ展など、国内外で活躍。秋田では『東北を開く神話展』『美術館ロッジ』『物語るテーブルランナー』などの継続的なプロジェクトを行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開